2014年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~帝京大学~

続いては帝京大学についての上半期振り返りと、現時点での出雲駅伝のオーダーを予想してみたいと思います。昨年度は出雲12位、全日本13位といずれも関東最下位かつ関東以外の大学の後塵を拝する散々な結果となりました。勝負の年と言われながらもまさかの惨敗、さすがに箱根は8位でシードを獲得し一矢を報いましたが、さらなる上位争いを期待していただけに、残念な結果に終わりました。今年度、突破が有力視された全日本予選ではまさかの8位で予選落ち・・・なかなか噛み合っていないというのが昨年度からの印象ですね。まずは出雲でしっかりと走れるところを見せ、そして箱根で結果を出してほしいものです。選手一覧はこのようになっております。

 

 

帝京大学における2014年の持ちタイムトップ10の更新情報をポイント化すると、以下のようになります。

(1,2位更新・・・5pt、、、9,10位・・・1pt)

 

 

5000m・・・19pt(1位、2位、4位、5位、8位)

 1万m・・・10pt(3位、5位、7位、9位)

ハーフ・・・8pt(1位、6位)

 

 

特に5000mでの充実ぶりが目立ちますね。熊崎、柳原のダブルエースが13分52秒、13分53秒でそれぞれチーム1,2位となりました。熊崎は個人レースでは結果が出ないこともありますが、駅伝では比較的安定して結果を出していますからねー。今年度も頼りになりそうです。柳原はハーフでも62分台を出して、チームトップのタイムとなりました。安定感は帝京でもピカ一ですし、熊崎とともにチームを引っ張っていって欲しいですね。5000mでは他にも、高橋裕、杉山が14分11秒とタイムを伸ばしています。高橋裕は全日本予選で最終組を任せられるほどですし、来年度はエースとなりそうかなあ。。。まだ、実績的には物足りないですが・・・

 

一方の杉山はチームで唯一、3部門でベストを更新している選手ですねー。1万mで29分6秒、ハーフでも64分9秒までタイムを伸ばしてきました。箱根では10区3位と好走しており、一気にエース格にまで成長を遂げてきました。それだけに、全日本予選に出場出来なかったのは痛かったですね。。。勝負の世界にたらればは禁物ですが、杉山がいれば予選を突破していた可能性は高かったかと・・・トップ10以外では5000m,1万mでベストを出した佐藤の成長が著しいですね。全日本予選でも1組10位で走っていますし、まだ3大駅伝は未出場ですが、今年度は出番が回ってきそうです。

 

3,4年生が好結果を出している一方、1,2年生がちょっと心配なんですよね。。。3大駅伝・予選出場者や持ちタイムトップ10に入った選手を私は選手登録しているのですが・・・全19人中17人が3,4年生であり、1年生は1万mで29分39秒を出した渡辺と昨年度、唯一箱根駅伝にエントリーされた2年生の瀬戸口だけしか1,2年生はいません。いくら育成力のある中野監督率いる帝京大学とはいえ、そろそろ3,4年生の実力者たちに割って入る選手が出て来て欲しいところです。4年生に比べると、3年生も見劣りするのは否めませんし、来年度以降が心配になってしまいますからね。

 

出雲駅伝オーダー予想(仮)

柳原(4)-高橋裕(3)-熊崎(4)-佐藤(4)-堤(3)-杉山(4)

 

 

帝京が最も苦手としている1区、昨年度は熊崎、高橋裕、柳原とエース格が出場しましたが、熊崎、高橋裕はいずれも撃沈していましたので、唯一粘り強く走った柳原が1区でいいかなあと・・・他の主要区間に3区に熊崎、6区に杉山とエース格3人がそのまま主要区間となると予想してみました。2区は高橋裕、主要区間を走ってもおかしくない選手だとは思いますが、4年生に比べるとやや物足りないこともあるので・・・4区は伸び盛りの佐藤、5区は敢えて3大駅伝未出場の堤としてみましたが、ここら辺は調子やベストメンバーを組むかどうかで大きく変わってきそうですね。全日本の出場権がない分、出雲は力を入れてくると思うのですが・・・

 

昨年度は本当に散々な出雲・全日本だっただけに、今年度は1区からいい位置でレースを進め、今年の帝京は一味違うというところを見せて欲しいです!!

 


PAGE TOP