順天堂大学 ~2014年度戦力分析~ 松村兄弟、西郷らが最上級生の勝負の年!

最後は、順天堂大学の2~4年生について見ていきます。2013年度は主力級が複数卒業したにも関わらず全日本予選を突破、全日本では新戦力も台頭してきて案外箱根でも期待出来るのでは?と思いましたが、キーマンである西郷が怪我で出場出来なかった影響が大きく、シードには手が届きませんでした。スカウトも好調、故障者も復活してきて戦力が整いつつある順大の持ちタイムは以下のようになっています。

 

 

 

 

 

 

4年生・・・箱根では3年連続で好走、チームの絶対的エースと言っていい松村優がチームを引っ張ります。1万mではチーム唯一の28分台、ハーフもチーム唯一の62分台と持ちタイム・実績共に抜けています。昨年度はハイペースに対応するため、1区にエースを持ってこざるを得ませんでしたが、上位を狙うのであれば、エース区間に起用していきたいところです。安定感もチームトップクラスであり、安心してみていられる選手ですね。続くのは西郷ですかね。ハーフの出場経験こそありませんが、出雲6位4位、箱根5区5位などロードで結果を残しています。故障で昨年度は全日本、箱根を走れず、それがチームにとって大きな痛手となってしまいました。今シーズンは既に復帰レースの5000mで自己ベストを更新していますし、怪我なく過ごして欲しいです。

 

ずっと怪我で苦しんでいた的野も復活してくれれば貴重な戦力となります。先日の記録会では1500mを走り、復活をアピールしました。短い距離が得意ですが、箱根でも1年で7区7位と実績がありますし、3年間怪我に苦しみ続けてきましたが、最終学年の今シーズンくらい、万全の状態で過ごしてほしいと思います。他には、松村和が順調に成長を遂げ、昨年度は全日本、箱根に出場しています。双子の兄である優樹との差も徐々に埋まってきたように思えますし、前よりも安定感が出て来たように思えますので、予選、本戦共にフル回転してほしいですね。4年生にはエース級が揃っていますし、今年度は勝負の年となりそうです。

 

 

3年生・・・5千m13分49秒とチームNo.1のタイムを持ち、関東インカレ1部1500mで2位に入るなどスピードでは松枝が抜けていますね。箱根こそ万全ではなかったこともあり8区に回りましたが、本来であれば主要区間を走って欲しい選手です。ただ、まだ3大駅伝で区間一桁で走ったことが無いのが心配かなあ・・・トラックのスピードを駅伝で活かしきれていないように思います。上級生となりましたし、そろそろ駅伝でも結果がほしいところです。一方、ロードでは田中が全日本で8区9位、箱根では9区5位と着実に結果を残しています。特に箱根9区での走りは見事でしたね。ハーフは65分台の選手なのですが、勝負強さがありますし、復路で貴重な戦力となってくれそうです。箱根で3区15位で走った稲田も伸びてきて欲しい選手の1人ですね。どちらかと言えばロードが得意な選手という印象ですが、まだ主要区間を担うには荷が重すぎたように思えましたが、ハーフで着実にベストを更新していますし、飛躍の年として欲しいです。

 

 

2年生・・・この学年で抜けた選手というのはいないかもしれませんが、粒は揃っているように思えます。1年ながら箱根10区8位と好走、ハーフも63分台に突入した聞谷、箱根こそ出場出来ませんでしたが、出雲、全日本共に出場を果たした森、箱根4区19位だった西澤、そして3大駅伝こそ未出場ですが、先日の順大記録会で13分56秒の好タイムをマークし、短い距離に定評のある安斎がいますねー。それぞれに個性があって面白い学年では無いでしょうか?実績や持ちタイムなど聞谷が一歩抜け出した感じもしますが、13分台を出した安斎が非常に楽しみな存在です。全日本の距離ならばいけるでしょうが、果たして箱根の距離はどうですかね?長い距離に対応してくれば頼もしい選手となってくれそうです。

 

 

3大駅伝の出場権はまだ確保出来ていませんので、まずは全日本予選ということになりますね。前回の戦力で突破出来るのであれば、さらにチーム力の上がった今シーズンも突破の可能性は高いと思います。3,4組を松村優、松枝、西郷、花澤あたりで組むことになりますかねえ?ただ、一つ心配なのは毎年大ブレーキの選手が出てしまっていることですねー。全日本予選は8人走って8人の合計タイムで決まるだけに、ブレーキは厳禁なんですよねー。1,2組をブレーキなく乗り切れれば、突破は濃厚だと思っています。箱根予選会の方がむしろ心配ですね。。。元々予選会が不得意なチームですし、過去2年はシードがあって箱根予選の経験者も少ないですからね。エースの松村優を中心に稼ぐ選手は稼ぎ、エースに比べて力の劣る選手は慎重に集団走をした方がいいとは思いますが・・・せっかく各学年に複数戦力が揃った楽しみな年なのですから、予選会は何が何でも突破し、再度シード権に返り咲き、さらなる上位を狙ってほしいと思います!!

 


PAGE TOP