2013年度犬山ハーフ、鹿島祐徳ロードレース 結果雑感

2014年3月8日

先日、犬山ハーフと鹿島祐徳ロードレースが行われました。それぞれ上位8人がわかっているので、大学生を中心に雑感を述べたいと思います。まずは犬山ハーフから・・・

 

優勝:其田(駒澤2年) 63:44 高校時代は5000m持ちタイム世代最速ながら、なかなか出番のなかった其田ですが、2年生になってハーフで好走を続け、ハーフ63分台は3度目になります。箱根も10区2位という好成績を残していますし、今回も見事に優勝を飾りました。箱根では来シーズンも欠かせない戦力になるでしょうが、出雲・全日本でもメンバーに入ってくるようだと心強いですね。

 

準優勝:二岡(駒澤2年) 63:50 其田と優勝を争ったのは同じ駒澤2年の二岡でした。高校時代の実績はあまりありませんが、今シーズンに入って急成長を遂げ、上尾ハーフで64分1桁、今回其田には敗れたものの、63分台に突入と着実に成長を見せていますね。このままいけば、箱根でも十分に戦力として期待出来そうです。後はスピードにも磨きをかけていきたいところでしょうか?

 

8位:小山(駒澤2年) 65:17 其田、二岡には遅れをとりましたが、駒澤の2年トリオが揃って入賞を果たしました。ここに馬場を加えた2年生の成長は著しいですね。タイムは二人に比べれば劣りますが、自己ベストを1分以上更新してきています。ちょっと他の3人にはまだ及ばない印象ではありますが、5000m14分1桁のスピードもありますし、小山がメンバー争いに加わってくるようですと、選手層も厚くなるのではないでしょうか。

 

続いては鹿島祐徳ロードレースについて・・・

 

優勝 田口(東洋3年) 63分5秒 なんと、前日に福岡クロカンを走っていた田口が翌日にハーフに出場し、優勝するというタフぶりを見せました。タイムも自己ベストに5秒と迫る好タイムでどんどん強くなっていますねえ。服部勇馬とともに来シーズンもチームを引っ張ることでしょう。さらなる活躍が楽しみです。ただ、観戦に行かれた方の話では故障したという情報もあり、ちょっと来シーズンに向けて気になるところです。軽ければいいのですが。。。

 

準優勝 竹澤(住友電工) 63分24秒 DeNAへの移籍を断った竹澤ですが、またレースにも色々と出るようになりましたね。田口には遅れをとったものの、まずまずといったところでしょうか?学生時代にオリンピックに出場した逸材ですが、ここ最近はちょっと精細を欠いていただけに、またかつての輝きを取り戻してほしいと思います。

 

3位: 高松(日大3年) 65分19秒 箱根10区で4位と好走したのが記憶にあたらしい高松ですが、今回も3位と表彰台に入ってきました。徐々に安定感も増してきたでしょうか?高松が中堅どころとして箱根のような走りを安定して見せられるようになると、チームとしても非常に心強いですからね。最終学年となる来年度も活躍を期待したいと思います。

 

その他学生では、明治の射場が66分50秒で5位、國學院の小園が67分7秒で6位、明治の江頭裕が67分27秒で7位、東洋の上村も同タイムで8位となっております。明治もこの二人が戦力になってきてくれると、チームとしても層が厚くなるんですけどね。勝負の年となる来年度ですが、ちょっとメンバーが固定化されているのが気になります。また、箱根9区で好走した東洋の上村は苦しい走りに・・・エース格以外はまだ安定感に欠けるのかなあ?箱根に合わせる調整力は凄まじいものがありますけどね。。。

 


PAGE TOP