関東インカレ2014 エントリー雑感(大東、中央、拓殖、帝京)

本日も引き続き、関東インカレのエントリーについて雑感を述べていきたいと思います。大東大、中央(以上1部)、拓殖大、帝京(以上2部)について述べていきます。大東は4年生中心、帝京、拓殖は3,4年生中心という印象ですが、中央だけは2,3年生が中心みたいですねー。4年生が元気が無いのが気になるところです。。。

 

大東文化大学(1部)

 

1500m 本間 有純(4)

エントリーは1人だけですが、3分49秒となかなかのスピードがあるんですよねー。とはいえ、今季から1部なだけに果たして・・・?

 

5000m 大隅 裕介(3) 市田 孝(4) 本間 有純(4)

エースの市田孝がエントリーされてます。昨年度は2部で大活躍でしたが、1部でもその力を発揮出来るか?何とか入賞を狙って行きたいところです。大隅は先月5000mでベストを更新、本間も14分10秒という持ちタイムですが、さすがに最もレベルが高いと言われる1部5000mでの入賞は厳しいでしょう。。。

 

10000m 大隅 裕介(3) 市田 宏(4) 市田 孝(4)

市田兄弟が揃ってエントリーされていますね。二人ともダブルエントリーとなっており、1部残留のためにもここで入賞しておきたいところです。大隅も5000m、1万mのダブルエントリーということで期待されていますね。来年度はチームのエースという立場になるでしょうし、そろそろ結果を求められるところです。

 

ハーフ 池田 紀保(4) 植木 章文(4) 市田 宏(4)

昨年度2部で優勝した市田宏に、箱根予選をチーム上位で走り、箱根も走った植木、池田と4年生トリオを揃えてきました。1万mとの掛け持ちで宏は大変でしょうが、ここでも何とか得点を期待したいですね。植木、池田もここで入賞してくるようですと、今後が楽しみになりますがどうでしょうか?

 

3000m障害 平塚 祐三(4) 中野 光(2) 山本 翔馬(1)

昨年度、2部で5位だった平塚がエントリータイムも8分56秒で楽しみですねー。1部と2部はレベルが大きく違いますが、1部でもぜひ入賞を目指して欲しいです!!中野、山本はともに9分1桁であり、決勝進出が現実的な目標かなあ?

 

 

中央大学(1部)

 

1500m 三宅 一輝(3) 市田 拓海(2)

昨年度、3位と表彰台に入ってきた三宅にやはり注目が集まります。3分49秒という持ちタイムながら、ラストのキレもあり、スピード型の選手ですからねー。2年連続表彰台を目指して欲しいです!!市田も3分51秒とまずまず、昨年度は1年生ながらシーズンを通してなかなかの活躍を見せていますし、関東インカレでも見せ場を作って欲しいです。

 

5000m 徳永 照(3) 三宅 一輝(3) 町澤 大雅(2)

先月の日体大記録会で14分1桁を揃って出した徳永、三宅、町澤がそのままエントリーされました。まさに勢いのある選手を選んだという感じでしょうか?今年度すでに自己ベストを出しているというのは非常に心強いですし、何とか入賞争いに1人でも絡んでいきたいところです。

 

10000m 徳永 照(3) 多田 要(4) 藤井 寛之(3)

1万mの持ちタイムがチーム3~5位の選手を揃えてきました。特に徳永は安定感がありますし、多田も箱根でなかなかの走り、藤井は先月ベストを更新していますし、それぞれに持ち味があって楽しみです。ただ、入賞となるとやはり厳しい戦いが予想されます。また、1万m持ちタイムチーム2トップの新庄、永井の4年生は結局エントリーされませんでした。このままだと全日本予選も出場は厳しそうかなあ・・・?

