2014年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~日本大学~

続いては日本大学についての上半期振り返りと、現時点での出雲駅伝のオーダーを予想してみたいと思います。昨年度は全日本9位で久しぶりのシード落ち、箱根予選も8位通過で本戦も厳しい戦いが予想されましたが、箱根予選の順位さえ上回る7位と望外のシード獲得となりました。箱根予選で苦戦した大学が健闘した前回の箱根でしたよねー。あそこまで、留学生以外の日本人選手が好走するとは正直思いませんでした。今年度、五分五分かやや厳しいと思っていた全日本予選は1組での出遅れが響き、3組で石川が上位で走り、4組でキトニーが爆走しましたが、9位と全日本出場はかないませんでした。全日本ではずっとシードを獲得し続けており、最も得意としていたのですが・・・ベストメンバーで組めなかったのも痛かったですね。距離の短い出雲はキトニーという大砲を抱える日大にとっては有利だと思いますし、まずかここで上位で走り、箱根でも前回の結果がフロックではなかったことを見せて欲しいです!!選手一覧はこのようになっております。

 

 

日本大学における2014年の持ちタイムトップ10の更新情報をポイント化すると、以下のようになります。

(1,2位更新・・・5pt、、、9,10位・・・1pt)

 

 

5000m・・・7pt(5位、6位、10位)

 1万m・・・0pt(無し)

ハーフ・・・3pt(5位)

 

 

うーん、3部門ともトップ4がいずれもベストを更新出来ず、1万mに至っては0ptですからねえ。ちょっと寂しい結果となりました。5000mでは主力の1人である竹ノ内が14分15秒までタイムを伸ばしたのは実績から考えれば妥当ですが、原秀明が14分19秒まで伸ばしてきたのは、新戦力の台頭か?と楽しみになったんですよねー。ハーフも65分台とはいえ、ベストを更新していますしねー。しかし、その後は姿を余り見せず、全日本予選もメンバーから外れ、大挙して出場した8月の記録会にも名前がありませんでした。秋以降に戦力になってくれると嬉しいです。その記録会でベストを出したのが荒川、3大駅伝や予選会の出場経験はありませんが、一歩一歩タイムを伸ばしているだけに、そろそろメンバー争いに絡んでくるかも・・・

 

 

ハーフで唯一ポイントを獲得したのは村越直、箱根予選では3年連続でブレーキとも言える走りになっていましたが、箱根8区14位と結果を残すと、ハーフも64分21秒まで伸ばしてきました。今年度の全日本でも2組24位とまだまだではありますが、大きなブレーキはしなくなったかなあという印象はあります。最後の箱根では、さらに上の順位を狙って欲しいです。ベストを更新出来なかったとはいえ、主力格はまずまずの結果を残しています。キトニーは関東インカレでは5000m,1万mともに3位とやや精彩を欠きましたが、全日本予選はぶっちぎりの4組トップでしたからね。問題は無いでしょう。荻野も5000m13分台を出し、関東インカレ全日本予選最終組ともに安定した結果を残し、日本人エースの実力を見せつけました。一番の収穫は石川の全日本3組での好走でしょう。関東インカレは5000m,1万mともに物足りない結果に終わり、全日本予選も3組では厳しいと思っていましたが、4位の好走、大学に入ってからのベストレースだったと思います。

 

 

出雲駅伝オーダー予想(仮)

荻野(3)-石川(2)-林(4)-高松(4)-竹ノ内(4)-キトニー(3)

 

 

アンカーは無難にキトニーにしました。過去の起用を見ても、留学生はアンカーにすることが殆どですしね。1区は荻野、日大は3区よりも1区を重視しているかなあと・・・とすると、日本人エースの荻野が妥当かと思います。1区で出遅れると2区以降は厳しいですし、キトニーに次ぐ信頼感がある荻野に託すのが一番安全かなあ。2区は石川を予想しました。全日本予選のような走りが出来るのであれば、3区を走って欲しいですが、まだちょっと不安の方が大きいですねえ。。。というわけで、爆発力はないものの、安定した結果を残している林を3区にしてみました。4,5区は4年生の高松、竹ノ内と箱根で好走した二人にしましたが、ちょっと出雲の距離は二人にとって短い気も・・・

 

出雲は実は結構面白そうなんですよねー。2008,2009年は連覇していますし、特に2008年はアンカーのダニエルが大逆転でしたからね。今回もキトニーにいい位置でつなげれば、ひょっとするとひょっとするかもしれませんし。。。今シーズンはやや奮わない結果が続いているだけに、まずは出雲で結果を残して欲しいです!!

 


PAGE TOP