2014年焼津ペアマラソン結果雑感

先日焼津みなとマラソンが行われました。大学対校のハーフマラソンとなっており、各大学3名が出場し、上位2名の合計タイムで優勝を争う方式となっています。駒澤、日体大、明治、青学など大学駅伝でも上位に入るような大学も参加しているんですよねー。焼津といえば漁業が盛んなため、賞品としてマグロやカツオが貰えるというユニークな大会になっています。結果をツイッターで載せてくれた人がいましたので、その結果を元に上位6大学について雑感を述べていきます。

 

優勝:駒澤大学(02:07:36)

黒川 翔矢が63分48秒で3位、二岡 康平が同タイムの4位でともに自己ベストを更新し、2位の日体大にわずか1秒差での優勝となりました。これで駒澤は早くも64分切りが11人ということに・・・学生ハーフから好結果が続いていますね。特に二岡は秋以降一気に成長してきた様子で駅伝メンバー入りの期待がかかります。黒川も全日本こそ2度走っていますが、箱根はまだ出場経験が無いだけに、最後の箱根にかける思いは強いでしょう。一方、大塚 祥平は64分49秒という結果に・・・箱根でもチームでただ一人5位以下でしたし、ちょっと物足りないかなあ・・・中谷、西山に負けないように強さを身につけていって欲しいです。

 

 

2位:日本体育大学(02:07:37)

小泉 雄輝が63分26秒で見事に優勝を果たしました。まだ3大駅伝未経験の選手なのですが、学生ハーフえの63分台に続いて63分半を切る自己ベストです。今シーズン、3大駅伝デビューすることはほぼ間違い無さそうですね。貴重な戦力となって欲しいです。奥野 翔弥は64分11秒でしたが、結果として1秒優勝に届かなかっただけに悔しいでしょうね。ハーフ63分5秒を持っている選手ですし、やはり力はありますね。山中を中心とした3年生が日体大を引っ張っていくことにいなりそうです。他にも、一般ハーフで走った坂本 新が64分ちょっとで走ったということで・・・実は小泉と坂本の合計タイムなら駒澤を上回っていたんですよねー。これはちょっともったいなかったですね。。。心配なのが勝亦 祐太、66分33秒もかかってしいまっています。箱根3区でブレーキ→ハーフ62分台を出し復活→焼津ハーフで撃沈・・・とちょっと安定感が無いですね。山中とともにチームを引っ張る存在になって欲しいんだけどなあ。。。

 

 

3位:青山学院大学(02:08:54)

高橋 宗司が64分13秒とまずまずのタイム、渡邉 心が64分41秒で駒澤、日体大には1分以上差をつけられましたが、何とか表彰台に載ってきました。松島 良太も64分52秒で3人共64分台と安定していましたねえ。ただ、高橋、渡邉心はハーフ63分台相当を持っている選手ですし、もう少し走りたかったところですかねえ?特に高橋は全日本8区、箱根5区を任されるほどの選手ですからねえ。渡邉心、松島の3年生コンビはそろそろ3大駅伝出場も狙いたいところですが、層の厚い青学で果たしてどうなるかなあ・・・

 

 

4位:明治大学(02:09:09)

前回優勝の明治は4位という結果に・・・松井 智靖が63分34秒とベストタイとなるタイムで2位に入ったのですが、江頭 賢太郎が65分35秒かかってしまい、連覇を逃してしまいました。松井のハーフの距離での安定感はさすがですねー。今シーズンも3大駅伝できっちりと走ってくれるでしょう。しかし、期待の2年生である江頭賢はベストから1分近く遅れていてやや物足りなく、吉田 楓に至っては68分44秒かかってしまいました。2年生のトップ2がこの二人だと思うのですが、ちょっと寂しいですよねえ。。。

 

 

5位:法政大学(02:09:58)

法政が5位に入ってきました。佐藤 和仁が64分10秒とベストを30秒近く縮めてきました。箱根で8区7位で走っている選手ですし、学生ハーフに続いてのベスト更新と勢いがありますねえ。今シーズンはもっと重用区間を任せられるようになるかも・・・?また、先日の6大学対校で好走した岩崎 瑛が64分58秒で走っています。5000mを走ってから1週間後ということを考えればまずまずですかねえ?今シーズンは是非とも戦力になってきて欲しい選手です。3番手は生澤が67分28秒で走っていますね。。。すみません、ちょっと知らない選手でしたが(汗)ハーフ66分ちょっとのベストを持っている2年生のようですねー。

 

6位:國學院大学(02:10:43)

中嶋 大が64分25秒と好走していますねー。学生ハーフは67分台だった選手なのですが、一気に自己ベストを2分半以上縮めてきました。1万mも29分34秒を持っていますし、これは今シーズンも期待出来そうかも・・・まだ2年生ですし、どんどん記録を伸ばしていって欲しいですね。その一方で鮫島 紋次郎が66分18秒もかかってしまいました。4年生が先日の日体大1万mでもこの焼津ペアマラソンでも奮わないですねえ。。。本来あれば、チームを引っ張っていって欲しい学年なのですが・・・3番手だった瀬川 大貴は67分2秒かかっています。先日の学生ハーフも66分台でした、長い距離はまだこれからなのかなあ・・・?

 


PAGE TOP