2014年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~帝京大学~

帝京大学のエントリーも発表されましたので、戦力分析と区間配置予想を行っていきます。昨年度は久しぶりに出雲に出場したものの、エースの蛯名を欠くなど苦しい布陣となると、1区16位と大きく出遅れ、そのまま浮上することなく総合12位と散々な結果に終わってしまいました。予選会や箱根ではしっかりと走れる選手が出雲・全日本だと何故かブレーキを連発してしまうことが多いような。。。今年度は全日本に出場出来ないため、しっかりと出雲に合わせてきたい帝京大学のエントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

 

4年:熊崎 健人柳原 貴大杉山 連哉早川 昇平

3年:髙橋 裕太阿南 堅也野村 雄一

2年:瀬戸口 文弥内田 直斗

1年:渡辺 貴裕

 

 

パッと見た印象ではまずまずのエントリーではないでしょうか?4年4人、3年3人、2年2人、1年1人と非常にバランスの取れたエントリーとなっている他、エース格や準エース格はきっちりとエントリーされており、今年度勢いのある選手も選ばれているようです。中堅どころかつ3大駅伝経験者では高橋勝、竹本、君島あたりが外れていますが、今回エントリーされた10人に絶対に入るはず!というほどでは正直無いですし、層の厚くなっている帝京ではメンバー争いも熾烈でしょうからね。

 

 

 

4年生からは、13分台、28分台を持ち、全日本予選では2組1位、箱根で好走しているエースの熊崎、先日5000mでチームトップとなる13分50秒をたたき出し、全日本予選でも最終組を任せられるなど熊崎とともにダブルエースと呼んでいい柳原、前回の箱根では10区3位の好走、全日本予選こそ欠場したものの、今シーズン5000m、1万mともにベストを更新して勢いのある杉山、やや調子に波はあるものの、箱根4区を2年連続で走りそれぞれ区間2位、4位と好走しており、1年時から活躍している早川の4人、3年生からは、5000mで今シーズンベストをマークし、全日本予選でも最終組を任せられるなど来年度はエースとしての期待も高まる高橋裕。

 

3大駅伝こそ未経験なものの、ハーフで63分38秒の好タイムを持ち、1万mも29分31秒まで伸ばしてきた阿南、今年度に入って1万mで既に2度ベストを更新、先日の日体大では29分33秒までタイムを伸ばし、勢いのある野村の3人、2年生からは1年時から駅伝でエントリーメンバーに入るなど期待されており、1万mも29分39秒を持つ瀬戸口、5000mで14分30秒、1万mも30分11秒と持ちタイムは平凡なのにエントリーされるくらいですから、その成長具合が楽しみな内田の2人、1年生からは1万mで29分39秒を4月にいきなり出して注目を集め、関東インカレにも出場するなど、楽しみなルーキーである渡辺の1人の合計10人がエントリーメンバーとなります。

 

そんな帝京大学の区間配置予想は以下のとおりです。経験を積ませるという目的で下級生を使ってくる可能性も十分に考えられますが、一応ベストメンバーであればこんなオーダーでは?という予想にしてあります。

 

柳原(4)-高橋裕(3)-熊崎(4)-阿南(3)-早川(4)-杉山(4)

 

1区は帝京にとって非常に鬼門となっている区間です。出雲、全日本は当然のように1区で出遅れると、その負の連鎖が後続にも続いて一度も浮上することなく低迷し続けることが多いです。そんな最重要区間とも言える1区は、安定感がチームトップクラスであり、箱根でも1区15位と粘り強い走りをした柳原にしました。高橋裕や熊崎は昨年度の3大駅伝で1区を失敗していますし、ここはエースの柳原に任せるしかないかなあと。

 

2区は高橋裕、昨年度は全日本で1区を任されるも18位と散々な結果でしたからね。。。今年度は頼りになる4年生もいますし、主要区間をあえて任せる必要も無いかなあと・・・となると、スピードも要求される2区あたりでどうかなと?スピードもついてきましたからね。

 

3区は熊崎、ダブルエースならば1,6区に配置したい気もしますが、6区まで熊崎を温存する余裕も無さそうですし、ある程度前半型にする必要がありそうなので、3区熊崎にしました。スピードはあるものの、やや安定感にかけるのが気になるところですが、距離も600m伸びて重要度を増した3区を任せたいなあと。。。

 

4区は阿南、3大駅伝は未経験ですが、そろそろ走ってもらわなと困る選手ですし、ハーフの持ちタイムが光りますが、短い距離も決して悪くは無いですからね。デビューとなると、繫ぎ区間である4区あたりが適任かなあと重いました。

 

5区は早川、全日本予選もメンバー漏れするなど、どこまで万全なのかは分かりませんが、実績のある選手なだけに、出雲から是非とも戦力になって欲しいところです。まずは繫ぎ区間でしっかりと走ってもらえればいいのでは?ということで5区予想としました。

 

6区は杉山、1,3区に柳原、熊崎を注ぎ込んでも杉山を残せるのは大きいですよね。2014年になってから3部門全てでベストを更新しているのが頼もしいなあと思い、最長区間の6区を予想してみました。全日本予選は正直早川や杉山が走れていれば通過出来ていたと思うので、本人も非常に悔しかったでしょうし、全日本の分も出雲にぶつけて欲しいです!

 

一応、3,4年生で予想してみました。選手が揃っているだけに、今年度は無理に1,2年生に頼る必要は無いですからね。ただ、来年度になるとガクッと戦力が落ちそうなので、今年度から起用してくる可能性ももちろんあるかと思います。とにかく昨年度は箱根でシードこそ獲得したものの、最後まで噛み合わなかったという印象です。特に出雲、全日本はいずれも関東最下位という結果でした。今年度こそ、出雲で結果を出し、それを箱根へとつなげていって欲しいです!

 

 

出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!

 


PAGE TOP