関東インカレ2014 エントリー雑感(城西、早稲田、神奈川、専修)

2014年5月14日

関東インカレのエントリーが発表されています。引き続き、各大学ごとのエントリーの雑感を述べていきたいと思います。基本的に1部2校、2部2校の4校を1度に紹介していこうと思います。今回は城西、早稲田、神奈川、選手の4大学となります。

 

城西大学(1部)

 

1500m 西岡 喬介(3) 平塚 祐介(3) 松田 司(4)

 

エントリータイム3分46秒の平塚に期待が集まります。最低でも入賞、残留争いを考えると表彰台まで狙って欲しい選手ですね。5000mでも14分20秒と長めの距離もタイムを伸ばしてきましたが、元々はこのくらいの距離が得意な選手のはずなので・・・松田も3分50秒を切っており、入賞争いに何とか絡んでいきたいところ。

 

5000m 村山 紘太(4) 松村 元輝(4) 山本 雄大(3)

 

先日、13分38秒の好タイムをマークした村山には、1点でも多くポイントを稼いで欲しいところです。1部の5000mは有力選手が多数揃っていますが、その中でも存在感を放って欲しいですね。松村元、山本は直近のレースを見ている限り、入賞争いは厳しそうです。。。

 

10000m 村山 紘太(4) 松村 陣之助(2) 松村 元輝(4)

 

5000m同様、ポイントを取れるとしたら村山しかいないかなあというのが正直な感想です。最上級生となりましたし、そろそろ安定感も欲しいところですよねー。兄がここ最近は大学トップクラスのレベルの走りを連発しているだけに、なおさら負けられない思いがあるでしょう。松村兄弟もチームの中心となってほしい選手たちですし、特に松村元は13分台、28分台を持っている選手ですからね。大会でも結果を残していきたいところです。

 

ハーフ 横田 良輔(4) 黒川 遼(4) 杵島 啓太(4)

 

3人とも4年生がエントリーされましたね。城西の中心が4年生ということが良く分かります。横田、黒川はチームの主力となる二人ですし、何とか入賞争いに加わって欲しいのですが・・・最上級生として結果を残したいですね。

 

3000m障害 河名 真貴志(3) 新島 英虎(2)

3000m障害は4連覇という偉業を達成した山口が卒業してしまい、一気に苦しい布陣となってしまいました。4年連続8点獲得していた山口は偉大だった・・・河名のエントリータイムは9分7秒ですから、ちょっと入賞を狙うには厳しい感じがしますよねー。

 

 

早稲田大学(1部)

 

1500m 池山 謙太(3) 安井 雄一(1) 亀田 卓志(4)

池山が3分49秒と3人の中でトップタイムですが、3分50秒きりがたくさんいるハイレベルの一部でどこまで戦えるか・・・また、ルーキーの安井はインターハイ8位入賞している選手ですが、5000mのスピードもありますので、期待したいところですねー。ただ、大学に入ってからはまだ納得のいくレースが出来ていなさそうなのが気がかりです。

 

5000m 山本 修平(4) 光延 誠(1) 三浦 雅裕(3)

怪我から復帰した山本、なかなか関東インカレでは結果を残せていないだけに、最上級生として1点でも多くポイントを取りたいですね。5000mは毎年大迫がきっちりと高得点を稼いでくれていましただけになおさら・・・光延は全ルーキーを見渡してもトップクラスの結果を大学で残していますし、大舞台でも楽しみな選手ですね。三浦も14分7秒を今シーズンマークしていますし、その勢いそのままに好走を期待したいです。

 

10000m 平 和真(2) 山本 修平(4) 柳 利幸(3)

山本が5000m1万mのダブルエントリー、チームのエースとしての走りを見せて欲しいです。平は1年の後半から着々と結果を残していますね。前回は転倒もあって悔しい走りとなりましたので、そのリベンジをしたいところ。柳は昨年度は全カレ1万mで入賞していますし、関東インカレでも入賞を狙いたいところです。結局、高田、武田はエントリーされませんでしたね。武田は怪我という話がありましたが、高田もでしょうか?主力二人の動向が気になるところです。

 

 

ハーフ 佐藤 淳(2) 田口 大貴(4) 井戸 浩貴(2)

全種目の中で最も得点が期待出来そうなのがハーフの井戸、田口かなあと思っています。二人とも学生ハーフで2,3位と表彰台に入っていますし、62分台を2度出しているというのも心強いですね。スピード勝負の学生ハーフと違い、どちらかといえば暑さへのスタミナが求められる関東インカレのハーフでも、結果を残して欲しいです。佐藤は抜擢と言っていいのでは?1年時に上尾ハーフで故障するまでは井戸とともに最も伸びた選手の1人でしたし、再び井戸に追いつくように成長していって欲しいです。

 

 

3000m障害 鳥山 賢(3) 高橋 広夢(4)

これまでほとんど3000m障害を走っていなかったであろう高橋が先月8分台をマークしてきました。走力もどんどん伸びていますし、入賞争いに絡んでくるかもしれませんねえ。鳥山は9分10秒がエントリータイムということでやや厳しいかな?

