2014年 高校特集 ~学法石川高校~

続いては、前回の都大路では8位入賞を果たした学法石川について戦力を見ていきます。前回1区5位と好走した高本は卒業しましたが、2~5区を走った4人が残り、1年生にはスーパールーキーの遠藤がおり、14分台を7人揃えるのに苦労している高校が多い中、すでに14分50秒以内に8人いますからね。選手層の厚さも魅力的です。前回の8位を上回る順位が期待されます。

 

エースは3年の車田でしょう。都道府県対抗では1区4位の好走、IH5000mでも決勝にまで進み、日本人8位という結果を残していますからね。持ちタイムも14分18秒でチームトップを誇ります。先月行われた高校選抜では大撃沈していましたが、あの大会は時期的にもピークを合わせにくいですし、これから駅伝シーズンに向けて調子をあげていってくれればと思います。都道府県対抗での好走を見ても、1区での起用が濃厚でしょうか?前回の都大路も4区7位と好走していますし、駅伝では心配は無さそうです。

 

車田に続くのは14分20秒とチーム2番手の持ちタイムを持ち、前回の都大路でも3区13位で走っている林かなあ。IHでは1500mで決勝進出を果たしています。ただ、5000mでは東北地区予選で7位と惜しくも敗退してしまっているんですよねー。まあ、東北は留学生が二人いる他、秋田工業、東北などレベルの高い選手が揃っていますから、しょうがないのかもしれませんが・・・今回も2年連続で3区を任される可能性が高いかなあ?この1年で成長した姿を見せて欲しいところです。

 

もう一人長距離区間を走る選手が必要なわけですが・・・候補としては、前回2区6位、持ちタイム14分26秒を持つ相澤、14分29秒のタイムを持つ瀬谷、1年生ながら14分34秒のタイムを持つ遠藤の3人でしょうか?特に遠藤はルーキーの中でも際立った活躍をしており、同じルーキーの東農大二の西山に次ぐ結果を残していると言えますねえ。5000mでも安定して結果を残していますし、今のベストはIH予選のタイムですから、記録会に出ればもっとタイムは伸ばせそうです。1年にして長距離区間への抜擢もあるかもしれません。瀬谷は伊那駅伝ではエース区間の2区を任されており、期待の高さが伺えますが、トップから1分30秒ほど離されていますからねー。長距離区間を走るにはもうワンランク成長してくれないと、厳しいかもしれません。相澤は1500mで福島県予選で敗退してしまっており、ちょっと残念な結果となってしまいました。現状3人の争いで考えると、3番目の選手という位置づけなのかもしれません。

 

個人的には、車田、林、遠藤の3人で1-3-4区を組むのが面白そうかなあ・・・となると、相澤、湊谷が6,7区に回るのかなあ?しかし、持ちタイムは14分57秒ながらインターハイに3000m障害で進んだ小松も伊那駅伝で好走していますし、面白そうな存在です。同じく2年生の阿部弘輝も伊那駅伝で好走、IH東北地区予選に3000m障害で進んでおり、14分39秒の持ちタイムですので、ともに5km区間への起用もあるかもしれません。既に名前をあげた選手だけで7人揃っていますが、他にも前回の都大路で5区16位の山田もいるんですよねー。さらに、伊那駅伝では長距離区間を務めた14分46秒のベストを持つ郷も期待される選手の1人です。

 

ずば抜けたエースはいませんが、粒ぞろいの選手が揃い、選手層の暑さはピカイチです。前回はようやく入賞を果たしましたが、昨年度との戦力比較を見ても、やはりさらなる順位アップを狙って欲しいですし、狙えるチームだと思います。福島では田村高校が強かったですが、ここ数年は学法石川の強さが際立ちますね!都大路でどんな走りを見せてくれるのか、楽しみです!

 

 

私がDB登録している大学生のうち、学法石川の高校OBの選手はこのようになっております。ここ最近になって強くなってきたこともあり、まだ3人しか登録されていませんが・・・東洋の今井は高校時代の実績は抜群でしたね。駒澤の村山謙太と同じ東北勢として争っていた印象が・・・大学ではやや苦戦が続いていますが、3年時に箱根4区を走り、優勝に貢献しています。また、駒澤の高本も高校時代に都大路、都道府県対抗ともに活躍した選手です。今年度は目立った成績は残せていませんが、駅伝シーズンで選手の揃う駒澤のメンバー争いに入っていけるか注目です!専修の阿部は今年度全日本3組を任されましたが30番台に沈み、まだ結果は残せていないかなあ・・・

 


PAGE TOP