東京農業大学 ~2013年度4年生特集~

続いては、東京農業大学の4年生を取り上げます。三輪、津野、山本、佐藤達の4人となります。どの選手も4年間順調だったとは言えなかったかもしれませんが、持ちタイムもいいですし、チームに貢献してくれた選手たちばかりだと思います。それでは、1人ずつ見ていきたいと思います。

大学名 順位 名前 学年 出身高校 5千ベスト 1万ベスト ハーフベスト
東京農業大学 東京農業大学 1位 三輪 晋大朗 4年 島田 13:57.44 28:38.12 01:03:47*
東京農業大学 東京農業大学 2位 津野 浩大 4年 高知農業 13:59.69 28:52.16 01:03:00*
東京農業大学 東京農業大学 3位 山本 和樹 4年 中京 14:24.87 29:25.42 01:03:34
東京農業大学 東京農業大学 4位 佐藤 達也 4年 一関学院 13:43.72 29:26.46 01:03:47

 

三輪 晋大朗・・・下級生の頃は決して目立った存在ではなかったんですよね。箱根予選は2年生で69位、チーム6位で走っていますが、箱根には出場出来ませんでしたし・・・3年生では箱根予選で112位、チームでも7位と逆に順位は落としてしまいます。それでも、初の箱根で6区を走り、13位という結果を残しています。急成長を遂げたのは最終学年の駅伝シーズンに入ってからでした。10月に入り、箱根予選でチーム6位ながら34位に入ると、さらに5000mでは13分台に突入、11月には1万m28分台に突入すると、その1週間後には28分38秒台までタイムを伸ばしてきました。面白いように自己ベストを大幅に更新してきましたね。箱根では満を持して5区を任されると、区間4位、79分56秒という好タイムで山を駆け上りました。卒業後の競技継続予定は無いとのことでしたが、4年生での活躍を見ると、もったいない気がしますねえ。。。

 

津野 浩大・・・1年時では急遽箱根5区を任されて区間17位とほろ苦いデビューとなりました。2年生では、箱根予選を144位、チーム10位で何とか走ると2年時の箱根5区で悪夢が・・・エントリー締切後に体調不良となってしまい、区間新を出した柏原から実に30分10秒も遅れる悲劇が。。。どうしても津野というとこの出来事が思い出されてしまいますね。。。3年生では怪我に苦しみ、箱根予選・箱根ともに走ることが出来ず・・・このまま4年生も厳しいのかなあと思いきや、1万mで28分台に突入し、ベストを更新するとその後は一転し、箱根予選会はチーム2位、全体でも11位の素晴らしい走りでトップ通過に貢献、5000mでも13分台突入と一気にタイムを伸ばしてきました。最後の箱根はエース区間の2区を任されますが、1区で大きく出遅れた展開も痛く、区間13位という結果でした。それでも、2年生の悔しさを抱えたままではなく、最後に箱根を、それも2区を走って卒業となったのは本人にとっても良かったでしょうし、見ている側からも勇気をもらえる走りでした。

 

山本 和樹・・・2年生で全日本予選1組に登場すると、箱根出場は逃すもハーフで大学ベストとなる63分34秒をマークし、一躍期待の選手となります。3年生では箱根予選を92位、チーム6位で走りますがまたしても箱根を走ることは出来ず・・・それでも、5000mで14分24秒、1万mで29分25秒と大学ベストをいずれも3年生で記録しています。その後はずっと怪我に苦しみ、さすがに箱根出場は厳しいと思ったのですが、最初で最後の箱根に10区で登場、結果は区間20位と奮いませんでしたが、最後に箱根を走ることが出来ました。走れるかなあと思った3年生では走れず、ほとんどレースで名前を聞かなかった4年生でギリギリ滑り込んだのも不思議なものですね。。。

 

佐藤 達也・・・1,2年生でともに全日本予選1組に登場すると、初の箱根予選となった2年時は総合261位、チーム12位と散々な成績に。。。それでも、箱根6区を任されると区間2位という素晴らしい走りを見せてくれました。同級生の津野が5区で苦しんだだけに、この走りにはチームとしての意地を感じました。3年生でも箱根7区を走って区間10位、比較的安定感の無い選手が多かった東農大の中で、数少ない安定した選手という印象を受けました。しかし、4年生では箱根予選こそ48位、チーム7位で走りますが、シード獲得に向けて最も大事であった箱根1区でハイペースに早々に遅れてしまうと、トップと5分23秒という大差をつけられ、シード権が早くも絶望的になってしまいました。他の大会、区間では結果を残していただけに、シードが狙えた戦力だった4年生の箱根は余計に悔しさの残るものとなってしまいました。。。

 

4人とも最終学年で箱根に出場し、1,2,5,10区と重用区間・23km区間を任されているんですよねー。足並みが揃わないこともありましたが、最後には最終学年の意地を見せてくれた学年だったと思います。それだけに、4年生卒業の穴は大きいですよねー。来年度の新入生もちょっと即戦力は見当たらなそうですし、今後も箱根で戦っていくためには、大学のバックアップがもっと必要かなあと思います。

 


PAGE TOP