2014年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~明治大学~

続いては明治大学についての上半期振り返りと、現時点での出雲駅伝のオーダーを予想してみたいと思います。前年度は出雲は優勝候補にあげられながらも、相変わらずの相性の悪さを発揮して7位と過去最高順位を更新出来ず・・・全日本は見事に切り替えて3位、3強と言われた東洋、駒澤、日体大の一角を唯一崩しました。箱根では5区、10区と締めの区間でいずれもブレーキが起きてしまい、6位に終わりました。今年度は大六野、八木沢、文元、有村といった明治史上最強世代が4年生、何が何でも3大駅伝のタイトルが欲しい勝負の年です。そんな状況の中、トラックシーズンで最も目立ったのがこの明治大学であり、関東インカレでは1500m、5000m,1万mのいずれも複数入賞者を出すなど、トラックにおけるレベルの高さを見せつけました。後はこの力を駅伝で発揮してくれれば、自ずと栄冠に手がとどくことでしょう。選手一覧はこのようになっております。

 

 

明治大学における2014年の持ちタイムトップ10の更新情報をポイント化すると、以下のようになります。

(1,2位更新・・・5pt、、、9,10位・・・1pt)

 

 

5000m・・・12pt(2位、4位、6位)

 1万m・・・19pt(1~3位、6位、7位)

ハーフ・・・13pt(3位、5~7位、10位)

 

どの部門も10ptを超え、満遍なくベストを更新していることが分かります。5000mでは、すでに13分台を持っていた大六野、横手、文元がそろってベストを更新しています。シーズン開始当初から13分台が9人、平均持ちタイムはダントツのトップだったにも関わらず、さらに3人が更新してきているところに、明治のトラックでの好調さが伺えます。特に大六野は関東インカレで2位になっての自己ベスト更新ですから、見事という他ありません。強いて課題をあげれば、新たにトップ10に入るような選手がいなかったということでしょうか?ただ、10番手が14分4秒なだけに、なかなかトップ10に割って入るのは容易では無いですけどね・・・

 

1万mでは、5000mに続いて横手、文元がベストを更新し、ともに28分40秒きりの好タイム、チーム2,3番手となりました。 この二人はトラックシーズン本当に好調でしたね。特に横手は箱根での5区ブレーキ以降、一皮むけたようでさらにスピードと安定感が増したように思えます。トラックでの実績の割に、結果を残せていない駅伝でも結果が求められるシーズンとなりそうです。文元の安定感は有力選手の揃う明治でもトップと言っていいでしょう。恐らくは1区に起用されることになるでしょうが、スローペースにもハイペースにも対応出来る1区のスペシャリストの存在は、3大駅伝で優勝を狙う明治にとって必要不可欠となるでしょう。

 

他にも、中堅どころが大きくベストを更新しました。持ちタイムトップとなったのは山田速、28分35秒をたたき出しました!出雲・全日本は出場経験があるものの、まだ箱根だけは未経験のだけに、最終学年にかける想いは強いでしょう。後は持ちタイム通りの力を発揮してくれればと思います。他にも、牟田、木村がともに28分台での自己ベスト、28分台は8人と全大学中最多です。木村は元々高いレベルで安定していましたが、更に爆発力も出て来たとなると今後が非常に楽しみです。牟田は記録会では結果を出していますが、まだ大会では結果を残せていないだけに、そろそろ駅伝でもその力を見せつけて欲しいです。

 

ハーフは63分11秒を出した小川が光ります。3大駅伝は未出場ですが、今年度は箱根では十分に出番もありそうですね。他にも、山田速、松井、牟田がともに63分台でのベスト更新と、エース格のベスト更新はなかったものの、箱根に向けて期待のできる結果となりました。

 

 

出雲駅伝オーダー予想(仮)

文元(4)-八木沢(4)-横手(3)-山田速(4)-木村(3)-大六野(4)

 

選手が揃いすぎていて、出雲のオーダー予想は非常に難しいですね。。。全員13分台、28分台で組むことは造作も無いですからね。。。1区文元はもう鉄板でしょう。出雲1区を非常に苦手としている明治大学、1区を非常に得意としている文元、この状況で1区文元にしない理由は見つかりません。2区は前回同様八木沢としました。3区もありかなあと想いましたが、ここは2区で一気にトップを狙うような走りを見せて欲しいかなあと。3区は横手、今シーズンのトラックシーズンでの結果をロードでも発揮出来ると信じてみましたが、不安が残るようであれば、八木沢や木村といった可能性もあるかなあ?

 

4区は山田速、1万mの持ちタイムトップを外すことはちょっと考えにくいかなあと・・・2年時に9位ですが4区を走っている経験も考慮してみました。5区は木村、駅伝では安定して結果を残していますし、繫ぎ区間であれば区間賞も狙える選手だと思うので、5区を走るのであればここで一気に他大学に対して差をつけておきたいところです。6区は大六野、3区も6区もブレーキとなる走りをしていて、ちょっと不安はありますが、やはり最長区間はエースである大六野に任せたいかなあと・・・全日本8区で総合3位を勝ち取ったような走りを見せてくれればと思います。

 

暑くなるレースが得意ではなく、出雲では最下位も経験するなど非常に苦手としている有村は外してあります。他にも13分台、28分台を持つ牟田、前野が控えているのですから、その選手層の凄さが分かります。相性が悪いとはいえ、明治が3大駅伝優勝を狙うのであれば、やはり出雲が一番可能性が高いと思うんですよねー!!是非ともまずは出雲にピーキングを合わせ、戦後初となる3大駅伝優勝を果たしてほしいものです!

 


PAGE TOP