2014年日本選手権 5000m結果雑感 悠基が2冠を達成!!

本日、日本選手権5000mが行われました。1万mの翌日ということもあり、一般的には5000m一本に絞った選手が有利なのですが、1万mで4連覇を果たした悠基が5000mも見事なラストスパートで優勝を果たしました。1万mを走った翌日に5000mを勝つというのは本当に力がないと出来ないですねー。それもずば抜けた力が無いと無理なのでは・・・?悠基の強さをまざまざと見せつけてくれたレースでした。そろそろ、5000m,1万mの日本記録更新にも期待したいところです!!

 

 

レース展開がどんどん変わる面白いレースでしたねー。13分40秒台での決着とはなりましたが、中盤切り替えたコニカミノルタの菊池が先頭を引っ張ると、そこに当然のように悠基がつき、村山、八木沢といった大学生たちも積極的に前を追っていき、一時はトップに立ちました。そして、ラスト1000mを切ると、勝負は悠基と紘太の一騎打ちの様相に・・・紘太のラストスパートの切れ味ならば悠基とも勝負出来るのでは?と思ったのですが、ラスト100mでの悠基の切れ味は別格ですね。というかラストスパートが凄いというよりも、あのレース展開に持っていけるのがすごいですよね!1万mの疲れは無いのでしょうか・・・

 

 

2位に入った城西の村山紘太はいい走りを見せてくれました。ラストこそついていけなかったものの、2位というのは素晴らしい結果だと思います。兄以上に不安定な印象が強かった紘太ですが、4年生になってからはもう外すレースが無いですね。そのスピードをまざまざと見せつけています。村山兄弟、最終学年での活躍が本当に楽しみです!!3位はコニカミノルタの菊池、途中先頭を引っ張り続け、途中離されたはずなのですが、そこからもう一度巻き返しての3位は凄いですね・・・昨年度からの成長は実業団でもトップクラスなのでは?どこまで強くなっていくのか本当に楽しみです!!

 

 

4位はプレス工業の梶原、4年連続学連選抜で箱根を走った選手であり、ルールが再度変更されない限り、最初で最後の4年連続学連選抜ランナーとなりました。社会路になってから着実に力をつけ、5000mも13分30秒台までタイムを伸ばしてきましたが、ついに日本選手権で4位に入るまでになりましたねー。。。菊池といい、社会人で一段と成長を遂げた選手はその後も活躍することが多いですし、今後も期待できそうです。5位は前回王者である富士通の星、終盤は先頭集団に迫る走りを見せましたが、さすがにラストのスピードには付いていけませんでした。5000m1本に絞って勝負をかけていましたが、届きませんでした。それでも、2年連続でしっかりとした走りを見せてくれました。

 

 

他には、Denaの上野が1万m5位に続いて7位に入っていますねー。2種目入賞を果たしのは2冠を達成した悠基と上野の佐久長聖出身コンビだけですからね、お見事です!しかし、高校時代1つ後輩の悠基にやられっぱなしというのも本人は悔しいでしょうし、大舞台で是非とも一度は悠基に勝って欲しいですね!大学生では、中盤に先頭に立つなど積極的な走りをした明治の八木沢が10位、に入っています。八木沢もだいぶ安定してきましたかね?駅伝シーズンもエース級の活躍を期待したいですねー。大挙して出場した明治勢では、大六野が17位、横手23位、有村25位、牟田26位といずれも厳しい結果となりましたー。最速軍団の明治とはいえ、全日本はやはりレベルが違いますかねえ・・・

 

 

他の大学生では、駒澤の村山謙太は出場しませんでしたが、中谷は出場、前半は常に前の方でレースを進め、ペースアップした時にも対応するなど積極的な走りを見せていました。終盤は疲れたものの、15位でのフィニッシュはまずまずですかねー。まだ2年生ですし、今後が楽しみな選手です。

 


PAGE TOP