2014年GGN ~村山兄弟、中谷が13分30秒台!!~

本日、GGN(ゴールデンゲームズinのべおか)が行われました。前々回は大迫、前回は設楽兄弟が27分台を出すなど好記録が出ることで有名な大会ですが、今回は村山兄弟、中谷が5000mで13分30秒台を出すなど、5000mで見どころがありました!駒澤、城西、東海の3大学がGGNに参加していますので、各大学ごとに振り返ってみたいと思います。

 

駒澤大学

村山 謙太 13’34″53
中谷 圭佑 13’38″08
高本 真樹 14’13″25
中村 匠吾 29’34″99

 

村山謙太が13分34秒で自己ベストを13秒更新し、組トップとなりました。先日の27分49秒を見れば、このくらいは出せても当然と思ってしまうほど、高いレベルで安定しています。日本人学生で最も強い選手と言っても過言ではないですね!むしろびっくりしたのは13分38秒を叩き出した中谷、先月は条件の悪い中、13分49秒をマークしていますが、そこからさらにベストを11秒更新してきました!今、2年生以下では最も強い選手と言えるかもしれません!去年の夏以降、成長が止まらないという感じで、今後がますます楽しみです!!

 

一方、27分台突入も期待された中村ですが、5000m手前で遅れると、そのままズルズルと遅れていってしまったみたいですね。タイムはまさかの29分34秒…熊日30kmでも最後失速してしまっていましたし、ちょっと箱根駅伝以降、その圧倒的な安定感が陰を潜めているのが気になります。3大駅伝制覇に無くてはならない戦力なだけに、まずは関東インカレにしっかりと合わせてきて欲しいです。期待のルーキーである高本は14分13秒とまずまずですかね?一応セカンドベストではありますが、ベストからはまだ12秒遅れています。まずは大学での生活に慣れ、夏合宿を経て駅伝シーズンには戦力となってきて欲しい選手ですね。

 

 

城西大学

村山 紘太 13’38″87
松村 元輝 14’19″69
横田 良輔 14’25″70
菅  真大  14’26″88
松村 陣之助 14’45″60
山本 雄大 14’51″09
酒井 雅喜 14’53″57
山本 竜也 15’46″83

 

エースの村山紘太、兄謙太と激しい争いを繰り広げると、最後は遅れをとったものの、13分38秒の好タイムでベストを3秒更新しました。さすがはエースという走りを見せてくれましたね!やや元気のない城西ではありますが、エースがしっかりと走るというのはチームに安心感をもたらすでしょうし、関東インカレもチームを鼓舞するような走りを見せて欲しいです!!また、主力の1人である横田が14分25秒でベストを4秒更新していますねー。1万m29分1桁の持ちタイムからすれば物足りないかもしれませんが、今シーズン、ベスト更新者がほとんど出ていないですからねー。少しずつ、チーム状態も上向いていって欲しいです。

 

他にも、ルーキーの菅は2秒ほどベストを更新していますね。14分30秒前後で安定している印象ですが、即戦力となるためにも、もうワンランク高いレベルでの安定感を見せれるように成長していって欲しいです。松村元は14分19秒でまずまずかなあ?箱根は怪我の影響で出場できなかっただけに、最終学年の今年はかける思いがあるでしょうから、是非ともチームを引っ張っていって欲しいです。弟の陣之助はちょっと奮わなかったですね。ハマった時は好タイムを出したりもするのですが、まだまだ安定感に欠ける気がしますねえ。。。

 

 

東海大学

川端 千都 13’58″68
白吉 凌   14’05″62
廣田 雄希 14’08″20
高木登志夫 14’21″66
安藤 健太 14’22″81
栄土 功樹 14’34″98
小野 稔彦 14’42″98
成田 元一 14’44″93
林 竜之介 15’15″69

 

1~3年のエースが上位3人を占めましたが、その中でトップはルーキーの川端、自己ベストの13分54秒には及ばなかったとはいえ、2度目の13分台を出しました。今年度ルーキーで13分台を出した選手は他にいないにも関わらず、既に2度目ですからね。ここまで、最も結果を残しているルーキーと言っていいでしょう。関東インカレも5000mにエントリーされていますし、当然全日本予選会も出場してくるでしょうから、勝負の場でもその力を存分に発揮して欲しいです。白吉も自己ベストを14秒更新する好走、ようやく実力にタイムが追い付いてきた感じですね。故障明けの廣田も14分8秒で完全復活をアピール、関東インカレ5000mもこれならば期待出来そうです。ようやく、選手が揃ってきた感じですねえ。後はやっぱり石橋が早く戻ってきて欲しいなあ。あの安定感はチームでもトップクラスなだけに。。。

 

安藤、高木もそろって自己ベストですねー。14分20秒ちょっととタイムもまずまず、選手が揃っては来たものの、まだ選手層が厚いとは言えない東海だけに、こういった中堅どころの選手がどんどん伸びてきて欲しいですね。ルーキーの小野は14分42秒とやや期待外れかなあ?都道府県対抗1区9位の印象がどうしても強すぎますが、まずは一歩一歩力をつけて行って欲しいです。

 


PAGE TOP