2014年 金栗記念 結果雑感

2014年4月6日

本日、金栗記念が行われました。雨風が強かったこともあり、自己ベストを更新した選手は少なかったですが、それだけに結果を残した選手はそれだけ力があるということでしょう。大会結果はこのようになっております。(5組合わせての結果になります。)大学ごとに出場選手について見ていきたいと思います。

 

東洋大

田口 雅也 14:19.35

最終組だっただけに、自己ベスト更新が期待されましたが、ちょっと奮わなかったようですね。長い距離は安定して結果を残してはいますが、それに比べると5000mはやや物足りないかなあ?今シーズンの戦力を考えると、短い距離でも結果を残して欲しいところです。

 

駒澤大

中谷 圭佑 13:48.99
西山 雄介 14:21.38

 

中谷が13分48秒99という13秒もベストを更新する素晴らしい走りを見せました。このタイムは駒澤で村山についで2位、2年生ではトップ、大学全体でみても日本人10位という好タイムです。他に13分台を出した大学生がいないというコンディションの中、13分50秒を切ってくるのが凄いですね。力が無ければ出来ないことでしょう。社会人を含めても日本人2位でした。これは今後が楽しみな結果です。一方の西山は14分21秒とベストには程遠く、残念な結果となってしまいました。ちょっと中谷に比べると結果を残せていないだけに、ライバル同士切磋琢磨していって欲しいですね。

 

青学大

川崎 友輝 14:05.98
神野 大地 14:12.22
一色 恭志 14:19.40
小椋 裕介 14:28.37
山村 隼 14:47.87

 

川崎が自己ベストには届かないものの14分5秒と好走しました。昨シーズンは3大駅伝に出場出来ませんでしたからね、最終学年の今年は頑張って欲しいです。一方、もはやチームのエースとなった神野、一色はともに14分10秒台で物足りなかったかなあ?13分台は出して欲しかったような・・・小椋は14分20秒台、山村は14分40秒台とさらに残念な結果に。箱根を走った二人なだけに安定して結果を残して欲しいですね。

 

明治大

文元 慧 14:35.10

 

唯一明治で走った文元でしたが、14分35秒とこれまた物足りない結果に終わりました。駅伝では外さない選手ですが、記録会ではちょいちょいやらかすこともあるかなあ?明治の3大駅伝優勝には文元の活躍が欠かせないですね。

 

東海大

宮上 翔太 15:03.82

 

これは一体どうしてしまったんでしょう?宮上がまさかの15分オーバー・・・まだ万全じゃないのかなあ?でも、それならわざわざ走る意味も無いような。。。まだシーズン初戦ではありますがちょっと心配です。

 

神奈川大

柿原 聖哉 14:17.52
我那覇 和真 14:47.45

 

柿原が14分17秒で自己ベストを7秒更新してきました。1万m28分33秒の選手ですから、まだまだ5000mの記録も伸びると思いますが、ひとまずベストではしれたのは良かったのではないでしょうか?一方の我那覇は14分47秒と撃沈気味ですねえ。我那覇もちょっと走りにばらつきが大きいかなあ。。。

 

城西大

松村 元輝 14:27.03
村山 紘太 14:32.78
横田 良輔 14:34.67

 

松村、村山、横田と3人がともに14分30秒前後となんとも微妙な結果ですねえ。。。村山は中盤まではハイペースで走っていたようですが、その後の撃沈というのはよく見るパターンな気がします。ハイペースで押していける時と撃沈するときの差が激しすぎますよねー。。。1万mでチームトップ3がこのタイムというのは、ちょっと不安なシーズンの出だしという印象でした。

 

国士舘大

武藤 健太 14:20.08
浪岡 健吾 14:20.25
中村 大介 14:34.56
堀合 修平 14:58.22

 
武藤、浪岡そろって14分20秒という結果でした。シーズン開始としてはまずまずですかねえ?5000m,1万mともにチーム1,2位の二人なだけに今後徐々に調子をあげていってほしいと思います。トラックシーズンはなかなか存在感を見せられていないだけに、二人には期待したいですね。また、ハーフで好記録をマークした中村大ですが、14分34秒とここでは存在感を見せられず・・・堀合も15分近くかかってしまいました。

 

山梨学院大

佐藤 孝哉 14:06.40
上田 健太 14:22.10
河村 友樹 14:31.91

 

佐藤が14分6秒と10秒も自己ベストを更新しています。自己ベストを出した大学生が3人しかいない中、いい走りを見せてくれました。もちろん、1万m28分46秒のスピードがある選手ですから、このくらいは出してきてもおかしくないですが・・・上田、河村と大学初レースとなったルーキーは14分22秒、14分31秒と他大学の選手の結果を見ても、デビュー戦としてはまずまずといったところですかねえ。都大路優勝メンバーがどれだけルーキーから活躍していくか楽しみですね。

 


PAGE TOP