東海大学 ~2013年度4年生特集~

続いては、東海大学の4年生を取り上げます。元村、上原、末永、岡の4人と少ないですね。1学年上には村澤、早川のダブルエース、下級生はエース級は少なくとも選手層が分厚く、下級生から目立っていたのは元村くらいでしたねー。それでは、1人ずつ見ていきたいと思います。

 

大学名 順位 名前 学年 5千ベスト 1万ベスト ハーフベスト
東海大学 東海大学 1位 元村 大地 4年 13:53.19 29:04.91 01:03:14
東海大学 東海大学 2位 上原 将平 4年 14:35.83 29:33.09 01:04:17*
東海大学 東海大学 3位 末永 昴暉 4年 14:14.93 30:00.54 01:06:47
東海大学 東海大学 4位 岡 豊 4年 15:48.35 30:35.39 01:05:30*

 

元村 大地・・・1年生の全日本予選で、いきなり3組1位だったのに、びっくりしました。箱根予選もチーム4位の総合51位と結果を残し、箱根でも3区3位と素晴らしい活躍をした1年でしたねー。しかし、今になって思えば1年生の時が最も活躍していたかもしれません。。。2年生では、全日本4区7位、箱根ではハイペースとなった1区を任されて11位という結果でした。ちょっと物足りない結果だったかなあ。。。3年生では持ちタイム5000m13分台、ハーフ63分14秒を出すも、箱根予選はチーム2位ながら全体59位、予選落ちという苦しい1年となりました。最終学年では、1万mを29分4秒まで伸ばし、故障明けながら箱根予選72位、箱根でも2区を任されましたが区間17位と結果を残せず、チームもシード落ちとなってしまいました。それでも、下級生からずっとチームに貢献し続けてきた頼れる選手でした。

 

上原 将平・・・1年時にハーフで64分32秒という好タイムを出してはいましたが後が続かず、3年生から戦力となってきた選手ですかねえ。。。1万mベストの29分33秒も3年で出していますが、箱根予選は176位という厳しい結果になりました。それでも、4年生では箱根予選会でチーム8位ながら全体で70位、箱根本戦でも7区12位と主将としての結果を残してくれたと思います。箱根予選での締めのコメントもしっかりしていましたし、まとめ役として適していたんでしょうかねえ。最後に走りでも貢献することが出来て良かったです。

 

末永 昴暉・・・高校時代の持ちタイムはチームトップの14分14秒の選手であり、活躍が期待されたのですが、度重なる怪我に悩まされ続け、結局5000mのベストは更新することが出来ず、1万mも30分ジャスト、ハーフでは4年生で出した66分47秒が大学ベストということになりました。いくら持ちタイムが良くても、怪我をしてしまうとどうしようもないですよね。。。大学4年間で3大駅伝はおろか、予選会にも出場することなく、卒業という結果になってしまいました。。。

 

岡 豊・・・高校時代は15分台の持ちタイムであり、出てきたのは3年生になってからですが、それでも全日本では6区18位と地方勢にも負ける苦しい走りとなってしまい、箱根予選もチーム6位ながら126位という結果に終わっています。その後、学生ハーフで65分36秒を出し、4年生になってからは、1万mも30分35秒まで伸ばして前年の借りを返したいところでしたが、ルーキーの台頭もあり、箱根予選、箱根本戦ともに走ることは出来ませんでした。それでも、3年時に3大駅伝と箱根予選会を経験出来たのは良かったと思います。

 

やはり、苦労した学年という印象はありますねえ。元村こそ、1年時は大活躍でしたが、その後は徐々に存在感が薄れていってしまったかなあ。。。それだけ、村澤、早川の存在は大きかったですし、下級生も2年生に白吉、宮上、1年生に廣田、石橋、土屋とどんどん出てきましたからねえ。。。ただ、4年生では二人が箱根に出場していますし、若いチームをしっかりとまとめていってくれた学年だったと思います。来年も川端、春日といった即戦力候補が入り、さらにチーム力もアップするでしょうから、そろそろ駅伝でも結果を残していきたいですね。

 


PAGE TOP