専修大学 ~2014年度戦力分析~

続いては、専修大学の2~4年生について見ていきます。2013年度は3年ぶりに箱根路に復帰、それも予選7位と増枠を使わないでの復帰に期待が高まりましたが、結果は21位と厳しい結果になりました。卒業生に主力が多く、在校生の成長が2年連続の箱根予選突破には欠かせない専修大学の持ちタイムは以下のようになっています。

 

順位 名前 学年 5千ベスト 1万ベスト ハーフ換算 出雲 全日本 箱根
1位 専修大学 斉藤 翔太 4年 14:09.48 29:03.14 01:03:29* 0回 0回 1回
2位 専修大学 中山 賢太 4年 14:27.98 29:19.44 01:05:04* 0回 0回 1回
3位 専修大学 駒井 滉平 4年 14:19.84 29:32.46 01:05:51 0回 0回 1回
4位 専修大学 吉良 充人 4年 14:24.29 29:39.89 01:03:45 0回 0回 1回
5位 専修大学 芝田 俊作 4年 14:27.77 29:47.14 01:03:50* 0回 0回 0回
6位 専修大学 渡邉 哲也 4年 14:32.77 29:56.42 01:04:55 0回 0回 0回
7位 専修大学 森 夏樹 3年 14:21.73 29:15.67 01:06:14 0回 0回 0回
8位 専修大学 上手 慶 3年 14:22.68 29:41.10 01:07:04* 0回 0回 0回
9位 専修大学 加藤 平 3年 14:24.65 29:42.42 01:04:30 0回 0回 0回
10位 専修大学 濱野 優太 2年 14:25.07 29:33.96 01:04:00* 0回 0回 1回
11位 専修大学 丸山 竜也 2年 14:27.87 29:40.95 01:04:23 0回 0回 0回
12位 専修大学 渡辺 瑠偉 2年 14:42.56 29:49.16 0回 0回 0回
13位 専修大学 坂本 竜平 2年 14:41.42 30:11.64 01:05:18 0回 0回 0回
14位 専修大学 秋山 隼人 2年 14:24.07 30:34.02 0回 0回 0回
15位 専修大学 山崎 泰弘 2年 14:49.19 0回 0回 0回
16位 専修大学 風岡 永吉 1年 14:20.30 0回 0回 0回

 

 

4年生・・・3部門全てでチームトップの持ちタイムを誇り、箱根予選でチームトップの成績を残し、箱根5区を任された斉藤が中心選手ですね。初の箱根こそ5区17位と苦戦しましたが、箱根予選で2年連続好走しているのは心強いです。稼ぐ役割が期待されます。続くのは箱根2区を走った吉良ですかね。箱根予選もチーム2番手でしたし、ハーフの持ちタイムもチーム2番手ですしね。続く選手は当然箱根予選チーム3位、ハーフ持ちタイム3位の芝田なのですが、箱根には出場出来なかったんですよねえ・・・関東インカレ2部ハーフで入賞した選手ですし、きっちりと箱根予選に合わせてきて欲しいです。他にも、箱根4区を走った駒井、6区を走った中山もおり、やはり4年生がチームを引っ張ることになりそうです。専修のような叩き上げのチームは、やはり学年が上がるほどに戦力となる選手が着実に増えていきますね。

 

3年生・・・箱根経験者がおらず、前回の箱根予選も誰一人走っていないというちょっと選手層の薄さが懸念される3年生ですが、加藤が学生ハーフで64分30秒をマークし、大事な戦力となってくれそうですし、1万mでは森が29分15秒と好タイムを有していますし、上手は3年生唯一の箱根予選経験者です。今年度の専修の選手層を考えても、3年生から最低二人は出てきて欲しいところですね。他にも、上級生になって伸びてきてくれる選手がいれば・・・鍵となる学年だと思っています。

 

2年生・・・箱根予選でチーム4位、箱根1区を任された濱野にやはり期待したいところですね。箱根予選での走りは全1年生の中で最もびっくりしました。続くのはハーフ64分23秒を持ち、箱根予選をチーム7位で走った丸山かなあ。最低でも昨年度並では走ってもらわないと、チームとしても厳しいですね。箱根予選をチーム最下位ながら走った坂本も今年度は戦力になってきてほしい選手です。後は1万m29分台を持つ渡辺にも期待したいところ。2年生には面白い選手が揃っていると思うんですよねー。4年生とともにチームを引っ張っていく学年となって欲しいですね。

 

3大駅伝出場権はまだ有しておらず、全日本予選会は前回13位という順位を見ても厳しいと言わざるを得ないでしょう。となると、やはり最大の目標は箱根予選会ということになります。次回の箱根出場枠は4枠減って9枠ですからねえ。出場できるかどうかはギリギリのところというのが正直な印象です。前回の箱根は1区から遅れて勝負にならなかったですからねえ。そのリベンジを果たすためにも、箱根予選をしっかりと突破してほしいと思います!!

 


PAGE TOP