関東インカレ2014 中央学院・山梨学院エントリー雑感

全体の関東インカレのエントリーは未だに発表されませんが、中央学院、山梨学院のエントリーが判明しましたので、2校について感想と展望を述べていきます。なお、中央学院は2部、山梨学院は1部となっております。

 

中央学院

 

1500m 李 勛(3) 大根田(1)

李は潰滝、塩谷につぐ3番手候補として、1年の箱根16人に入るなど期待された選手なのですが、なかなか結果を出すことが出来ていないのが気がかりです。まずは短い距離から結果を出していきたいところです。大根田は5000m14分40秒前後の割には1500mで3分52秒とスピードタイプなのかなあ?ちょっと1500mでの得点は厳しそうですねえ。。。

 

5000m 及川(4) 潰滝(3) 村上(2)

 

エース格の及川、潰滝がきっちりとエントリーされていますね。二人とも前回入賞している選手ですし、その後さらにスピードをつけてきましたからね。表彰台を争うような走りを二人のエースには期待したいところです。村上はまだ安定感に欠けるところがあり、なかなか大舞台で結果を残せていないですが果たして・・・?今の中央学院の選手層を考えると、中堅どころとしてチームの信頼を勝ち取っていきたいところです。

 

10000m 及川(4) 潰滝(3) 蘆田(2)

及川、潰滝が5000mに続いてのダブルエントリーとなりました。やはり、監督もこの二人をエースと見ているのでしょう。ともに13分台、28分台ランナーですし、ダブル入賞といきたいところですねー。二人とも持ちタイムだけではなく、勝負強さがあるのも魅力的です!蘆田は1年時に1万mで好タイムを出しているものの、その後は29分台後半が続いており、ちょっと厳しい気もしますが、せっかくエントリーされたのですから、この経験を次に活かしていって欲しいです。

 

ハーフ 山田(4) 塩谷(3)

2部のハーフは最も出場資格がゆるい種目なのですが、何故か2人しかエントリーされていませんね・・・?得点が期待出来る2人ということでしょうか?塩谷は前回ハーフで2位に入り、そこから復活を印象づけましたし、2年連続の表彰台といきたいところです。山田も怪我から復活して箱根も走りましたし、長い距離には強い印象がありますので、是非ともポイント獲得といきたいですね!

 

3000m障害 エントリー無

3000m障害は残念ながらエントリーはありませんでした。潰滝が出場すれば高確率で優勝出来るとは思いますが、やはり5000m,1万mで他大のエース級と勝負したい or させたいのでしょう!昨年度もダブル入賞を果たしていますし、今シーズンも活躍して欲しいです!

 

 

 

山梨学院

 

1500m オムワンバ(3) 上村(2) 秦(2)

箱根での疲労骨折からの復帰戦がいきなり関東インカレとなるオムワンバ、前回は2位に10秒差をつける圧勝で優勝を果たしましたが、万全であれば優勝候補筆頭となりますね。優勝して完全復活をアピールして欲しいです!上村、秦は短い距離が得意な選手という印象かなあ。特に秦は5000mまでの距離しかほとんど走っていないような・・・二人ともまずは予選突破といきたいところですね。1500mも1部はレベルが高いですからね。。。

 

5000m オムワンバ(3) 伊藤(2) 河村(1)

オムワンバが2種目にエントリー、大事を取ったのか1万mはエントリーから外れています。前回は3冠を達成していますので、今回は2冠といきたいところですね。オムワンバであれば十分に可能だと思います。伊藤はスピードのある選手ではありますが、最も選手が集まる5000mではさすがに入賞争いは厳しいか?14分8秒というベストに近い走りが出来れば・・・最後の1人はルーキーの河村がエントリーされました。並み居る先輩をさしおいてのエントリーは期待の大きさが伺えます。とはいえ、ベストは14分16秒ですし、将来のエース候補として経験を積ませる意味合いが強そうかなあ?

 

10000m 井上(4) 佐藤(2) 上田(1)

1万m28分23秒を出した井上がエントリーされており、今の井上であれば最低でも入賞、出来れば表彰台争いをして欲しい選手です。長い距離が強い選手でしたが、年々スピードも増していますからね。トラックでの強さも見せつけて欲しい!佐藤も怪我から復活して、5000mでベストを出すなど好調ですし、安定している選手ですからね。入賞争いには加わって欲しいです。ルーキーの上田もエントリーされております。1万mの持ちタイムは世代トップ、先日も29分10秒で走るなど1万mではすでに結果を出していますが、いずれも記録会なだけに勝負のかかる試合でもその力を発揮できるのか注目です!!

 

ハーフ 阿部(4) 井上(4) 佐藤(2)

やや意外なエントリーでした。阿部は1万m28分台を出しましたし、5000mでも結果を出していますので、5000m,1万mにエントリーされるかなあと思ったのですが・・・ハーフも62分台を持っていますし、十分に入賞候補の選手ですね。井上はやはりといいますか1万m+ハーフのハードスケジュールです。それでも結果を残しているのが井上ですし、優勝候補に名を連ねてくると思います。一番びっくりしたのが佐藤、まさか1万m+ハーフのダブルエントリーされるとは・・・それだけ調子がいい&期待されているとことでしょう。その結果に応える走りをして欲しいですね~

 

3000m障害 兼子(4) 小山(2) 矢ノ倉(1)

すでにエース格の1人となった兼子が3000m障害にエントリーされてきました。最終学年はハーフも面白いかなあと思いましたけどねー。基礎走力は大きく成長を遂げていますし、まずは入賞を目指したいところです。小山も記録会では3000m障害で好タイムを出していますし、まずは決勝進出が現実的な目標でしょうか?最後の1人はルーキーの矢ノ倉、故障明けという話でしたがエントリーされてきましたね。ルーキーが既に3人エントリーされていることからも、その期待の大きさが伺えます。3000m8分台の好タイムを高校時代に出している選手ですし、その走りが大学でもいきなり通じるのか楽しみです♪

 


PAGE TOP