2014年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~拓殖大学~

拓殖大学のエントリーも発表されましたので、戦力分析と区間配置予想を行っていきます。昨年度は出雲、全日本には出場できず、箱根予選も下位通過で苦戦が予想されましたが、見事に箱根ではシードを獲得、出雲の出場権も合わせて手中に収めました。長い距離に強い拓殖において、スピードが要求される出雲は恐らく苦手としているかと・・・更に、マイナが退部したことでますます出雲は厳しそうですね。。。そんな拓殖大学のエントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

 

4年:佐護 啓輔櫻井 一樹尾上 慎太郎

3年:金森 寛人栩山 健横内 悠横瀬 健吾関原 悠

2年:宇田 朋史新井 裕崇

1年:無し

 

 

第一印象は知らない選手が多いなあだったのですが、実は1万mの持ちタイムトップ6は順当にエントリーされているんですよね。ただ、それぞれ箱根1区、6区を経験している東島、大島といった箱根シードに貢献した二人を欠いてはいます。持ちタイムを見ても、過去の実績を見ても、現実的な目標は地方勢に負けない+関東勢を1つ以上上回るといったところでしょうか・・・

 

 

4年生からは、チーム唯一の28分台ランナーであり、唯一の3大駅伝に複数回出場経験のあるエース佐護、箱根で7区を走り、全日本予選でも3組を任されるなど、主力の1人として期待が集まる櫻井、何と言っても箱根5区9位の快走が印象的、チームをシードへ導く走りを見せた尾上、3年生からは、5000mの持ちタイムが14分1秒はチームトップ、箱根では3区、全日本予選は最終組を任せられるなど、エース格の1人である金森、3大駅伝こそ未出場なものの、全日本予選では過去に3,4組を任され、箱根予選会でもチーム3位に入るなど、3大駅伝以外の実績はエース格に引けをとらない栩山。

 

他の3年生は、今回初めて名前を知ったのですが・・・関原、横内はともに5000m14分50秒台、横瀬に至っては15分10秒台です。1万mでは横内が30分24秒とまずまずのタイムを持っています。3大駅伝や予選会にも出場したことはありませんし、持ちタイムを見てもちょっと力不足のように思えます。しかし、出雲にエントリーされるということはそれだけの力があるからでしょうし、実際に出雲を走るとなれば、どんな走りを見せてくれるのか気になるところです。2年生からは、1年時から箱根に出場し、今シーズンも5000mでベストを更新するなど好調を維持している宇田、1年時に箱根予選会に出場しチーム9位の走りを見せた新井の10人です。

 

拓殖大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

佐護(4)-宇田(2)-金森(3)-櫻井(4)-尾上(4)-栩山(3)

 

1区はエースの佐護にしました。マイナもいなくなってしまった以上、1区にエースを持ってこないとレースの流れに全く乗れなそうなので・・・前回の箱根は4区、今年度の全日本予選も欠場とちょっと万全で臨めていないのが気になるところですが、他に任せられる選手もいないので、是非とも万全で走って欲しいところです。

 

2区は宇田にしました。最短区間とはいえ、2区で遅れてしまうと厳しいですし、スピードも身に付いてきた宇田あたりが適任かなあと思いました。箱根では8区で転倒してしまい、そのままズルズル後退するという悔しい思いをしていますからねえ。まずは出雲からその借りを返して欲しいところ。

 

3区は金森、佐護や金森をアンカーまで残しておく余裕は拓殖には無いと思います。なので、1区が佐護ならば金森が3区かなあと・・・箱根を3区11位と好走を見せていますし、全日本予選でも最終組を任されていますからね。主要区間をきっちりと任せられる選手になって欲しいです。

 

4区は櫻井、10人の中で実績のある6人を選ぶとなると、櫻井が6番手になるかなあと思ったので、距離が5番目で重要度がやや低めの4区にしました。まだ3大駅伝や予選会え納得のいく走りは出来ていないと思いますので、最終学年の今年は結果を出して欲しいです。

 

5区は尾上にしました。箱根5区での快走は非常に見事でしたし、今シーズンも14分44秒ながら5000mでベストは出してきています。6区もあり得るかなあと思いましたが、1万mの持ちタイムも何とか30分を切る程度ですし、繫ぎ区間では最長の5区にしてみました。箱根で見せたような走りの再現を期待したいところ。

 

6区は栩山、3大駅伝出場経験は無いですが、1万mの持ちタイムもチーム3番手ですし、万全であれば主要区間を十分に任せられる選手だと思います。箱根予選で好走したのに箱根に出場出来なかったのは非常に残念でしたので、今年度は出雲から故障なく活躍して欲しいです。

 

一応、持ちタイム上位6人で予想してみましたが、正直出雲では勝負出来る戦力ではないですし、経験を積ませるために、他の選手を起用してくるかもしれませんねえ。2年の新井も関原、横内、横瀬の3年生トリオの走りもちょっと見てみたい気がします。3大駅伝を経験しているというのが箱根を見据えていく上でも大きいですからね。戦力的に非常に厳しそうではありますが、前回の箱根もシードは到底無理と思われていた中で見事に9位に入っていますし、出雲でもびっくりするような走りを見せて欲しいです!

 

 

出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!

 


PAGE TOP