2014年 全日本駅伝戦力分析&区間配置予想 ~神奈川大学~

続いては、神奈川大学における全日本駅伝の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。前回の全日本予選では、1組から苦戦すると、3組ではそろって30位台という散々な成績で、最終組を待たずに予選敗退が決まりました。前々回はまさかの予選突破だったのですが・・・今回は、赤松の1組2位の好走から、始まり、全4組全てで組1桁の選手がいるという安定の強さ、見事にトップ通過を果たしした。箱根予選会でもトップ通過を果たし、勢いに乗っている神奈川大学のエントリー一覧過去10年成績はこのようになっております。

 

 

4年:柿原 聖哉柏部 孝太郎井上 雄介小泉 和也菅原 涼介

3年:我那覇 和真西山 凌平

2年:中神 恒也石橋 健東 瑞基

1年:大野 日暉大川 一成鈴木 健吾

 

 

箱根予選エントリーメンバーからは高山が外れただけですね。高山は高島平をしっかりと走っており問題は無さそう。しかし、赤松、浅利といった全日本予選で好走した二人は箱根予選に続いてのエントリー漏れとなってしまいました。ここまで来ると、故障か調子が上がらないのでしょう。。。何とか、箱根には間に合って欲しい二人です。それでも、8人は選ぶのが難しいほど選手が揃ってきました。そんな神奈川大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

柿原(4)-我那覇(3)-鈴木(1)-西山(3)-大川(1)-井上(4)-東(2)-柏部(4)

 

 

他の予選会出場校同様、箱根予選でチーム上位に入った選手を中心に予想しています。主要区間は順番はどうであれ、柿原、我那覇、西山、柏部の4人である可能性が高いでしょう。そこで、神奈川大学にとって最も嫌なパターンを考えると、1区で出遅れることでしょう。前回の箱根でも1区で21位と大きく出遅れると、その後もシード争いまで浮上することはありませんでした。全日本の1区は近年エース格も投入されるようになり、距離も14.6kmと2番目に長く、アップダウンも何度もあります。そのような状況を考えると、箱根予選で2年連続一桁の好走、今年は3位でタイムも59分17秒と素晴らしい走りを見せた柿原が1区が良いのでは?柿原ならば出遅れる心配はほぼ無いでしょうし、上位でのタスキ渡しが期待出来ますからね。

 

 

2区は我那覇、西山でも良いとは思うのですが、1年時に2区を経験しているのが我那覇ということも考慮して・・・トラックシーズン不調だった我那覇ですが、箱根予選では11位と前回並の走りが出来るまでに調子を上げてきていますし、エース区間も安心して任せられそうです。4区は西山、3本柱を惜しげもなく前半区間に投入すべきでしょう。そうでないと、4区終了時にシードラインから差をつけられてしまう可能性が高いので。。。今シーズンの西山の活躍は目を見張るものがありますし、安定感も爆発力も増してきたように思えます。柿原、我那覇に続く柱に成長してきてくれたのは、チームにとって大きいですね。アンカーは柏部にしました。箱根予選では50位でしたが、昨年同様集団走を引っ張るペースメーカーの役目をきっちりと果たしてくれましたし、ハーフでも63分30秒台で走るなど長い距離も安定していますからね。前半に戦力を注いでも、アンカーに柏部がいてくれれば、チームにとって安心感が増すと思います。

 

 

3区は鈴木、箱根予選での33位、チーム4位の好走には正直びっくりしました。期待のルーキーではありましたが、まさかここまで走るとは・・・3区は正直もったいないくらいかもしれませんが、エースの起用が有力な2,4区の間である3区は流れを繋ぐ大事な区間ですし、 ここで更に他大に対して稼げるようであれば、チームもさらに乗っていくでしょうからね。5区に同じくルーキーの大川、箱根予選では68位の好走、全日本予選も任せられるなど、十分に戦力として計算出来る選手です。既に2度の予選会を走っている経験も大きいですし、無難に走ってくれるのでは?

 

 

6区にキャプテンの井上、箱根予選は97位とやや微妙な結果ではありましたが、5,7区を下級生と予想すると、やはり6区は最上級生に走ってもらいたいんですよねー。小泉と迷いましたが、今シーズン1万mでベストを出していること、箱根予選で小泉を上回っていることから、井上にしてみました。最上級生らしい、安定した走りを期待したいところ。。。7区は東、箱根予選で44位とまた力を付けてきましたね。全日本予選でも2組を任されていますし、1年生が元気ではありますが負けていられないでしょう。繫ぎ区間であれば十分上位で走ることも期待出来そうな選手です。

 

 

箱根予選の2週間後ということでどこまで合わせられるかが心配ではありますが、主要区間を実績のある上級生で固め、繫ぎ区間を勢いのある下級生中心に予想してみました。箱根予選の結果を見る限り、全日本も非常に楽しみになってきますね。シード校以外で新たにシードを期待できそうだとしたら、この神奈川大か東海大ではないでしょうか?全日本予選、箱根予選ともにトップ通過と予選会校の中で最も勢いのある大学ですし、全日本でも今年の神奈川大は強いというところを見せて欲しいです!!

 

 

全日本区間配置予想順位予想の投票も受付けていますので、こちらもよろしくお願いします!

 


PAGE TOP