2013年度神奈川ハーフ結果雑感

2014年3月8日

2月3日に神奈川ハーフも行われましたので、その結果について雑感を述べたいと思います。結果は現時点ではrunnetで確認することが可能です。グロスとネットという2種類のタイムがありますが、スタートのピストルが鳴ってからゴールまでのタイムがグロス、スタートラインを通過してからゴールまでのタイムがネットとなります。大きな都市マラソンとなりますと、スタートラインまで10分とか普通にかかりますからね。ハーフの持ちタイムとして、公式に認められるのはグロスとなります。市民ランナーはネットのタイムを自己ベストとするのが普通かと思いますが。。。runnetには大学名は載っておらず、全員分の感想無理かと思います&間違っている選手がいたらすみません。

 

駒澤:主力は走らなかったのですが、2年の近藤、1年の中村佳樹、古林がいずれも65分台、徐々にタイムを伸ばしているので、今後が楽しみですね♪上級生になる頃には駅伝メンバーに入ってくるかもしれません。

 

早稲田:来年こそメンバーに入ってきて欲しい臼田稔、三井が64分53秒、66分25秒と揃って微妙な結果に・・・特に臼田は1年の頃から箱根16人に入ってきて期待されているのですが、なかなか安定しませんねえ。余程頑張らないと、最上級生となる来年も出番がないかも・・・

 

青山学院:一色が63分1秒とさすがの走りで優勝しました。一色の走力を考えたら、丸亀ハーフでも良かった気がするんですけどねー。もっとタイムが出たでしょうし・・・他にも箱根4区を走った山村が63分38秒で4位、渡邊心が63分56秒で5位とトップ5に3人が入ってきました。ハーフで結果を残す選手がどんどん増えてきましたね。ますます今後が楽しみです。

 

東海:小笠原の65分9秒、20位が最高とちょっと奮いませんでしたね。箱根8区を走った今井も65分18秒でしたし、石川、油井といった来年度に戦力として期待される選手に至っては68分前後という結果に・・・学生ハーフにはきっちりと合わせてきて欲しいです。

 

東京農業:主力の選手は出ていませんでしたが、ルーキーの木山、矢口の二人が65分台で走ってくれたのは収穫ではないでしょうか?ココらへんの選手が箱根予選会を走れるくらい走力をあげてきてくれると、チームとしても心強いですしね。

 

順天堂:箱根10区を走った聞谷が64分37秒で8位となかなかの走りを見せました。1年ながらハーフの距離にはしっかりと対応出来ていますし、来年度も活躍が期待されます。ただ、他に66分きりがいなかったのはちょっと寂しい結果ですねえ。もっとハーフのレースに出場してきてもいい気がするんですけどね。

 

國學院:稲毛が64分8秒の6位で走ったのは収穫ですね。箱根は走れませんでしたが、来年度はきっちりとメンバーに入ってくることでしょう。他にも64分台に牛山、高橋、中瀬が入ってきて、他の大学と比べてもなかなかいい結果だったのでは?層も徐々に厚くなってきましたし、後はどうしても新エースの誕生が待たれますね。

 

城西:2年の西岡が65分3秒とまずまずのタイムで走ったのが収穫かな?ただ、来年は戦力になってきて欲しい杵島啓太、舟生、室井といった面々が結果を出せなかったのは不安ですね。選手層が年々薄くなっている印象があります。。。

 

上武:箱根予選、箱根を走れなかった主将の佐々木が64分35秒の7位で走り、完全復活と言っていいのではないでしょうか?選手層が薄い上武にとってこれは朗報ですね。しかし、1万mの持ちタイムでチーム上位の田林は66分40秒・・・そろそろ戦力となってきて欲しい選手なのですが、まだまだかなあ?

 

専修:丸亀同様にかなり多くの選手が出場しましたが、64分台は渡邉哲がギリギリでだけでしたし、65分台も1年の松井と2年の野崎のみ・・・まだまだ底上げが必要なようですねえ。今年度の卒業生の穴は非常に大きいだけに、各選手の底上げで少しでも埋めていって欲しいです。

 

国士舘:中村大が63分20秒で2位に入ったのが最もびっくりしました。去年の上尾ハーフでの67分47秒が自己ベストだったはずなので、一気に4分27秒も縮めたことに・・・ここにきて急激に伸びてきたのでしょうか?これは楽しみな選手が出てきました。ただ、ある程度中堅どころが出場下中で、次は小田部がギリギリ66分きりとまだまだ選手層が薄いのには変わりませんですし、もっともっといい意味でサプライズを見せてくれる選手が出てきて欲しいです。

 

山梨学院:箱根では8区で微妙だった前田拓が63分26秒で3位と好走しました。来年度の箱根は安心して任せられるようになって欲しいです。他には谷原が65分27秒、箱根6区を走った桃澤が65分57秒で走っていますがいずれももう少しタイムを出して欲しかったかな?来年度はメンバー争いが熾烈になりそうです。

 


PAGE TOP