2014年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~上武大学~

最後は上武大学の上半期振り返りと、現時点での全日本のオーダー予想、箱根予選出走者について予想してみたいと思います。前年度は箱根予選を11位と増枠に頼っての通過、箱根予選では安定した力を発揮してきた上武大にとっては、予想外の苦しい戦いでしたね。箱根本戦は、1~3区までに3本柱を投入し、3区終了時で9位と過去最高の順位をマークしますが、その後はただの1度も総合順位を上げることは出来ず、20位という結果に終わりました。今年度は昨年以上に苦しい戦いが予想されましたが、全日本予選にて見事な走りを見せての4位通過、新戦力が続々と出てくるなど、チーム状況はここ2年では最も良いのでは?箱根予選に向けても希望が持てる結果となりました。選手一覧はこのようになっております。

 

 

上武大学における、2014年の持ちタイムトップ10の更新情報をポイント化すると、以下のようになります。

(1,2位更新・・・5pt、、、9,10位・・・1pt)

 

 

5000m・・・16pt(1位、3~5位)

 1万m・・・10pt(3位、4位、8位)

ハーフ・・・2pt(8位)

 

ハーフこそ2ptに留まっていますが、5000mではトップ5のうち4人がベストを更新しています。佐藤が13分54秒までタイムを伸ばしており、全日本予選も3組6位など箱根以降大事なレースでは結果を残していますね。前回の箱根予選は96位と厳しい走りでしたが、今年度はしっかりと貯金を作って欲しいです。 チーム4,5位になったのが期待の1年生コンビである坂本、井上が入りました。14分10秒台でのベスト、坂本は1万mでもチーム4番手となるタイムを出しています。全日本予選も走るなど本当に楽しみな二人で、来年度以降はエースとなってほしい選手です。また、今シーズン好調なのが3年の三好、5000m,1万mでともにチーム3番手のタイムを出すと、全日本予選では1組4位と素晴らしい走りを見せて、一気に主力の仲間入りですねー。ハーフはまだ66分台とちょっと長い距離が気になるところですが・・・

 

1万mでは、三好、井上の他に山岸が30分台ではありますが、チーム8番手になりました。全日本予選での2組2位の素晴らしい走り、いつの間にこんなに強くなったのかというような1,2組の3年生トリオの好走でした。田林もセカンドベストで1組9位でしたしねー。まだ、1万m30分きりは7人しかいませんが、まだまだタイムを伸ばせそうな勢いです。ハーフでは、学生ハーフが奮わなかったこともあり、池崎が65分23秒でチーム8番手に入っただけですねー。65分きりがわずかに5人しかいない状況は、いくら全日本予選を4位突破したとはいえ、箱根予選に向けてちょっと不安になりますね。

全日本大学駅伝オーダー予想(仮)

倉田(4)-佐藤(4)-井上(1)-三好(3)-田林(3)-山岸(3)-坂本(1)-松元(4)

 

 

今回、全日本予選に出場した選手がいずれもきっちりと結果を出しているだけに、その8人でそのまま予想してみました。1,2区は前々回と同様に倉田、佐藤コンビにしてみました。エース格を後半区間に置く余裕は無いでしょうし、1区から出遅れては勝負にならないですからね。3区は井上、高校時代からロードに定評のある選手ですし、3大駅伝デビューが楽しみです。4区が難しいですが、今シーズン結果を残している三好にしてみました。さらに、5,6区も3年生の田林、山岸でいいかなあと・・・そのくらい、全日本予選での3年生トリオの好走は今後に期待をもたせるものでした。7区は1年生の坂本、全日本4組だったとはいえ、33位はちょっと悪すぎたのがきになるところです。アンカーは同じく最終組を走った松元にしてみましたが、さすがに厳しいかなあ?全日本は過去に2度出場して6位、7位と2年連続結果を出しており、相性が良さそうなので今年度も楽しみです。駅伝シーズンのチーム状況によっては、佐々木や大西といった経験豊富な4年生の出番も十分にありえそうです。

 

 

箱根予選出場12人予想(仮)

4年:倉田、佐藤、松元、佐々木、大西

3年:三好、田林、山岸、東、石黒

2年:無し

1年:井上、坂本

 

1年生は、やはり井上、坂本の二人は欠かせませんね。長い距離へ大きな不安が残らない限りは起用されてくるのではないでしょうか?2年生は非常に難しいところなのですが、敢えて外してみました。前回は志塚、森田の二人が走っていますが、他の2年生を見ても、30分30秒切りを果たしている選手さえいないんですよね。。。今の1,3年生の充実ぶりを見ると、敢えて2年生から選手を選ばなくてもいい気がするので・・・本当は、戦力となる選手が出て来て欲しいですけどね!!3年生は全日本予選に出場した三好、田林、山岸の3年生トリオに、箱根経験者の東、箱根予選に2年連続で出場している石黒の5人を予想してみましたが、ここは2年生との兼ね合い次第かなあ・・・

 

4年生は倉田、佐藤のダブルエースに、全日本予選最終組を走った松元、後は主将の佐々木と箱根予選には3年連続で出場している大西の5人としました。この5人は怪我や調子が上がらないなどが無ければ、まず走るのではないかと・・・他にも、箱根経験者の根岸、横内といった選手もいるだけに、4年生が何人走るか予想するのは難しいですねー。7人走ってもおかしくは無いですね。

 

全日本予選の勢いを見ている限り、箱根予選突破も問題は無さそうな気がしますが、実際にハーフの距離や箱根予選・箱根本戦で結果を残している選手は4年生を除けばほとんどいないんですよねー。3年生以下が箱根予選会で結果を残せるかはちょっと未知数な部分があるので、そこが不安要素とも言えそうです。全本予選を突破し、箱根予選落ちでは悔しすぎるでしょうから、得意の集団走でしっかりと予選を突破し、初の箱根シード獲得を目指して欲しいです!!

 


PAGE TOP