順天堂大学 ~2013年度4年生特集~

続いては、順天堂大学の4年生を取り上げます。小澤、岩崎、狩野、宮澤、山下、小野、林の7人いますね。前後の学年が強かったことを考えると、意外と多いきが・・・3大駅伝経験者も5人いいます。しかし、3大駅伝に1度しか出場していないのが、5人中4人いるというのが、この学年が主力になりきれなかった現状を表しているような・・・それでは、1人ずつ見ていきたいと思います。

 

大学名 順位 名前 学年 出身高校 5千ベスト 1万ベスト ハーフベスト
順天堂大学 順天堂大学 1位 小澤 一真 4年 滋賀学園 14:05.05 28:54.92 01:05:08*
順天堂大学 順天堂大学 2位 岩崎 祐樹 4年 富里 14:05.91 29:30.15 01:04:49
順天堂大学 順天堂大学 3位 狩野 良太 4年 久我山 14:36.42 29:39.76 01:03:52
順天堂大学 順天堂大学 4位 宮澤 隼平 4年 埼玉栄 14:39.04 30:02.18 01:05:23
順天堂大学 順天堂大学 5位 山下 侑哉 4年 宇和 14:34.70 30:11.27 01:06:19
順天堂大学 順天堂大学 6位 小野 栄大 4年 作新学院 14:24.62 30:12.66
順天堂大学 順天堂大学 7位 林 優 4年 関西 14:32.42 30:28.49 01:06:06

 

小澤 一真・・・下級生の頃から戦力となっていったのは小澤くらいだったかなあ?全日本予選、箱根予選ともに1,2年で出場しています。箱根予選は1年時が163位、2年時が82位と決していい走りだったとは言いがたいですが、2年時の箱根で10区を任されて3位と好走を見せ、一躍評価が高まりました。3年生では、1万mで28分台を出すと、箱根では2区を任されて区間13位で走っています。4年生では怪我に悩まされたりもしますが、出雲5区5位、最後の箱根も2区を任されて区間14位と役割を果たしてくれました。やはり、4年生における実績はずば抜けていますね。

 

岩崎 祐樹・・・1年生から全日本予選、箱根予選に出場していますが、箱根予選は164位、全体でも8位という苦しい走りでチームも予選を突破できず・・・それでも、1万mの持ちタイムは29分35秒という好タイムで今後を期待させる1年でした。しかし、2年生の全日本予選で2組39位と大ブレーキとなってしまい、チームも全日本出場を逃すと、3年まで3大駅伝に出場することが出来ず、我慢の時を過ごします。4年生では、5000m14分5秒、1万m29分30秒とともに大学ベストを記録すると、出雲で3大駅伝デビューを果たします。結果は2区9位、これが3大駅伝における唯一の出場となりました。持ちタイムなどを見ても、もう少し3大駅伝に出場していても良かった選手だとは思うんですけどねえ。。。

 

狩野 良太・・・1年生から全日本予選、箱根予選に出場しています。結果は1組35位、全体180位という厳しい成績ではありましたが・・・その後は、3大駅伝も予選会も4年生から出番がありませんでした。5000mは結局高校ベストを更新出来ず・・・1万mは2年生で29分39秒を記録していますね。ハーフは3年生で63分52秒という記録を出しており、決して悪くは無い持ちタイムなんですけどねー。。。唯一の3大駅伝出場となったのは、4年生の全日本、主力が走れなかったこともあり主要区間の4区を任されますが結果は16位という厳しすぎる結果になりました。さすがに荷がおもすぎましたかねえ・・・?最後の箱根も残念ながら出場出来ず・・・実績やタイムを見ると、岩崎と狩野は非常に似通っていますねえ。。。

 

宮澤 隼平・・・1万mのベストは2年生で出した30分2秒、ハーフベストも2年生で65分23秒で走っています。現時点でもチーム11番目のタイムですし、ずっとトップ10に入っていたタイムだったんですけどねー。やはり上級生、下級生ともに主力が複数いる学年だったこともあり、出番はなかなか回ってこず、4年間3大駅伝・全日本・箱根予選会のいずれも走ることは叶いませんでした。

 

山下 侑哉・・・4年生で5000m14分34秒、1万m30分11秒の大学ベストを更新しています。しかし、ハーフは3年生の時に出した66分19秒であり、ちょっと3大駅伝出場は厳しいかなと思っていました。それが、西郷が故障をしたこともあり、最初で最後の3大駅伝で箱根5区という最重要区間を任されることに・・・結果は区間21位という成績に終わりましたが、これはある意味しょうがないですよねー。当初は控えだったかもしれませんが、結果的に箱根駅伝を、それも5区を走れたというのは本人にとってもいい経験となったのではないでしょうか。

 

小野 栄大・・・5000mは3年生の時に14分24秒を出し、チームトップ10にも入っていた選手です。現在でも11番目ですしね。1万mも30分12秒というタイムを持っていますが、ハーフは少なくとも69分以内では走っていないかと思います。(私のデータベースには5000m16分切り、1万m33分切り、ハーフ69分きりしか登録しておりません。)そんな持ちタイム、実績を考えると、3大駅伝・予選会のいずれも走ることが叶わなかったのもしょうがないですかねえ。。。5000mだけチームトップ10ではなかなか難しいです。

 

林 優・・・ハーフは3年生で出した66分6秒、5000m、1万mのベストは4年生で出しており、それぞれ14分32秒、30分28秒というタイムです。山下同様、3大駅伝出場は厳しいかと思いましたが、3大駅伝唯一の出場が4年生の箱根、それも6区という特殊区間を任されました。6区は持ちタイムがそこまで順位に反映されないこともあり、適性が高いのかと期待しましたが、結果は山下と同様区間21位、5,6区でともに区間ブービーだったのは痛かったですが、持ちタイムを見てもやはり厳しかったですよねー。

 

2年連続箱根2区を走った小澤の穴は大きいですが、新入生は5000m13分台を持つ花澤を始め、即戦力候補が何人か入りますし、箱根を走れなかった西郷や万全ではなかった松枝などがきっちりと戻ってくるだけでも、穴はきっちりと埋めれるでしょうし、現有戦力の底上げも進んでいるようなので、大幅に戦力アップも期待出来そうです。箱根予選は戦力的には問題無いでしょうが、予選会を苦手としているのが気になるところです。。。何が何でも箱根予選を突破し、本戦ではまたシード校に返り咲いて欲しいです。

 


PAGE TOP