2014年 全日本駅伝戦力分析&区間配置予想 ~東洋大学~

全日本大学駅伝のエントリーも公開されましたし、箱根予選会も終わりましたので、今日からは全日本大学駅伝に出場する関東14大学に対し、戦力分析と区間配置予想を行っていきます。まずは、前回の全日本では万全の区間配置ながら、1区悠太、4区田口で駒澤に差をつけられると、5区以降もずるずると離され、3年連続2位となった東洋大学について・・・エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

 

4年:田口 雅也髙久 龍今井 憲久名倉 啓太

3年:服部 勇馬上村 和生渡邊 一磨

2年:服部 弾馬櫻岡 駿山本 采矢口町 亮

1年:小早川 健竹下 和輝

 

 

出雲エントリー10人からは齋藤が外れてしまいましたが、箱根優勝メンバーの高久、今井に初エントリーの名倉、櫻岡が入り出雲よりは戦えそうな陣容となりました。高久は前回の箱根8区で区間賞を獲得、今井も4区3位で走っています。名倉は5000mで14分9秒までタイムを伸ばし、1万mも29分20秒を持っています。櫻岡は高校時代に14分4秒を出しており、1万mも29分15秒までタイムを伸ばしています。実績のある選手、持ちタイムの良い選手がそれぞれ選ばれた感じですね。1万mの平均持ちタイムは4位、ハーフになると8位まで下がるんですね。エースの勇馬がハーフを走っていないこともありますが、ちょっと数値上は厳しいですね。

 

そんな東洋大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

田口(4)-弾馬(2)-竹下(1)-高久(4)-口町(2)-渡邉(3)-上村(3)-勇馬(3)

 

 

1区は田口、前々回の1区では区間賞を獲得している選手ですし経験も豊富ですからね。前回は4区でやや微妙な走りとなったこともあり、好走している1区が良いのでは?前回の箱根でもハイペースの中1区3位と好走していますし、スローペースでもハイペースでもどちらにも対応出来るのは心強いです。

 

2区は弾馬、やはり服部兄弟にはエース区間を任せたいですし、勇馬は最長区間で使いたいので弾馬にしてみました。前回の全日本は走ることが出来ずに悔しい思いをしましたが、その後は箱根以降、着実にエース格として成長しているところを見せていますし、今の弾馬ならエース区間でも十分に渡り合えると思います。

 

3区は竹下、出雲での6区エントリーは驚きましたが、全日本は無難に最短距離と予想してみましたが、出雲と同様に主要区間への起用もあり得るのかなあ?どうやら、監督の期待値は相当高そうですね。確かに今年度も安定して結果を残してはいますが、1万mはまだ29分47秒、東海の川端や早稲田の光延といった世代トップランナーとはまだ差があるように思えるのですが・・・どんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

 

4区は高久、出雲はエントリー漏れでしたが、エントリーされる以上は大丈夫なのでは?とすると、主要区間を走って欲しい選手なんですよねー。というか、他に4区を任せられそうな選手がいないというのが正直なところかな。。。全日本は2年前に5区3位という経験がありますが、他の3大駅伝に比べればやや微妙かなあ?前回の箱根8区並の快走を期待したいところです。

 

5区は口町、出雲でも2区にエントリーされていましたし、それだけ成長を遂げているのでしょう。5000mで14分1桁、1万mで29分28秒というタイムを持っていますし、どちらかと言えば叩き上げの選手ですからね。東洋のそういう選手が好走するところは何度も見てきていますし、今後も戦力となっていって欲しい選手です。

 

6区は渡邉、やはり出雲4区にエントリーされていましたし、出雲出場予定だった選手はみな全日本も走るのでは?と予想しています。5000mで14分1秒までタイムを伸ばしているのが、何といっても心強いですよねー。 来年度以降を見据えても、勇馬、上村に次ぐ選手が出て来て欲しいですし、その役割を渡邉が担ってくれればと思います。

 

7区は上村、出雲はエントリーされながら走る予定は無かったのが気になるところではありますが、箱根9区での快走は忘れられませんし、やはり全日本から戦力になってもらわないと今年度の東洋の選手層では苦しそう。。。1万mで28分44秒とスピードのある選手ですし、まずは繫ぎ区間でも良いので走って欲しいところです。

 

8区は勇馬、本来であれば前半区間に起用したいところなのですが、そうするとアンカーを安心して任せられる選手がおらず・・・ちょっと優勝争いに絡むのは難しそうですし、3大駅伝の未経験者も多く出場しそうなので、アンカーにエースの勇馬がいてくれれば、前を走る選手も安心して走れるのでは?という思いもあります。30kmで学生記録を大幅に更新した選手ですし、アンカーを走るのであれば日本人トップでは走って欲しい選手ですよね。

 

 

選手層が厚いのが東洋の強さを支えていましたが、今回は3大駅伝未経験の選手が多くエントリーされており、実力は未知数な部分も多いですね。それでも、東洋のメンバーに入るくらいですから力は付いてきているのだと思いますが・・・5年連続で3位以内という安定した結果を残してはいますが、今年度はさすがに3位以内は難しそうな気がしますが果たして???全日本でも優勝争いに絡んでくるようであれば、箱根もまた優勝候補に名乗りをあげそうですね。核となる選手はいますし、実績のある選手・ベストを連発して勢いのある選手がエントリーされている中で、どんな区間配置となるのか、どんな走りを見せてくれるのかが楽しみです!

 

全日本区間配置予想順位予想の投票も受付けていますので、こちらもよろしくお願いします!


PAGE TOP