明治大学 ~2014年度戦力分析~ 最強世代が4年生、勝負の年!

続いては、明治大学の2~4年生について見ていきます。2013年度は出雲はもはや恒例となってしまった1区の出遅れが響き7位、全日本は3強を崩しての3位も箱根では5区、10区のブレーキが響き6位に終わりました。過去最高のスカウトと言われた世代もついに4年生となり、何が何でも優勝という結果を残したいところですね。そんな明治大学の持ちタイムは以下のようになっています。

 

 

 

 

 

4年生・・・明治にとって勝負の年と言える一番の理由は4年生に選手が揃っているからということになります。ハーフ62分19秒はチームトップ、関東インカレ5000m,1万mで入賞、3大駅伝でフル出場を続ける大六野がようやくエースと呼べる存在になってきました。粒ぞろいな明治において、鎧坂以降絶対的エースと呼べる存在がいませんでしたが、大六野にはその役割を期待したいと思います。また、1万m28分41秒を持ち、箱根で3年連続復路で好走を続けている有村は復路のエースと呼べる存在かと思います。持ちタイムを見ても、この二人がチームではやや抜けていますね。

 

他には、1万m28分39秒を持ち、明治で唯一といっていい1区で結果を残している文元、5000m13分28秒という明治記録を持ち、5000mで学生最速の八木沢、5000m13分台、1万m28分台、ハーフ62分台と持ちタイムはいずれも優秀で、箱根9区14位で走った前野、長い距離に定評があり、全日本5区2位、箱根では7区8位だった松井、5000m13分台を持ち、ハーフも63分21秒までタイムを伸ばしてきた山田速、ここまで名前をあげただけで7人います。いずれも3大駅伝に複数回出場した経験があり、持ちタイムも優秀です。それぞれに特徴が異なっているのも面白いですね。スピードのある選手、安定感のある選手、長い距離に強い選手など・・・3大駅伝で優勝を果たすにはこの世代がしっかりと走ることが必要になってきます。

 

 

3年生・・・5000m13分台、1万m28分台を持ち、2013年度は3大駅伝フル出場を果たした横手、全日本では7区区間賞、箱根でも4区5位で走った木村がこの学年の中心選手です。特に木村はチームでも安定感がありますし、スピードもついてきて非常に楽しみです。横手は箱根5区19位が残念でしたが高校時代から力のある選手でどちらかと言えば短い距離が得意な選手ですかね。4月には5000m,1万mでベストを更新とトラックでも結果を残しています。この二人は今シーズンもチームの主力として活躍してくれることでしょう。続くのは、5000m13分47秒を持つ牟田かと思いますが、唯一の3大駅伝出場である出雲は4区11位に沈みました。まだ安定感に欠ける部分がありますが、潜在能力は高いと思いますので、チームに貢献出来る選手になってほしいと思います。他にはハーフ63分11秒を出した小川、ハーフ64分台、1万mも29分中盤の山田稜、江頭裕もいますねえ。ここら辺の選手が今シーズン出て来てくれると選手層にも厚みが増しますね。メンバーが固定化され気味の明治の戦力アップには、新戦力の台頭が必要不可欠かと思います。

 

 

2年生・・・未だに3大駅伝デビューを果たした選手はおらず、箱根16人に入ったのも吉田だけです。1年時はベストを走るたびに更新している印象で最も伸びた選手の1人ですね。ハーフも64分20秒まで伸ばしてきましたし、今シーズンは3大駅伝デビューといきたいところですね。続くのは江頭賢ですかね。持ちタイムも吉田と近いですし、二人で切磋琢磨していって欲しいです。本来であれば、都大路、都道府県対抗ともに1区で好走した櫃本や5000m14分4秒の好タイムを持つ近藤にルーキーイヤーからの活躍を期待したかったのですが、いずれも怪我で出遅れてしまったようですからね。。。2年目からの巻き返しに期待したいですね。

 

 

学年が下がるほどに選手層が薄くなっていく現状、他大学との戦力比較をしてみても、3大駅伝で勝つなら今年度しかないと思います。ただ、スピードのある選手が揃っているにも関わらず、出雲はずっと苦手としているだけに厳しいかなあ?優勝を狙うのであれば、出雲にきっちりとピークを持ってきて欲しいところです。全日本は2度3位に入るなどここ数年は比較的相性がいい大会ですが、全日本は絶対的な自信を持つ3連覇中の駒澤がいるんですよねー。明治大学との相性で見れば、全日本が一番優勝する可能性が高いとは思っています。箱根は5,6区に実績のある選手がいないのが不安ですよね。5区は前回は失敗、6区は区間記録に数秒と迫った廣瀬が抜けてしまったわけですから・・・他の8区間であれば優勝争いを出来るかなあと思いますが、ライバルである駒澤や早稲田は5,6区に実績のある選手が残っていますからね。期待と不安が入り混じるチームですね。個人的には勝負の年を迎えるチームというのは応援したくなるのですが・・・是非とも最高の結果を残して欲しいものです!

 


PAGE TOP