青山学院大学 ~2014年度戦力分析~ 3大駅伝制覇に向けて戦力充実!!

続いては、青山学院大学の2~4年生について見ていきます。2013年度は出雲5位、全日本6位、箱根5位と安定した結果を残し、強豪校の地位を確立してきました。チーム力は年々上昇している印象で、下級生から上級生までバランスよく主力がいる現状を見れば、3大駅伝における優勝争いには十分絡んできそうな戦力です。そんな青山学院大学の持ちタイムは以下のようになっています。

 

 

 

 

4年生・・・5千、1万mの青学記録保持者となった藤川がまずは中心となりますね。短い距離が得意な選手という印象でしたが、箱根では9区3位と好走し、長い距離にしっかりと対応してきました。3大駅伝では主要区間を担って欲しい選手です。続くのは高橋ですかねー。前々回の箱根で8区区間賞で一躍名を広めたものの、昨年度は全日本8区10位、箱根5区11位とエース区間を任されるものの、やや物足りない結果となっています。最上級生の今年はチームにより貢献する走りを期待したいところです。3大駅伝経験者では5000m13分台、1万m28分台のスピードを持ち、前々回の箱根4区13位の川崎、1年生で3大駅伝フル出場を果たすものの、その後はなかなか出番が回ってこない佐藤がいます。他にも、ハーフ63分台の三野、三木もいますし、力をつけてきた4年生に期待したいところです。

 

 

3年生・・・まずは、もはやチームのエースとなった神野が中心になるかと思います。3大駅伝は出雲6区、全日本・箱根は2区とまさにエース区間と呼ばれる区間を任され、いずれも区間6位以内と期待通りに結果を残しています。1万m28分台、ハーフ62分台と持ちタイムもチームトップクラスになりました。本来であれば、久保田が神野とともにダブルエースとなって欲しいところですが、なかなか怪我から復帰出来ていないようで心配です。1年時の出雲3区区間賞や箱根3区4位、ハーフも62分44秒相当など素晴らしい活躍を見せましたからね。是非とも復活して欲しい選手です。他にも、1年の出雲から出場し、前回の箱根では7区2位と好走を見せた小椋や全日本、箱根に出場した山村、全日本6区5位だった橋本、箱根で6区18位だった村井、ハーフ63分台を持つ渡邉心、渡邊利など本当に選手が揃っている学年ですね。質・量ともに今の青学の中心世代といっていいでしょう。上級生となってまた一段と成長指定って欲しいです。

 

 

2年生・・・昨年度、全大学を見回しても最も活躍した1年生と言われる一色がこの学年の中心となります。出雲3区7位、全日本1区6位、箱根1区6位といずれも主要区間でルーキーらしからぬ結果を残しています。特に全日本、箱根はともにハイペースになってにも関わらず、しっかりと上位でつないでいるところが素晴らしいですね。すでにチームでもエースと呼んでいいほどの存在感を放っており、今年度はさらなる活躍が期待されます。続く選手が難しいところですが・・・ハーフ63分11秒相当のタイムを持つ秋山に期待したいですね。故障が多くてまだ3大駅伝出場はありませんが、先日、5000m14分10秒とベストに近いタイムを出しており、復活したと見ていいでしょう。力のある選手だけに、怪我なくシーズンを過ごしてほしいと思います。他にも全日本5区12位、ハーフ63分台相当のタイムを持つ茂木や、高校時代都大路で活躍した内田などまだまだ期待の選手はいますねえ。一色だけが目立っている状況から、2年生が強いと思われる世代になっていってほしいと思います。

 

 

3大駅伝出場権は既に確保しており、選手層は全大学トップクラスといっていいでしょう。それでも、故障者が毎回出てなかなかベストメンバーが組めていないのが辛いところですね。後は、チームのエースだけではなく、優勝を狙う他大のエースとも渡り合える選手が出て来て欲しいですね。持ちタイムでいえば1万m28分30秒を切ってくるような・・・エース区間で勝負出来れば、繫ぎ区間は選手が豊富なだけに、十分に優勝争いに絡んでくるんではないかと思います。最も勢いのある大学の一つだと思いますし、3大駅伝で前年度以上の存在感を見せることが出来るのか、注目ですね!!

 


PAGE TOP