神奈川大学 ~2014年度戦力分析~

続いては、神奈川大学の2~4年生について見ていきます。2013年度の箱根ではエース格が育ってきており、シードも狙える戦力だったにも関わらず、故障者が複数出たことで思うようなレースをすることが出来ず、シード落ちとなってしまいました。今年度は卒業生の影響が小さい一方、有望な新入生が複数入るだけに、シード権確保はもちろん、一つでも上を狙ってほしいと思います。そんな神奈川大学の持ちタイムは以下のようになっています。

 

順位 名前 学年 5千ベスト 1万ベスト ハーフ換算 出雲 全日本 箱根
1位 神奈川大学 柿原 聖哉 4年 14:24.38 28:33.50 01:02:41* 0回 1回 1回
2位 神奈川大学 小泉 和也 4年 14:31.34 29:48.91 01:04:02* 0回 1回 2回
3位 神奈川大学 赤松 宏樹 4年 14:21.80 29:53.54 01:04:13* 0回 0回 1回
4位 神奈川大学 柏部 孝太郎 4年 14:47.37 30:05.24 01:03:34 0回 1回 1回
5位 神奈川大学 井上 雄介 4年 14:27.04 30:11.62 01:04:26* 0回 1回 2回
6位 神奈川大学 松本 光弘 4年 14:22.95 30:18.20 0回 0回 0回
7位 神奈川大学 菅原 涼介 4年 14:34.33 30:45.53 01:05:18* 0回 0回 0回
8位 神奈川大学 高山 直哉 4年 14:45.08 01:04:35* 0回 0回 1回
9位 神奈川大学 我那覇 和真 3年 14:08.59 28:46.08 01:02:45* 0回 1回 2回
10位 神奈川大学 西山 凌平 3年 14:15.66 29:23.09 01:03:26* 0回 1回 2回
11位 神奈川大学 南 俊輔 3年 14:30.03 30:01.74 01:06:17* 0回 0回 0回
12位 神奈川大学 永信 明人 3年 14:12.70 30:06.92 01:05:07 0回 0回 0回
13位 神奈川大学 三輪 北斗 3年 14:31.77 0回 0回 0回
14位 神奈川大学 渡邉 慎也 3年 14:36.90 01:05:20* 0回 0回 0回
15位 神奈川大学 中神 恒也 2年 14:34.99 29:43.41 01:05:20* 0回 0回 0回
16位 神奈川大学 石橋 健 2年 14:49.30 30:07.74 01:06:00* 0回 0回 1回
17位 神奈川大学 服部 賢志 2年 14:29.14 0回 0回 0回
18位 神奈川大学 東 瑞基 2年 14:34.53 01:04:24* 0回 0回 1回
19位 神奈川大学 大野 日暉 1年 14:17.21 29:34.28 0回 0回 0回
20位 神奈川大学 大川 一成 1年 14:15.95 0回 0回 0回
21位 神奈川大学 浅利宗一郎 1年 14:23.40 0回 0回 0回
22位 神奈川大学 鈴木 健吾 1年 14:25.64 0回 0回 0回

 

4年生・・・やはり、チームのエースである柿原が中心となるでしょう。1万m28分33秒のスピードを持ち、箱根予選では全体で6位、箱根も急遽任された5区を8位できっちりとまとめました。最終学年でもその力を存分に発揮して欲しいところ。続くのは小泉、柏部、井上、赤松、高山といった箱根経験者たちですね。5人共5000mや1万mの持ちタイムは物足りないですが、これは神奈川大が記録会に消極的だからこそ・・・赤松、井上、小泉、高山はいずれも箱根で区間10位前後で走った経験がありますし、柏部は先日の学生ハーフで63分34秒の好タイムをマークするなど、力はあります。前回の箱根は赤松、柏部、6区予定だった菅原が走れなかったのが正直痛かったと思います。最後の箱根はどの選手も出場して欲しいですし、下級生が実力で4年生のポジションを脅かすようになれば、さらなるチーム力アップが期待できます。

 

3年生・・・1万m28分台を持ち、箱根2区を走った我那覇が柿原とともにチームを引っ張ります。箱根予選も7位と好走していますし、欠かせない戦力ですね。箱根予選では前年度のような走りを、それ以外では前年度以上の走りを見せて欲しいです。また、万全であれば箱根5区が予定されていた西山も爆発力ではエース級に劣るかもしれませんが、安定感はチームでもトップクラスです。箱根も1年は2区、2年は3区を任されて、いずれも区間10位前後できっちりとまとめていますしね。この二人が3年生では抜けています。となると、続く選手が出てきて欲しいところですね。候補は、箱根予選会に出場経験のある南、渡邉、全日本予選出場経験がありハーフ65分7秒を学生ハーフで出した永信あたりでしょうか。特に永信は5000m14分12秒とスピードのある選手ですし、長い距離に対応してくれば面白そう。。。選手層を厚くしていくためにも、新戦力の台頭が待たれます。

 

2年生・・・箱根を1年生ながら走った石橋、東の二人に期待したいところですが、いずれも箱根では区間20位とブレーキの走りになってしまっているんですよねー。箱根予選をチーム6番手で走っている東は特に楽しみな選手だと思っているのですが。。。箱根予選をチーム10番手で走っている中神も、今シーズンは箱根メンバー入りも十分にあり得ると思いますし、まずはこの3人が2年生を引っ張って行きたいところですね。3,4年生に比べると小粒感が否めないため、エース級へと成長していく選手も待たれるところです。

 

3大駅伝の出場権はまだ確保出来ていませんが、全日本予選は通過が有力と言ってもいいのではないでしょうか?恐らく最終組に入るであろう我那覇、柿原は強力ですし、西山も安定して力を発揮してくれるでしょう。他にも、1,2組であれば上位で走れそうな選手は揃っていますし、期待のルーキーもメンバーに入ってくる可能性は十分です。2年前はびっくりの予選通過でしたが、今回はきっちりと実力通りに突破してほしいです。箱根予選は突破はもちろん、上位通過を期待したいですし、今度こそ久しぶりの箱根シード権を確保して欲しいです。それだけの戦力は揃っていると思いますし、やはり4年生に選手が揃っていますからね。大暴れして欲しい注目している大学の一つです!!

 


PAGE TOP