2014年全日本予選戦力分析 ~神奈川大学~

本日は、神奈川大学の全日本予選ついて戦力分析をしていきます。選手一覧はこちらをご覧ください。1万mの平均持ちタイムは29分13秒ではありますが、10人中6人しか1万mのタイムを持っていないため、参考タイムということになります。8人揃っていない大学は神奈川大学だけであり、これが神奈川大学最大の不安要素と言っていいでしょう。最低でも2人が初1万mを最もプレッシャーのかかると言われる全日本予選で経験することになります。さらに、ルーキーが3人おり、最低でも1人は走ることになります。一昨年、神奈川大学はルーキーの我那覇、西山が1万mを揃って好走し、監督もびっくりの予選突破を果たしたことがありましたが、今年度期待のルーキーたちはその再現を見せることが出来るでしょうか?

 

 

1組 赤松(4) 大川(1)

2組 井上(4) 東(2)

3組 柏部(4) 我那覇(3)

4組 柿原(4) 西山(3)

補欠 鈴木健(1) 浅利(1)

 

 

1組の赤松は本来であれば柿原、西山、我那覇とともに4本柱を形成して欲しい選手なのですが、故障がちなこともあり、昨年度はほとんど結果を残すことが出来ませんでした。しかし、今年度は5000mでベストを更新していますし、前々回の全日本予選では1組2位という実績も残していますから、その再現を期待したいところです。大川は初の1万mということになります。場合によっては補欠の同じ一年である鈴木、浅利と当日変更もあり得るかなあ?調子次第で誰が起用されるか決まるのかなあ?それとも、すでに抜きでたルーキーがいるのでしょうか?

 

 

2組の井上は今シーズン1万mでベストを更新しているのが心強いですね。箱根も2回走っていますし大舞台での経験も十分です。2組であればしっかりと上位で走って欲しい選手ですね。一方の東は昨年度の箱根予選こそチーム6位の走りを見せましたが、箱根も急遽だったとはいえ6区20位でしたし、その後も結果を残せていないような気が・・・さらに1万mも未経験ですし、ちょっと不安が大きいですね。。。補欠の1年生と当日変更もあり得るかなあ・・・?他に2年生がエントリーされていないだけに、しっかりと走って欲しいところですが・・

 

 

3組の柏部は今シーズンずっと好調を維持していますね。1万mのベストは29分18秒まで伸ばしてきましたし、昨年度の箱根を走れなかった悔しさを晴らすような走りが続いています。安定感も増してきましたし、3組でも上位で走ってくれるのではないでしょうか?一方、我那覇は今シーズンずっと不調が続いて正直心配です。。。関東インカレも奮いませんでしたし、記録会でも結果を残せていないんですよねー。予選突破の鍵を握る選手になるかも。。。我那覇がきっちりと組上位で走ってくれると、4組を走る選手も気が楽になると思いますし、大事な大会である全日本予選で復活を遂げて欲しいです!

 

 

4組の西山は今チームで最も勢いのある選手と言っていいでしょう。勢いだけではなく、実力が付いてきたのだと思います。1万mは29分9秒まで伸ばし、5000mは13分台に突入、元々安定感のある選手でしたがさらに爆発力も身につけたように思えます。4組であっても一桁で走るのでは?と期待してしまうくらい結果を残しています。柿原も西山ほどではないですが、どの大会でも安定して結果を残していますし、関東インカレ1万mで入賞しているのも心強いですね。3組終了時に多少のビハインドがあっても、跳ね返してしまいそうな勢いを感じます。

 

 

補欠である鈴木、浅利の二人はともに1年生、そして今シーズン5000mで14分15秒前後のベストを出しています。1万mはまだ未経験ですが、都大路1区(10km)をともに走った経験があり、距離への不安は無いでしょう。二人とも似たような持ちタイム、実績ですが当日変更はあるのかなあ?入るとしたら1,2組ということになるかと思いますが、1年生を3人起用はまず無いでしょうから、多くても2人ということになるかな?期待のルーキーたちの走りに注目ですね!!

 

 

1万mの経験者が少ないこと、1年生が3人エントリーされていることという不安要素はありますが、それを補うだけの魅力が3,4組にはありますねー。1組の赤松、2組の井上も計算の出来る選手ですし、大きなブレーキさえ無ければ予選通過は出来るだけの戦力は揃っていると思います。4年生に主力がいることからも、一旦戦力は今年度がピークを迎えますし、本戦でも活躍が期待される大学なだけに、まずはきっちりと予選は通過しておきたいところですねー!

 


PAGE TOP