2014年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~早稲田大学~

続いては早稲田大学についての上半期振り返りと、現時点での出雲駅伝のオーダーを予想してみたいと思います。前年度は出雲、全日本、箱根のいずれも4位と安定した結果を残してはいますが、駒澤、東洋には大きく水を空けられる格好となりました。しかし、箱根を走った選手が9人残り、2区区間賞、5区、6区でも区間3位以内で走った選手が残る今年度は面白そうなんですよねー。往路はともかく、復路は選手がそろっているだけに、後は1,3区を走れる選手を揃えることが大事になってくるでしょうか。前回1区を走った大迫はもういませんし、3区を走った武田は怪我で半年以上はまともにレースに出ていませんし、合宿でもCチームで走っているということで今年中の復活は難しいかもしれませんからね。。。選手一覧はこのようになっております。

 

 

早稲田大学における2014年の持ちタイムトップ10の更新情報をポイント化すると、以下のようになります。

(1,2位更新・・・5pt、、、9,10位・・・1pt)

 

 

5000m・・・20pt(2~4位、6位、8~10位)

 1万m・・・15pt(2位、3位、6位、7位、9位)

ハーフ・・・20pt(2位、3位、5~8位、10位)

 

3部門全てで2,3位がベストを更新している一方、1位はいずれも更新出来ていません。3部門トップの山本の状態が気になりますね。いずれもベストは2年時のものなだけに、果たして駅伝シーズンでどこまで仕上げてくるかが大事になってきますね。5000mでは平が高校ベストを更新する13分45秒をたたき出し、田口が13分48秒、柳が13分52秒で13分台に突入し、井戸、高田も14分ジャストを出して主力どころがこぞってベストを更新しました。また、中村、高橋、三浦といった中堅どころも14分1桁でベストを更新し、5000mに関しては満足のいくトラックシーズンだったと思います。

 

一方の1万mでは、柳、田口がそろって28分台でのベストを更新、平、井戸も29分10秒前後で走っており、この4人はハーフでもベストを更新し、3部門でベストを更新と今年好調を維持していますねー。これだけ3部門揃ってベストを更新している選手がいるというのは、他の大学には見られないことです。ただ、平、井戸は主要区間は任されていないですし、柳、田口は主要区間を走ってはいるものの、そこまで結果は残せていないですからねー。4人とも主要区間を任せたい選手ですし、どんなオーダーになるのか今から楽しみです。ただ、平がどうやら夏合宿に参加出来ていないようで、故障ですかね・・・?この時期、夏合宿に参加出来ないようだと、出雲・全日本の出場は難しいかもしれません。。。

 

 

ハーフでは好タイム連発でしたね。田口、井戸がそれぞれ62分半前後で学生ハーフ2,3位と好走しましたし、三浦も62分台に突入し、柳、中村信、平が63分前半で走るなどまさにハーフの距離での強さを見せつける結果となりました。62分台が5人、63分30秒切りが9人というのは驚異的です。 ハーフの持ちタイムが優れていて、今シーズン勢いがあり、山対策もばっちりとなると、やはり今年度の箱根に期待せずにはいられません!!

 

 

出雲駅伝オーダー予想(仮)

田口(4)-光延(1)-山本(4)-柳(3)-井戸(2)-高田(3)

 

今シーズン、結果を残している選手を選び、平、武田の2年生コンビは万全の状態で出雲を迎えることは難しいと判断し、予想からは外してあります。2人を外しても、これだけのメンバーが組めるというのが、早稲田の凄さを物語っている気がしますが・・・1区は田口、1区が非常に難しいところで、ここ最近、1区で好走した経験があるのは大迫しかおりません。山本や柳が走ってはいますが、二人とも失敗レースとなっております。となると、この二人を1区予想から外すとなると、本人が走りたいと言っていた田口の可能性が高いとなあ・・・今シーズンはベスト連発で好調ですし、井戸もあるかなあと思いましたが、トラックシーズンはちょっと尻すぼみな結果に終わっているだけに、繫ぎ区間では最長の5区と予想してみました。田口も駅伝ではそこまで結果を残せているわけではないですし、未知数なので怖い気もしますけどね・・・思い切って、高田の1区というのもありそうかなあ??

 

2区は光延、今年度のルーキーの中では安定感が群を抜いていますし、1年の出雲から3大駅伝デビューとなりそうです。 3区は山本、3年連続で走っており、今年度は距離は伸びますが知り尽くしているコースなだけに、わざわざ変更する必要もないかなと・・・2位→3位→5位と徐々に順位が下がっているのは気になりますが、主要区間を走るとしても、きっちりと結果を出して欲しいです。4区は柳にしました。箱根では初めてといっていい駅伝での好走でしたが、まだ主要区間は怖いですし、まずは繫ぎ区間かなあと・・・絶対的エースがいない早稲田は、繫ぎ区間も上位で走らないと厳しいでしょうし、ここら辺に柳を配置できれば大きいかなあ・・・アンカーは高田、合宿にもAチームで参加し、もう怪我の問題もなさそうですし、5000mでもベストを出すなど問題なさそうですからね。箱根2区で見せたような走りをまた見せつけて欲しいです!!

 

 

3大駅伝で優勝のチャンスが最もあるとすれば、箱根ということになりそうかなあ?出雲・全日本はややスピード不足の面は否めません。ただ、力のある選手、今シーズン勢いのある選手は揃っていますし、出雲から大暴れして欲しいですし、故障中・故障明けの選手も早く万全の状態にして、駅伝シーズンに臨んでほしいものです!!

 


PAGE TOP