 

ハーフ 鈴木 修平(2) 渥美 良明(2) 松原 啓介(3)

伸び盛りの3人がエントリーされたという感じですね。ただ、3人ともハーフの持ちタイムは4分台後半なんですよねー。ハーフ2分台~3分台の選手がごっそりと出てくる1部ハーフではさすがに入賞争いは厳しいでしょう。。。

 

3000m障害 竹内 大地(1) 清水 清輝(4) 出口 遼(4)

前回、決勝まで進出し、タイムも8分54秒を持つ出口に何とかポイント獲得を期待したいです。スピードのある選手ですしね。他にはルーキーの竹内がどんな走りを見せてくれるか楽しみです。中央の数少ない即戦力候補なだけに。。。

 

拓殖大学(2部)

 

1500m 大島 千幸(4) 

箱根6区で好走した大島がエントリーされています。昨年度は決勝まで進出し10位だっただけに、今年度は是非ともポイント獲得といきたいです。

 

5000m 金森 寛人(3)  佐護 啓輔(4) ジョン・マイナ(4)

主力の3人がエントリーされたという形ですね。ともに先月5000mのベストを更新した金森、佐護は入賞争いを、復活したマイナは最低でも入賞というところかなあ?記録会は14分1桁とまずまずのタイムで走っていますし、早く1年時の力を取り戻して欲しいです

 

10000m 東島 彰吾(3) 佐護 啓輔(4) 金森 寛人(3)

28分台ランナーであり、日本人エースの佐護には是非とも入賞を期待したいところですねー。持ちタイムは優秀ですが、なかなか勝負のトラックレースでは結果を残せていないだけに、ここらへんで力を示して欲しいです。他の2人はやや厳しそうかな?2部とはいえ、駒澤、青学を始め選手が揃っていますからね。。。

 

ハーフ 宇田 朋史(2) 栩山 健(3) 櫻井 一樹(4)

5000mで続けてベストを更新し、勢いのある宇田に個人的には期待しています。箱根は転倒もあり不本意な結果に終わりましたが、唯一エントリーされた下級生の意地を見せて欲しいです。栩山も万全であればチームの主力の1人ですし、ハーフ換算で3分台を持っている選手ですからね、どんな走りを見せるか楽しみです。

 

3000m障害 尾上 慎太郎(4) 横瀬 健吾(3) 

箱根5区で好走し、シード獲得の立役者となった尾上がやはり楽しみです。エントリータイムは9分17秒ですが、箱根5区9位の選手ですからね。持ちタイム以上の力がありそうです。

 

 

帝京大学(2部)

 

1500m 細渕 大雅(2) 熊崎 健人(4) 君島 亮太(3)

前回3位の熊崎には、是非とも優勝を狙って欲しいところです。前回優勝の戸田は1500m回避、2位の油布は卒業していますからね。1500m、5000mともに先月ベストを更新するなど、一時の不調を脱して今はエースとしての走りを見せてくれていますし、その走りを関東インカレでも見せてくれればと思います。

 

5000m 柳原 貴大(4) 熊崎 健人(4) 高橋 裕太(3)

ダブルエースの柳原、熊崎がエントリーされています。熊崎が13分52秒、柳原が13分53秒とともに13分台を今年度出していますし、この勢いのままにダブル入賞を狙っていきたいところです。高橋裕もここにきて5000mを出すなど好調、3人とも楽しみな選手が揃いました。

 

10000m 杉山 連哉(4) 渡辺 貴裕(1) 柳原 貴大(4)

28分台ランナーの柳原、先月29分1桁のベストを出した杉山は予想通りのエントリーですが、最後の1人を先月の記録会で好タイムを出したルーキーの渡辺を持ってきました。これは監督の期待の大きさが伺えますね。チーム唯一のルーキーのエントリーですし、暴れて欲しいです。

 

ハーフ 高橋 勝哉(4) 阿南 堅也(3) 堤 悠生(3)

ハーフ63分38秒の阿南が3人の中では持ちタイムで抜けています。ただ、高橋勝、堤もハーフは64分台前半のタイムを持っていますし、3人共今年度1万mのベストをすでに更新しているというのが心強いです。最低でも1人は入賞しておきたいところです。

 

3000m障害 瀬戸口 文弥(2) 高屋敷 光生(2) 野下 滉貴(4)

チームトップのエントリータイムは瀬戸口の9分7秒ですが、現2年生の中では唯一?全日本や箱根もエントリーされている選手ですし、2年生以下を引っ張っていってほしい選手ですし、まずは3000m障害で結果を残したいですねー。

 


PAGE TOP