2014年 高校特集 ~須磨学園高校~

続いては、西池世代が卒業後は都大路から遠ざかっていたものの、今年度は県予選で都大路出場を決められそうなほど戦力が充実してきた須磨学園について・・・今年度は記念大会で増枠があるため、出場はほぼ確実かと思いますが、今の戦力ならば西脇工業をも上回っていると思いますので、増枠に頼らずに突破して欲しいです!!そして、都大路でも入賞が狙える戦力にはなってきたかなあと思っています。

 

 

エースが実はどちらかというのが難しいんですよねー。ロードでの実績で言えば福田がエースですね。伊那駅伝でも3区で区間賞を獲得しており、持ちタイムは14分27秒ながらロードで安定した結果を残しています。ただ、IH路線は万全ではなかったのか、5000mはメンバーに選ばれなかったですし、1500mも県予選で敗退してしまっていますからねえ。万全であれば、駅伝では1区か3区を任されることになりそうです。実績はチームでも抜けていますし、他校のエース級とも渡り合ってくれると思います。

 

 

もう一人のエース候補、トラックでの実績は堀尾がずば抜けています。持ちタイム14分14秒はチームトップ、インターハイで5000mで決勝に進み日本人6位という結果を残しています。さらに、高校選抜1万mでは4位入賞とトラックの実績では抜けていますねえ。世代でもトップクラスの結果を残しています。ただ、駅伝となるとそこまで結果を残せていないのが気になるところですね。持ちタイム、トラックでの実績通りの走りを駅伝でも見せられるようであれば、当然1区 or 3区に起用されるでしょうし、そこで稼げるようであれば一気にチーム力も上がりそうです。

 

 

長距離区間の3人目はちょっと迷うところですねー。須磨学園の3本柱といえば、堀尾、福田、賀集の3年生トリオかと思っていましたが、ここにきて2年の西川が伸びてきているんですよねー。5000mではインターハイに出場するまでになりましたし、持ちタイムの14分34秒はチーム3番手となります。県予選や地区大会で結果を残せるのであれば、4区での起用はあるかもしれませんねー。一方の賀集は5000mはIH県予選で敗退してしまっているのが心配なところですね。堀尾や福田と比べても実績はまだまだですし、少しでも二人に追いついていって欲しいです。

 

 

6,7区は賀集か西山のどちらかはほぼ確実とすると、もう一人は伊那駅伝でいずれも好走した3年の山本、小林のどちらかかなあ?持ちタイムはともに14分50秒台ではありますが、ロードで結果を残しているのが心強いですね。十分に上位で走ってくれるのでは無いでしょうか?3km区間には期待の1年生が起用されそうかなあ?既に14分台を出している稲田、酒井といったあたりは3km区間ならばしっかりと任せられそうです。

 

 

各学年に主力となれる選手がいることが大きいですね。IH5000mに2人出場しているというのも心強いです。ここ数年は西脇工業に苦汁をなめさせられていましたが、今年度の戦力の充実ぶりは楽しみですねー。是非とも、都大路を盛り上げて欲しいです!!

 

 

私がDB登録している大学生のうち、須磨学園の高校OBの選手はこのようになっております。10人も選手登録されていますね。これは3位タイのことであり、チーム内でも持ちタイムがトップ10 or 3大駅伝・予選会にエントリーされている選手が多いことになります。高校時代の実績では西池がダントツですかね。世代トップクラスだったどころか、1学年上の黄金世代にも勝ったりしていましたからね!大学は怪我の多さが心配ですが、何とか箱根予選、そして箱根本戦と輝いて欲しいところです。法政・明治がそれぞれ3人ずついますねえ。特に、エース級は法政に進学することが多いのかな?須磨学園が強かった3,4年生に9人いる一方、1,2年生がまだ青学の秋山1人というのがちょっと寂しい&ここ最近の須磨学園の低迷を表しているような・・・まずは今年度結果を残し、今後も強豪校として長距離王国の兵庫県を盛り上げていって欲しいです。

 


PAGE TOP