 

 

 

神奈川大学(2部)

 

1500m 松浦 大志(2)

松浦1人がエントリーされていますが、すみません、把握しておりません。。。ただ、エントリータイムが3分56秒ということでちょっと決勝進出を狙うのは厳しそうですかね?

 

5000m 淺利 宗一郎(1) 鈴木 健吾(1) 我那覇 和真(3)

なんと、3人中2人がルーキーという驚きのエントリーです。浅利、鈴木は今年度すでに高校ベストを更新する走りを見せていますからね。2部とはいえ、駒澤、青学など有力選手が揃う5000mでどこまで戦えるか?我那覇は今シーズンやや不本意な結果が続いていますが、大きなレースでは外さない選手ですし、先輩の強さを見せたいところ。

 

10000m 柏部 孝太郎(4) 我那覇 和真(3) 柿原 聖哉(4)

1万m28分台を持つ我那覇、柿原が順当にエントリー、先日29分19秒と大幅にベストを更新した柏部もエントリーされました。柿原、我那覇には入賞を期待したいところですねー。持ちタイムを見ても、過去の実績を見ても狙えると思います。柏部はここにきてタイムを大きく伸ばしている選手ですし、どちらかと言えばロード型かと思っていましたが、トラックも楽しみになってきました。

 

ハーフ 西山 凌平(3) 

最も参加標準記録がゆるく、箱根出場校であればエントリーし放題のハーフにまさかの1人だけエントリーです。これは一体どうしてしまったのか?箱根14人エントリーなど、神奈川大学はエントリーに消極的ですね。こういう記録会では味わえない勝負の舞台における経験て非常に選手にとって有意義だと思うんですけどねー。個人的にはこういうエントリーは反対です。。。西山がハーフというのもびっくりしました。5000m13分台、1万m29分1桁を今シーズン出して絶好調の選手だけに、この2種目にエントリーされると思っていました。しかし、ハーフの距離も強い選手ですし、入賞はもちろん、一つでも上を狙って欲しいです。

 

3000m障害 エントリー無し

 

 

専修大学(2部)

 

1500m エントリー無し

 

5000m 斉藤 翔太(4) 上手 慶(3)

5000mでチームトップタイムを持つエースの齋藤、今シーズン5000mで14分19秒のベストを出している上手の二人がエントリーされました。特に齋藤には得点を期待したいところですね。今のチームでは持ちタイムでも実績でも抜けている選手ですし、エースの走りを見せて欲しい。

 

10000m 森 夏樹(3) 斉藤 翔太(4) 丸山 竜也(2)

5000m同様、1万mでもチームトップのタイムを持つ齋藤、チーム2番手の森、先月ベストを更新した丸山と順当なエントリーです。1万mは他大も選手が揃っているだけに、入賞争いは厳しいものになりそうですが、数少ない真剣勝負の場ですし、結果ももちろん大事ですが、こういう経験が駅伝シーズンにも活きてくると思います。

 

ハーフ 坂本 竜平(2) 吉良 充人(4) 芝田 俊作(4)

 

ハーフ63分台を持つ吉良、芝田がエントリーされていますね。ちょっと今シーズンの専修は2,3年生がベストを更新しているのに比べると元気が無いだけに、二人には是非とも最上級生の意地を見せ、入賞を狙って欲しいです。 一方の坂本はハーフ65分台の選手ですし、まだ厳しいかな?

 

3000m障害 迫田 和也(3) 櫻木 健次朗(1) 近藤 勇(1)

フルエントリーされていますが、1年生が2人、3人の中でトップタイムが9分16秒で二人と神奈川とは違い、エントリー出来るものはとにかくしておこうという方針のようですね。ただ、さすがにこのタイムでは決勝進出は厳しいでしょうから、この経験を今後に つなげていって欲しいです。

 


PAGE TOP