2014年全日本予選戦力分析 ~法政大学~

残すところ後3校となりました。本日は、法政大学の全日本予選における戦力分析をしていきます。選手一覧はこちらをご覧ください。1万mの平均持ちタイムは29分28秒、16大学中7位と予選通過ボーダーということになります5000mは10位、ハーフは7位と何とも予想が難しいところですが、その難しさに拍車をかけているのが故障明けの選手が多いことですねー。西池、足羽など3,4組にエントリーされている選手がどこまで万全なのかが分かりません。例えば、当日変更で西池が外れるようなことがあれば、一気に通過は厳しくなるでしょう。一方、足羽、西池が駅伝で見せているような安定感のある走りをすることが出来れば、通過有力ということなりそう・・・そんな法政の選手たちを1組から見ていきます。

 

 

1組 佐藤(3) 細川(1)

2組 森永(4) 鹿嶋(1)

3組 中村(3) 足羽(2)

4組 西池(4) 関口(4)

補欠 黒山(4) 大久保(4)

 

 

 

1組の佐藤は箱根8区7位という実績が光りますね。1万mも29分39秒というタイムを持っていますし、ここは1組から一気にリードを奪っていきたいところかな。全日本予選の経験はありませんが、組上位で走ってくれると思います。一方の細川はルーキーであり、今シーズン目立った実績は殆ど無い選手であり、持ちタイムも5000mで14分47秒、1万mは未経験という状況・・・とても全日本予選に出場する選手では無い気がするのですが、前年度の足羽のように隠し球なのでしょうか?そうでなければ、補欠の選手と変わる可能性が高そうです。そのまま走るとなるとかなり不安ですね・・・

 

 

2組の森永は前回も2組を走り7位と好走している選手です。1万mの持ちタイムは30分5秒ですが、このタイムがまさに前回の全日本予選で出したものであり、持ちタイム以上の実力はあると見ていいでしょう。前回と同じく区間一桁で走ってくれればチームとしても助かるところです。もう一方の鹿嶋がこれまた未知数の選手ですよね。。。今年度スカウトが決して良くなかった法政が、全日本予選メンバーに2人も1年生をエントリーしてくるとは思いませんでした。5000mで14分31秒というベストを高校時代出していますが、1万mは未経験であり、いきなり2組を任せられるほどなのか・・・?当日変更があるとしたら、この1年生2人だと思いますが果たして??

 

 

3組の中村は29分22秒のベストを持ち、箱根でも4区6位と好走しているのが心強いです。3組を上位で走るのは難しいかもしれませんが、堅実な走りを見せてくれるのでは?一方の足羽の方が気になりますね。故障明けだったこともあり、関東インカレ1万mは散々な結果でしたし、まだまだ昨年度の状態には戻っていないのでは?という不安があります。昨年度でさえ、3組27位という結果でしたからね。それ以下ということになれば、一気に通過が不安視されてしまいます。足羽の状態というのはチームの鍵を握りそうですね。

 

 

4組の西池は当日走るのかも含めて、もう状態がどうなっているかが全てですね。万全であれば前回の4組2位の再現も狙える選手ですし、そうでなければ関東インカレ5000mのように下位に沈むことも十分にあり得ます。さすがに不安が残る状態で誰一人失敗出来ない全日本予選の4組にはエントリーしないと思いますので、出場するのであれば心配はないかなと思っています。一方の関口は関東インカレ1万mを棄権してびっくりしましたが、ハーフは出場し10位でした。前年度が2位だったことを考えるとちょっと物足りない結果ですよね。西池同様、どんなコンディションで全日本予選を迎えるかが気になるところです。

 

 

補欠の黒川は主力の1人であり、前々回の箱根4区2位の好走が印象的です。ただ、全日本予選は前回1組8位に留まっており、箱根も3区19位とシードを逃した要因の1人となってしまいました。なかなか安定して結果を残せていないのが気がかりですが、当日変更であれば2組が濃厚かなあ?もう一方の大久保は3000m障害で好タイムを出すなど、今シーズン伸びてきた4年生です。ただ、1万mの持ちタイムは30分19秒に留まっており、3大駅伝や予選会の出場経験が無いのがちょっと気になるところです。それでも、ほぼ実績のない1年生よりは頼りになるでしょうし、やはり当日変更があるのかなあ・・・?

 

 

うーん、去年は予選会突破は有力だと思っていましたが、今年度は一転微妙な位置にいますね。1年生が2人エントリーされていること、足羽、西池、関口といった主力の調子が分からないなど不安要素はかなり多く抱えています。ボーダーを争う大学の一つかとは思いますが、やや厳しいかなあという印象です。昨年度と違い、好調な選手、自己ベストをどんどん更新している選手というのが少ないですからね。。。そういう時は総じて良い結果とならない気が・・・しかし、個人的には西池、関口といったエース格の最終学年の年ですし、是非とも予選突破をし、全日本を盛り上げてほしいです!!

 

 


PAGE TOP