2014年 チャレンジミートゥ in くまがや & 4大学対校 結果雑感

2014年4月23日

先日、チャレンジミートゥ in くまがや と 4大学対校(日体大、東海、順大、国士舘)が行われましたので、それぞれについて簡単に紹介 & 感想を述べたいと思います。チャレンジミートゥ in くまがやはに結果が載っています。4大学対校の正式結果がこちらに出ました。まずは熊谷から・・・

 

1500mでは東洋の長浜が3分49秒の大会記録で最終組トップとなっております。関東インカレに向けてなかなかの走りを見せてくれたのでは?2位~4位、6位も東洋で高倉、尾上、清水、齋藤と続いていますが、すみません、齋藤しかしらないです。。。3枠しかない関東インカレの出場枠は誰になるんでしょうかねえ?1500mでも選手層の厚さを見せてくれました。3000m障害では、駒澤の井上が最終組え唯一の8分台となる8分58秒のベストを出しました。ハーフも64分1桁まで伸ばしてきましたし、成長著しい3年生の1人ですね。関東インカレでも上位入賞が期待されます。他、東京国際の小針が9分0秒、山梨学院の小山が9分1秒と上位3人が好タイムでした。

 

 

5000mでは、最終組で服部弾馬がタイムは14分12秒と平凡ですが貫禄のトップでした。期待の新入生である竹下も14分15秒の2位はまずまずか。3位の今井も14分16秒で東洋が上位3位までを占めています。しかし、最大のサプライズは5位に入った東農大二高の西山、現在高1の4月にも関わらず、14分17秒というとんでもないタイムを叩き出しました。高1の初レースというのは大体15分を切れば上出来という印象なのですが、これは凄いですね。中学時代は都道府県対抗2区で区間賞と世代トップクラスではありましたが・・・1学年上には高1で歴代最速のタイムを出した羽生がいますが、2年連続で高校トップクラスの選手が高1で登場となるでしょうか?今後の走りにも要注目です。

 

 

続いては4大学対校について・・・東海大の結果だけは記載されていますので、東海の選手を中心に・・・5000mでは日体大のキャプテンである加藤が14分18秒でトップとなっております。日体大は3年生が元気ですが、4年生も負けてはいられませんよね。東海で自己ベストを出したのは、14分19秒で白吉 凌、14分28秒で桐原 翔太、14分33秒で小野が出しています。白吉は駅伝の実績からすればまだまだタイムは伸ばせるでしょう。注目は都道府県対抗で1区9位に入った小野ですね。14分50秒台だったベストを順調に更新しています。ルーキーから戦力になってくるかもしれません。

 

 

1万mでは、日体大の小泉 雄輝が29分32秒でベストを3秒更新し、対校のトップとなりましたが、オープンで小泉を上回ったのが東海大のスーパールーキーである川端 千都、5000mで先日13分54秒と世代トップのタイムをいきなり叩き出しましたが、1万mでも29分24秒という好タイムをマーク、世代3番目のタイムとなります。高校時代の非常に高レベルで安定した実績、大学に入っていきなりの好タイム連発、今1年生で一番強いのは川端かもしれませんね。関東インカレでは2種目出場もあり得るかも・・・楽しみです。4月からベスト更新する選手が多い順大も、聞谷 賢人が29分35秒で9秒、稲田 翔威が29分42秒で1秒、ともにベストを更新しています。二人ともロードのほうが得意な印象の選手ですが、トラックでも着実に結果を残していますね。川端との対決に注目が集まったルーキーの花澤 賢人ですが、結果は30分1秒とちょっと残念な結果でしたかね?まあ、初の1万mですし、徐々に距離にも対応していってくれればと思います。全日本予選も出番が回ってきそうですからねえ。。。

 

 


PAGE TOP