関東インカレ2014 青山学院・東海エントリー雑感

いよいよ、関東インカレが後1週間後に迫ってきました。エントリーも締め切られ、すでに青山学院、東海はエントリーを発表していますので、それについて簡単に感想を述べたいと思います。青学はとにかく点を取りにきているという感じですね。前回は再び2部降格となってしまいましたが、再度の1部昇格はあるのでしょうか?私、申し訳ないですが長距離以外には疎いため、短距離やフィールドの戦力については把握しておりません。。。東海はまずまず予想通りのエントリーという感じですかねえ?

 

青山学院大学

 

1500m 大越(1)、中村(1)、吉永(1)

全員1年生でエントリーしてきましたが、日体大記録会への出場の様子を見ていると予想通りですねえ。3人とも積極的に記録会に参加しており、大越、吉永は早くも高校ベストを更新しているなど好調ですからね。期待のルーキーがどんな走りを見せてくれるのか楽しみです♪

 

1万m 川崎(4)、小椋(3)、神野(3)

1万m28分台の3人で固めてきました。チームのエースとなった神野が、大きなトラックの大会でもエースとしての走りを見せられるのか楽しみです♪川崎は1万mで28分44秒と好タイムを出し、5000mでも13分台を出すなど今絶好調みたいですし、監督の期待の大きさを感じます。小椋も先日28分台に突入、トラックではまだ目立った実績はありませんが、果たして?2部も駒澤を始め有力選手が多く出場するでしょうし、ハイレベルな争いに期待です。

 

3000m障害 内村(3)、山村(3)

昨年度、3000m障害に出場した二人がそのままエントリーしています。二人とも決勝に進むことは出来ませんでしたが、特に山村は5000mでベストを更新し、全日本、箱根に出場するなど大きく成長を遂げていますからね。2部であればきっちりとポイントを獲得しておきたいところです。内村は前回は9分30秒オーバーの惨敗でしたが、この1年間で成長したところを見せられるでしょうか?

 

ハーフ 高橋(4)、神野(3)、一色(2)

このエントリーにはびっくりしました。高橋は長い距離が得意な選手という印象ですし、妥当だと思いますが、神野が1万mとのダブルエントリーです。ごく一部の選手が1万m,ハーフにエントリーすることはありますが、2週連続で1万m,ハーフを走るのは相当負担が大きそうなのですが・・・これも期待の表れですかね?そして、一色もハーフとは・・・単純にポイントを獲得するだけならハーフが一番可能性が高いかもしれませんが、もはや青学のエース格である一色にはトラックで勝負して欲しかった気もしますねえ。。。ハーフでは優勝候補の1人となりそうです。

 

5000m 川崎(4)、三木(4)、秋山(2)

5000m,1万mともにエントリーされるのは、一般的にチームのエースであることが多いです。そんなダブルエントリーをしているのは川崎です。昨年度は3大駅伝に出場出来なかった選手なのですが、今シーズンの勢いをかわれているのでしょう。その期待に応える走りを見せて欲しいところ!!三木はどちらかと言えばハーフが得意という印象の選手だったので意外なエントリーでしたが、先日5000mで14分8秒のベストを出したのが評価されたのかなあ?秋山も先日の織田記念で14分5秒とベストをたたき出していますし、記録会では安定してタイムを出せている選手なので関東インカレの走りにも注目です。

 

特に1万m,ハーフに力を入れてきた印象がありますね。表彰台を含むダブル入賞は十分に有り得そうな印象です。しかし、久保田は未だ姿を見せないようで本当に心配です。。。完全復活してくれれば、これ以上ない戦力となるのですが・・・

 

 

東海大学

 

1500m 水谷(4)、冨田(3)、荒井(2)

今シーズンに入って1500mをしっかりと走れている3人がエントリーされてきました。特に水谷は4年生にして初の関東インカレ出場、3大駅伝での実績は無いですが、短い距離での強さを見せて欲しいです。一番ポイントが期待されるのは冨田でしょうか。長い距離への対応はまだ課題が残りますが、スピードはピカイチの選手ですし、しっかりとポイントを取ってチームに貢献してほしいです。荒井は確かB標準しか持っておらずちょっと厳しいかなあ?ただ、箱根にも出場している選手ですし、どんどん経験を積んで力をつけて欲しいです。

 

1万m 石川(4)、吉川(4)、白吉(3)

1万m28分台の4年生、そしてエースと呼んでいい白吉と主力どころがきっちりとエントリーされています。石川は先日5000mでも13分52秒の好タイムをマークしていますし、大会でも結果を残して欲しいところ。逆に吉川はやや元気が無い印象ですが、勝負強さを見せて欲しいです。。。白吉は是非ともポイントを獲得して欲しい選手ですね。箱根1区での走りは見事でしたし、その後も着実に結果を残していますからね。最も信頼出来る選手の1人だと思います。

 

3000m障害 小林(3)、高木(3)、宮城(2)

昨年度、長距離え唯一ポイントを獲得した石橋がエントリー漏れしてしまいました。エントリーされてもDNSが続いていましたし、まだ回復していないようで残念です。貴重な戦力なだけに、全日本予選までには間に合わせて欲しいです。3人共8分台はなかなか出せておらず、ポイント獲得はやや厳しそうな印象ですが、一人でも多く決勝には進んで欲しいところですね。

 

ハーフ 今井(3)、宮上(3)、土屋(2)

ハーフの距離が得意な3人がエントリーされたという感じですね。今井はスピードはないものの、ハーフの距離では着実に結果を出し始めていますし、宮上はハーフ62分台、山上りでも好走を見せており、入賞も期待される選手です。土屋は高校時代からハーフで好走しており、箱根も3区6位という実績がありますからね。宮上同様、入賞する力のある選手だと思います。

 

5000m 石川(4)、廣田(2)、川端(1)

5000m,1万mともにエントリーされたのは石川、それだけ調子がいいということなのでしょう。その期待に応えて、是非ともポイントを獲得して欲しいです。怪我から復帰した廣田も順当にエントリー、先日の記録会では調子を確かめながらという感じの走りにも見えましたし、しっかりと関東インカレに合わせてきて欲しいです。そして、今最も勢いのあるルーキーである川端がエントリーされました。5000mの持ちタイムは世代トップ、東海のルーキーでは村澤、早川のダブル入賞がありましたが、川端もいきなり入賞もあり得るかもしれません。そのくらい、期待値の高い選手です!

やはり、前回唯一長距離でポイントを獲得した石橋がいないのは痛いです。しかし、昨年度よりは遥かにチーム力はアップしていますし、どの種目でもポイントを獲得する可能性はあると思っています。再びシード常連、そして優勝を狙えるチームを目指していくためにも、まずはトラックの大舞台で結果を残していきたいですね!!

 


PAGE TOP