2014年 関東インカレ 2部ハーフ展望

今日は、関東インカレ:2部ハーフにおける展望を述べていきます。エントリーはこのようになっております。エントリータイムは1万m、20km,ハーフのタイムが入り交じっていますね。1万mは分かりますが、20kmとハーフは何かしら目印をつけてくれないと、判別が難しいです。。。2部のハーフはなかなか持ちタイム上位の選手がそのまま上位に来ることが少ない一方、意外な選手が上位に来るといった面白さもありますね。なので、あまり展望も当たらない気がしますが・・・

 

優勝争いとなると、持ちタイム上位の選手が実績を見ても有利そうですね。持ちタイムトップは駒澤の馬場、その後青学の神野、中央学院の塩谷までがハーフ62分台、さらに青学の一色、神奈川の西山が続きます。まさに、優勝争いはこの持ちタイム上位5人がするのではないかと思っています。馬場は箱根5区で80分切りという強さを見せて以降、世界大学クロカン代表に選ばれ日本人トップ、1万mも29分2秒まで伸ばし、特にロードで強い選手です。前年度も出場し6位でしたが、そこから遥かに実力はアップしていますので楽しみです。神野、一色はもはや青学のエースであり、5000mではなくハーフに出て来るのがびっくりというレベルです。ただ、神野は先週の1万mの際に脇腹を痛めたそうで、それを考慮すると欠場も十分にあり得るかなと思います。まだまだ今シーズンは始まったばかりですし、無理はしてほしくないですね。一方の一色はハーフ一本に絞っていますし、ここは優勝を狙って行きたいところでしょう。同学年の中谷が乗りに乗ってますからね。世代No.1の座を譲らないためにも、さすが一色という走りを見せて欲しいです。

 

 

中央学院の塩谷は前回2位に入り、なかなか主要大会で結果を残せていなかった低迷状態から、復活を印象付けた大事なレースだったと思います。当然、前回以上の順位を狙ってくることでしょう。他の優勝候補と比べると駅伝での実績はやや劣りますが、前回のハーフで最も結果を残しているというのは強みだと思いますし、2年連続の好走を期待したいです。西山は何故ハーフなの?というほど今シーズンは5000m,1万mでベストを出しており、チームで最も勢いのある選手かと思います。走力はますます磨きがかかってきており、優勝を狙えるだけの力はあると思いますので、楽しみです。

 

 

入賞争いとなると、駒澤の黒川、二岡はともに有力だと思います。焼津ハーフでは揃って自己ベスト、ペアマラソンの部で日体、明治などを抑えて優勝していますからね。ハーフ路線で今シーズンをスタートしているというのも強みかと思います。他には、関東インカレのハーフで比較的結果を残している東農大も入賞争いに絡んでくるでしょう。土井、遠藤はともに箱根予選で好走という実績もありますしね。他にも昨年度は全日本8区、箱根5区と主要区間を任された青学の高橋、揃って持ちタイムを伸ばしている國學院の湯川、稲毛、中嶋のトリオも面白いのでは?と思います。厳しいコンディションだけに、なかなかタイムが出にくいレースではありますが、例年に比べて選手は揃っていると思うので、ハイレベルな争いに期待したいと思います!!

 


PAGE TOP