2014年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~中央学院大学~

続いては中央学院大学の上半期振り返りと、現時点での全日本のオーダー予想、箱根予選出走者について予想してみたいと思います。前年度は出雲は健闘し6位も、全日本11位、箱根12位でシード獲得はなりませんでした。シード権を狙える戦力だったとは思うのですが、あと一歩及ばなかったという感じですね。今年度は潰滝が絶対的エースとして君臨するようになった一方、中堅どころがちょっと停滞している印象が・・・選手層の薄さがやや気になるところですが、育成力のある監督・大学ですし、また夏合宿を経て新戦力の台頭に期待したいところです。選手一覧はこのようになっております。

 

 

中央学院大学における、2014年の持ちタイムトップ10の更新情報をポイント化すると、以下のようになります。(1,2位更新・・・5pt、、、9,10位・・・1pt)

 

 

5000m・・・5pt(2位)

 1万m・・・11pt(2位、5位、8位、10位)

ハーフ・・・14pt(1位、2位、6位、7位)

 

 

中央学院らしく、距離が伸びるほどにポイントが高くなっていますねー。5000mで唯一ベストを更新しているのが潰滝、13分51秒というタイムもさることならが、注目すべきは関東インカレ2部でベストを更新し、さらに優勝も果たしていることですねー。今年度になってさらに成長を遂げている潰滝、もう中央学院のエースどころか、他大学のエースたちとも十分に渡り合えそうですねー。まずは箱根予選で日本人トップを狙って欲しいです。1万mでは潰滝に次ぐエース格の及川が28分台に突入、関東インカレでも表彰台に上がるなど結果を残しました。この二人はもう心配ないでしょう。箱根予選会、全日本とエース区間を任され、結果を残してくれると思います。

 

1万mでは5位にランクインされた村上が良いですねー。昨年度は全日本5区16位、箱根4区15位といずれも満足のいく結果を残せず、その後も調子を崩していましたが、今年6月に1万mでベストを更新すると、全日本予選では3組11位の好走、全日本予選では、最も予想以上に走ってくれた選手でしたねー。今年は、主要区間も任されるようになって欲しいです。また、山本、岡田といった3大駅伝出場経験の無い3年生も揃ってトップ10入りを果たし、潰滝、塩谷に次ぐ選手が出て来たのが心強いです。

 

ハーフでは、塩谷が62分台に突入、及川も63分台前半と主力が順調に結果を残しています。それはある程度予想出来ましたが、久保田、松下といったあたりがトップ10に入ってきたのは、収穫だったかなあ。まだ、64分台後半ではありますが、選手層の底上げにつながればと思います。

全日本大学駅伝オーダー予想(仮)

及川(4)-潰滝(3)-山本(3)-村上(4)-海老澤 剛(2)-蘆田(2)-芝山(4)-塩谷(3)

 

6番手以降がよく分からないのですが・・・前回予想した通り、1,2区は及川、潰滝としました。川崎監督は前半型のオーダーにすることが多いですし、二人の順番は逆かもしれませんが、二人を1,2区に起用する可能性が高いかなと。3区に今シーズン伸び盛りで全日本予選も走った山本としました。3大駅伝デビューも近いかなと・・・4区は村上、8区に塩谷としました。村上に主要区間を走ってもらわないとちょっと駒不足となりそうで・・・8区塩谷は期待も込めて・・・ハーフが得意な山田の可能性もあるかなあと思いましたが、全日本は出て来たことがないですし、今年度もあまり姿を見せないので外してみました。5区に箱根6区を走った海老澤剛、6区に蘆田、7区に芝山と全日本予選を走った二人を予想しました。芝山が復活してきてくれたのは嬉しいですねえ♪1年時は活躍したものの、2,3年生は姿をほとんど見せませんでしたから・・・最後の駅伝シーズン、活躍してほしいものです。

 

 

箱根予選出場12人予想(仮)

4年:及川、山田、芝山、木部、松下

3年:潰滝、塩谷、山本、小川

2年:村上、蘆田、海老澤剛

1年:無し

 

 

1年生はちょっと即戦力となる選手はいなそうなので、出場しない可能性が高いかなと・・・2年生は村上、蘆田と全日本3組を走ったコンビに加えて、箱根経験者の海老澤剛を入れてみましたが果たして・・・3年生は潰滝、塩谷の二人は当然として、今シーズン1万mでベストを更新している二人を予想してみましたが、長い距離はちょっとまだ不安が残るんですよね。4年生は及川、山田、芝山、木部と箱根経験者の4人と、全日本出場者の松下としました。うーん、どの12人が選ばれるかは分かりませんが、確実に計算出来そうな選手が少なそうなのが気になるところですね。予選会の戦い方は熟知していますし、さすがに予選落ちということは無いと思いますが、通過確実とも言えないかな・・・今年度の中央学院もさすが粘り強いという走りを見せて欲しいです。

 


PAGE TOP