2014年全日本予選戦力分析 ~城西大学~

本日は、城西大学の全日本予選ついて戦力分析をしていきます。選手一覧はこちらを御覧ください。1万mの平均持ちタイムは29分18秒で16大学中4位、数値上は通過圏内にいることになります。しかし、先日紹介した日大以上に通過は厳しいように思えてしまいます。今シーズン、結果を残している選手があまりにも少なすぎるんですよねー。村山紘太は本当に素晴らしいシーズンを送っています。関東インカレでは1万mで優勝、日本選手権では5000m2位とまさに大学トップクラスと呼べる結果を残していますからね!!しかし、それに続く選手が本当にいないんですよね。。。では、各組ごとに見ていきたいと思います。

 

 

1組 河名(3) 西岡(3)

2組 菅(1) 寺田(4)

3組 横田(4) 松村陣(2)

4組 村山(4) 松村元(4)

補欠 黒川(4) 菊地(2)

 

 

1組の西岡はここ最近成長を遂げてきた印象の選手ですねー。箱根予選はチーム最下位という散々な結果でしたが、そこから5000m、1万m、ハーフともにベストを更新しています。高いレベルでとは言えないですが、まずまず安定した結果を残しているだけに、期待したいところです。河名は箱根で8区18位と洗礼を浴びてしまいました。。。箱根予選も100位オーバーでしたしねえ。ともに持ちタイムは30分前後であり、1組であっても上位に来るのはなかなか厳しそうかなあ?まずはブレーキしないことが大事になりそうです。

 

 

2組の寺田は箱根では9区を任されているのですが、20位と沈んでしまっているんですよねえ・・・1万mの持ちタイムこそ29分14秒と好タイムですが、あまり活躍したところを見たことが無いような・・・ただ、予選通過のためには、ここでしっかりと上位で走ってもらわないと困りますね。菅は今年度5000mでベストを更新しているルーキーですね。といっても14分26秒ですし、初1万mがいきなり全日本予選というのは厳しい気がします。。。当日変更ということも考えられそうですね。菊地、黒川とともに主力が補欠にエントリーされているだけに・・・

 

 

3組の松村陣は1年時に比べると少しずつ安定感が増してきましたかねえ?それでも、まだまだ3組を上位で走るだけの走力は無い気がするのですが・・・20位以内に入れれば上出来といったところでしょうか?横田は主力の1人であり、持ちタイムも29分8秒とチーム3番手です。上級生になってから着実に成長を遂げている選手ですし、きっちりとまとめて欲しいところですね。3組の当日変更は無さそうですし、何とか通過の望みを4組につないで欲しいです。

 

 

4組の松村元は昨年度の上尾ハーフで故障して以降、元気が無いですね。。。もう完治はしているはずなのですが、ずっと低調な走りが続いています。関東インカレなど主要大会にも出場はしているのですが、結果が伴わないです・・・28分台のランナーですし、最終学年の今年は是非とも結果を残して欲しいですね。村山紘太については何も心配は無さそうですね。日本人トップは是非とも狙って欲しいですし、今の勢いならば日大のキトニーを上回っての4組トップも射程圏内だと思います。ここで大きく貯金を稼ぎたいえすね。

 

 

補欠の黒川、菊地はともにチームの主力と呼べる選手ですし、万全であれば当日変更が濃厚かなあ?3,4組は無さそうなので走るとすれば1、2組にそれぞれ入る形かなあ?河名、菅あたりとの変更の可能性が高そうです。菊地は箱根では唯一といっていい好走を6区で見せましたし、比較的安定した結果を残している選手だけに、全日本予選でもその走りには期待したいところです。黒川は箱根こそ急遽任された5区で苦戦しましたが、箱根予選はチーム3位ですし、持ちタイムも29分13秒でチーム4番手の選手ですからね。やはり1,2組を走るのであれば稼ぐ役割を期待したいですね!!

 

 

うーん、平均持ちタイムは確かにいいのですが、好条件だった2013年11月16日の記録が自己ベストの選手が10人中実に6人おり、セカンドベストが自己ベストから大きくかけ離れている選手も複数いて、持ちタイムを額面通りに受け取るのは難しいと思います。さらに、今年度に入って村山以外の選手の走りは比較的低調な印象で1万mでベストを出した選手はおらず、5000mも14分20秒台のベストを出しているくらいなんですよねー。。。現状を考えると、予選通過は難しいのではと思っています。

 


PAGE TOP