2014年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~東海大学~

続いては東海大学の上半期振り返りと、現時点での全日本のオーダー予想、箱根予選出走者について予想してみたいと思います。前年度は箱根に出場し13位でシード獲得はならず・・・シード権を十分に狙える戦力と言われながら、廣田、石橋、石川、中川といった主力メンバーを欠いてしまい、1区、5区で好走しながら予選落ちとなってしまいました。今年度は、未だに中川はレースに出場していないものの、廣田は全日本予選を走るまでに回復、石橋も29分台で走れるまで戻ってきました。二人とも前回の箱根予選では大活躍しましたし、駅伝シーズンには万全で臨んで欲しいです。全日本予選は相変わらずベストメンバーでは無かったものの、それでも3位で通過する選手層の厚さを見せました。全日本、箱根ではそろそろベストメンバーの東海大を見てみたいものです。選手一覧はこのようになっております。

 

 

東海大学における、2014年の持ちタイムトップ10の更新情報をポイント化すると、以下のようになります。(1,2位更新・・・5pt、、、9,10位・・・1pt)

 

 

5000m・・・15pt(2位、3位、6位、8位、10位)

 1万m・・・2pt(8位)

ハーフ・・・10pt(1位、5位、7位)

 

 

まずは、5000mでチーム2,3位となった石川、川端の13分台が何と言っても光りますね。川端は1万mでもチーム唯一のトップ10ベスト更新者となっています。全日本予選でも最終組を一桁で走るなど、もはやチームのエース格となってきました。一方の石川も今年度は安定した結果を残しており、ハーフでも63分台で走りベストを更新、全日本予選も川端同様最終組を任せられるなど、これまたエース格の1人へと成長を遂げています。未だ立つことが出来ていない箱根の舞台に、今年こそ万全の状態で臨んで欲しいです。

 

他には白吉も5000mで14分一桁、ハーフでは2度目の62分台でベストを更新と順調に結果を残してきました。しかし、全日本予選はよもやの欠場、怪我ではないという話でしたがちょっと気になるところです。3年生のもう一人の柱である宮上も今年度は故障の影響もあり、なかなか姿を見せていないですからねー。箱根であそこまで勝負出来たのは、1,5区で好走した3年生コンビの走りが大きかったですし、今年度も活躍を期待したいところですが果たして・・・1万mでベスト更新者が少なかったのは、ちょっと寂しい結果でしたね。昨年度はあれだけ自己ベストラッシュに湧きましたので、なおさら・・・主力が故障や不調で奮わなかったのが、この数値に表れていますね。それでも、今年度になって伸びてきた髙木を始め、中堅どころは結果を残していますし、層もどんどん厚くなってきて駅伝シーズンがますます楽しみになってきました。

 

全日本大学駅伝オーダー予想(仮)

白吉(3)-川端(1)-廣田(2)-吉川(4)-宮上(3)-土屋(2)-桐原(2)-石川(4)

 

 

選手が揃っている一方、絶対的なエースがおらず、故障者もチラホラと見受けられて予想が難しい東海大ですが、1区、2区は前回も考えていた白吉、川端とし、3区を廣田にしてみました。完全復活していれば、もっと主要区間を任せたいところですが、トラックシーズンを見ている限り、まだまだという印象ですからね。4区も難しいですが、全日本予選で好走した吉川としました。主力選手の調子によってオーダーは大きく変わりそうですね。。。5区に宮上、これまた実力にそぐわぬ繫ぎ区間にしましたが、万全ならば8区を走って欲しい選手です!!昨年ほどの勢いがない土屋は一旦6区に・・・去年も今年も好調という選手が少なくて、非常にもどかしいです・・・7区は全日本予選で好走した桐原、力が付いてきたようですし、3大駅伝デビューも近いかなと思いまして。8区は石川にしました。個人的には4区石川、8区宮上が良さそうだと思っていますが・・・ベストメンバーが組めれば、全日本でもシードは狙えそうな陣容ですね。箱根予選をしっかりと上位で突破し、全日本でも結果を残して欲しいところです!!

 

 

箱根予選出場12人予想(仮)

4年:石川、吉川

3年:白吉、宮上、今井、髙木

2年:廣田、石橋、土屋、桐原、成田

1年: 川端

 

 

1年生は期待のスーパールーキー川端は当然として、他はちょっと厳しそうかなあ・・・続くのは春日かと思いますが、ロードが得意な選手とはいえ、トラックシーズンの結果を見る限り、まだまだかと。。。2年生は廣田、土屋、桐原、成田の全日本予選出場組に石橋も入れてみました。7月に29分台に走れるまでには回復しているわけですし、箱根予選か全日本のどちらかは出場するのではないか・・・するなら箱根予選かなあという願望も込みの予想です。3年生は白吉、宮上、今井の箱根経験者に加えて、成長著しい髙木も入れてみました。今シーズンの勢いは本物でしょうし、長い距離でも結果を出せるようだと、非常に楽しみです。4年生は石川、吉川は当然だと思うのですが、他は予想から外してみました。。。中川はずっと姿を見せていませんし、箱根9区を走った山下も3年生以下の充実ぶりを見ると、メンバーに入ってくるのは厳しそうかなあと・・・

 

箱根予選通過はもちろん、山梨学院に次ぐトップ通過候補の一つだと思っています。前回は12人全員が100位以内という素晴らしい走りを見せてくれましたが、今年度も昨年に負けない走りを見せて、箱根に向けて弾みをつけてほしいと思います。そして、何度も欠いていますが、くれぐれも故障者を出さないようにお願いしたいところですね。。。故障者が無く、ピークさえ合わせられれば、東海は強いのですから!!

 


PAGE TOP