2014年 関東インカレ 1500m 1部はオムワンバ、2部はモタンヤと留学生が栄冠

金曜日には1万mだけではなく、1500mも予選決勝と行われました。1500m結果はこちらからご覧いただけます。ようやく携帯速報だけではなく、HPでも結果が載っています。1万mほど詳しくはありませんので、各組ごとに簡単に・・・まずは1部からです。

 

1組・・・明治の前野、中央の三宅、日体の加藤とスピードランナーが3分50秒を切るタイムで予選を通過しています。特に三宅は前年度3位という実績もあり、順当かなあと・・・加藤も今年度は大きく成長してきたランナーですね。

 

2組・・・順天堂の安斎、明治の八木沢とこれまた上位入賞候補が1,2位を占めました。箱根の距離に対応していきながらも、1500mで結果を出していくというのは大変だと思うのですが、さすがですね。。。3位は筑波の森田、筑波はあまり長距離には力を入れていませんが、3000m障害でトップの持ちタイムを持つ津田であったり、以前活躍した丹羽であったり、ちょいちょい短めの距離で選手が出て来ますねー。

 

 

3組・・・故障明けで心配されたオムワンバですが、きっちりと組トップでの通過となりました。東洋の長浜、国士舘の武藤と短い距離に強い選手も順当にトップ3に入っており、3組とも比較的順当だったと思います。期待のルーキーだった順大の村島は4位でスローペースの影響もあって着順でも拾われず、予選落ちとなってしまいました。

 

決勝・・・動画を見ましたが、相変わらずオムワンバが飛ばす展開でそのまましっかりと逃げ切りましたね。昨年ほどの圧倒的な強さは見れませんでしたが、まずは無事に戻ってきてくれて良かったです。激しい2位争いは明治の八木沢が制しました。残留に向けて大きな得点となりました。僅差の3位には日体の加藤、山中も頼もしく感じるほど加藤が力をつけているという話をしていましたが、スピードもありますからね。上位3人は5000mにも出場を予定しており、楽しみです。4位以下は明治の前野、順天の安斎、東洋の長浜、中央の三宅、国士舘の武藤までが入賞で、力のある選手が順当に入賞を果たしました。

 

 

続いては~~2部~~

 

1組・・・トップが4分5秒を超えるタイムなり、着順勝負となったレーストップは青学のルーキー中村、今シーズンはまだその力を出し切れていないようですが、順当にトップ通過でした。拓大の大島も1500mでは比較的結果を残している選手ですね。3位には東学大の根岸が入りました。東農大期待のルーキー関や駒澤の西山は予選落ちとなりました。

 

2組・・・前回3位の帝京:熊崎が順当にトップ通過、2位にはこれまた青学のルーキーである吉永が入り、3位にマヤカ監督の元強化を進めている桜美林のモタンヤが入りました。

 

3組・・・創価のルーキー大山がトップ通過を果たしています。高校時代から1500m,3000m障害で強さを見せていましたから、順当な結果かな?2位はこれまた青学のルーキー大越が入り、青学はルーキー3人がそろって予選突破という素晴らしい走りを見せました。3位には東経大の成原が入っています。東学大、東経大など長距離ではあまり名前を聞かない大学でも、2部の1500mや3000m障害だと予選突破、入賞してきたりするんですよねー。

 

決勝・・・桜美林のモタンヤが2位に2.5秒差をつけて優勝を果たしました。先日の5000mを見ている限り、長い距離はまだまだなのかなあ?という印象を受けましたが、元々の距離である1500mであればさすがに強いですね。どこまでチームを高めていけるでしょうか?2位には創価の大山が見事に入りました。決勝でも2位に入ってくるとは素晴らしいです。在学中に創価を箱根初出場に導けるでしょうか?3位には2年連続で熊崎が入っています。ラスト勝負で2位争いに破れはしましたが、2年連続表彰台は見事です。チームを引っ張っていって欲しいですね。4,5、8位には青学のルーキートリオである大越、中村、吉永が入りました。ここ2年に比べるとスカウトは劣るのでは?と思っていましたが、そんなことは無さそうですね。短い距離だけではなく、長い距離でもどんどんアピールして欲しいです!6位に東農大の伸び盛りである小澤、7位に拓殖の大島が入っており、ともに駅伝でも期待したい選手です。

 


PAGE TOP