中央学院大学 ~2013年度4年生特集~

続いては、中央学院大学の4年生を取り上げます。岡本、田中、沼田、大蔵、鈴木、谷口の6人となります。1年生から活躍を続けていた選手は少ないかなあ?また、持ちタイムの良かった沖田、霜田が退部、宮田がマネージャー兼任となったりもしましたねー。それでも、岡本、田中、沼田といった選手はしっかりと活躍をしてくれたと思います。それでは、1人ずつ見ていきたいと思います。

 

大学名 順位 名前 学年 出身高校 5千ベスト 1万ベスト ハーフベスト
中央学院大学 中央学院大学 1位 岡本 雄大 4年 岡山工業 13:53.46 28:42.29 01:03:50*
中央学院大学 中央学院大学 2位 田中 瑞穂 4年 兵庫県立西宮 14:32.64 28:48.24 01:03:26
中央学院大学 中央学院大学 3位 沼田 大貴 4年 日立工業 14:28.33 29:27.69 01:03:49
中央学院大学 中央学院大学 4位 大蔵 孝典 4年 佐久長聖 14:42.64 29:52.43 01:05:47
中央学院大学 中央学院大学 5位 鈴木 宏弥 4年 武蔵越生 14:44.45 30:00.03 01:05:10
中央学院大学 中央学院大学 6位 谷口 真一 4年 14:37.14 30:07.52 01:05:33*

 

岡本 雄大・・・2年生の時に初めて箱根に出場し、6区9位という結果を残しています。この時には、まだ他に実績もなく、6区のスペシャリストになるのかな?という印象でした。その後、3年生になると、箱根予選ではチーム4位ながら全体で24位に入り、再度任された箱根6区でも区間6位と好走、高校時代14分50秒台の持ちタイムだったことを考えると十分な成長ぶりでした。しかし、そこからさらに成長を遂げたんが岡本の凄いところ、4年生になると、1万mで28分42秒と好タイムを出し、さらに5000mでは13分台を2回叩き出し、関東インカレ2部5000mで2位と好走しました。すると、出雲では4区で区間新記録を樹立、全日本で1区9位、箱根では2区を任されて区間15位という結果を残しました。絶好調だったトラックシーズンとは違い、駅伝シーズンでは万全とは言いがたい状況だったのが悔やまれますが、エースとして主要区間を任されるまでになりました。

 

田中 瑞穂・・・1年生にして箱根予選で26位という素晴らしい走りを見せました。さらに、箱根では最重要区間である5区を任されて10位といきなり結果を残しています。4年生の中で最も早く頭角を現した選手と言っていいでしょう。しかし、2年生では箱根予選で141位、チーム10番手と苦戦してしまう結果に。。。それでも、箱根では5区を2年連続で10位で走っています。3年生では、箱根予選こそ21位と好走をしますが、3年連続で任された5区では区間14位と順位を落としてしまう結果に・・・ちょっと安定感が無い印象だったかなあ?その後、ハーフで63分26秒までベストを更新すると、4年生では1万mで28分台に突入し、出雲6区8位、全日本8区7位といずれも最長区間を任されるほどになりました。箱根では5区ではなく9区を任されて区間12位、決して悪い順位では無かったですが、山から下ろすほどだったのかなあ・・・

 

沼田 大貴・・・箱根には2年生から出場し、7区10位といきなり結果を残し、翌年の箱根では4区3位とさらなる快走を見せました。3年生で1万mのベストは30分きりがギリギリ、4年制でも29分30秒を切るのがやっとでしたし、決して持ちタイムがいいとは言えない選手でしたが、最後の箱根でも8区3位と箱根で外すことがない貴重な選手でしたね。4年生でハーフも63分49秒まで伸ばしていますが、それだけの力はもっと前からあったように思えます。高校時代は5000m15分台の選手だったのですが、いい選手に育ってくれました。

 

大蔵 孝典・・・1万mのベストは29分52秒、ハーフは65分47秒というタイムを持っています。いずれも3年生の記録であり、4年生でもう一伸びあれば、3大駅伝出場も見えてきたかもしれませんが、3大駅伝、全日本・箱根予選会ともに出場することは叶いませんでした。徐々に層が厚くなってきたチーム状況を考えると、持ちタイムを見てもちょっと物足りない印象でしたかねえ・・

 

鈴木 宏弥・・・高校時代は5000mで15分台の選手であり、1万m30分ジャスト、ハーフ65分10秒のベストはいずれも3年生の時に記録したものです。さらに、唯一となる箱根予選にも出場していますが、ここで218位、チームでも最下位となってしまったのが痛かったですねえ。。。この走りが、大学で唯一の予選会、3大駅伝出場となってしまいました。やはり、今の中央学院では、1万m29分30秒、ハーフで64分30秒は切っていないと厳しい感じかなあ?もちろん、持ちタイムが全てでは無いですが、1万m,ハーフは比較的出場している大学ですからねー。

 

谷口 真一・・・5000mは高校ベストである14分37秒を更新できず・・・それでも、2年生で箱根予選を走り、全体113位、チームでも7位というタイムで走っているんですよねー。それで、箱根を走れなかったのが残念だったかなあ。。。箱根予選でチーム10番手に入れても、他に実績が無いとなかなかそのまま箱根に出場というのは難しいですよね。1万mも4年生でベストを出しますが、30分7秒という結果でした。

 

下級生から出てきた選手もいますが、4年生で一層成長をしてきた選手が光りますね。岡本、田中、沼田はいずれも貴重な戦力となってくれました。即戦力の選手が入りにくいだけに、余計に育成力がキラリと光ります。この3人の卒業の穴は大きそうですねえ。新入生も、5000mでギリギリトップ10に入る選手が1人だけですし、得意の育成力に期待したいところですね!

 


PAGE TOP