2013年度 都道府県対抗駅伝 ~大学別新入生分析~

2014年3月8日

入賞した都道府県を振り返ったところで、出場した高校生を進学予定の大学別に振り返ったみたいと思います。数が多いので、個人的に注目した選手だけになってしまうかと思います・・・さらに、しっかりと精査していないので、間違いなどあったら申し訳ないです。

 

東洋:1区区間賞の福岡の堀、5区5位の埼玉の竹下の二人が強力ですね。今年のスカウトは例年と比べるとやや小粒かと思っていましたが、とんでもありませんでした。さらに1区12位の長野の高森も入りますし、まだまだ東洋は優勝候補となして名を連ねることになりそうです。特に堀は都大路で4区2位、都道府県対抗で1区区間賞と両大会で結果を残している数少ない選手で、こういう選手は大学でも伸びるイメージがあります。

 

駒澤:5区2位の福島の高本がやはり力を見せました。都大路1区5位に続いての好走で、駒澤でも1年から3大駅伝デビューの可能性は十分にありそうです。他、1区を走った昆、紺野、西崎はいずれも微妙な結果に・・・優勝した長野4区の藤木も区間22位と足を引っ張る結果になりましたし、ちょっと厳しそうですねえ。。。埼玉4区7位の小黒はまずまずですが、最短区間ですからねえ・・・高本以外にめぼしい選手は見つからず、駒澤としてはちょっと不安の残る結果になったかなあ?他にも、都大路4区区間賞の川戸はいますけどねー。

 

日体:個人的に期待していた青森の4区柿本は30位と厳しい結果に。。。福岡5区で走った吉田が9位と意地を見せましたが、あまり収穫があるとは言えない結果だったかなあ・・・それでも、今シーズンのスカウトは高校トップクラスはいなくても、14分20秒前後の選手を大量に獲得していますし、1万mで既に実績のある選手も複数います。4年生の穴を埋めるのは大変でしょうが、非常に楽しみな学年だと思います。

 

早稲田:期待のルーキー3人、光延、安井、藤原がそろって1区に集まり注目されましたが、光延が何とか8位に入ったものの、安井は前半引っ張った影響か20位、藤原に至っては39位と散々な結果になってしまいました。3人ともインターハイで結果を出すなど、楽しみな選手ばかりだったのですが、都道府県対抗はちょっと微妙でしたね。それでも、力のある選手に変わりは無いですし、早稲田でさらに伸びていって欲しいです。

 

青山学院:都大路でも1区で上位に入った大阪の中村が1区7位と結果を残しました。層の厚い青学ではありますが、ルーキーから駅伝メンバーに食い込んでいける力はありそうです。他には、4区とはいえ近藤が区間2位の好走を見せました。ここ数年、スカウトに勢いのある青学ですが、今年はそれほどでもないのかなあ?まあ、既に粒ぞろいのチームですけどね。。。

 

明治:今季のスカウトはやや厳しい印象の明治、区間一桁は岐阜4区の渡邊の3位だけでした。とはいえ1区を走った末次、皆浦、5区を走った森、川野、喜多と1,5区を走った選手が多く、いずれも真ん中より上では走っているんですよねー。5000mの持ちタイムも14分20秒台が多く、即戦力は厳しいかもしれませんが、層の厚い学年になるかもしれません。

 

日大:新入生は5区44位だった新関涼だけかなあ・・・?シードを取ったとはいえ、スカウトはまだまだ厳しい状況が続きますね。現3年生が卒業したらどうなってしまうのかという現状です。何とか今の選手を育成しつつ、スカウトも回復させていきたいですね。

 

帝京:元々スカウトがよくない帝京ですが、1区20位で走った岡山の渡辺は上出来だったのでは?とはいえ、元々育成力で勝負している帝京ですが、シードを獲得してもスカウトが良くならないのはちょっと残念な気が・・・2年連続シード獲得で少しでも改善してほしいところです。

 

拓殖:うーん、新入生で走った選手が見当たらないような・・・(汗)元々、15分オーバーの選手がかなりいますからねえ。。。そういう選手はまだ進路情報も出てこないですし、しょうがないかなあ(涙)今回のシード獲得を契機に、少しずつでも改善していきたいところです!

 

大東:4区17位の須田がまずまずといったところかなあ?やはり、大東もなかなか即戦力は入らないですよねー。これまた、市田兄弟のいる3年生が卒業したら一気に不安になりそうな予感が・・・そうなる前に、スカウトをもう少し高レベルで安定させたいところですねえ。。。

 

法政:4区26位の井口だけかなあ・・・?法政も西池世代のスカウトは良かったですが、他の世代は苦戦が続いていますねえ。。。とはいえ、持ちタイム上位でなくとも育成してきているのが、今の坪田監督ですし、育成→スカウト力アップとつなげていきたいところです。

 

中央学院:即戦力はなかなか入らないものの、中堅どころを多めに取ることが多い中学ですが、5区18位大阪の大森、22位の茨城細谷あたりは案外1年目から出てくるかもしれませんねえ。中央学院はどの学年も着実に戦力となる選手を育ててきますからねえ。誰が新入生の中から最初に出てくるのかが楽しみです。

 

東海:全大学中トップクラスの成績を残したのが東海ではないでしょうか?これで、3年連続のスカウト成功ということになりそうです。1区で3位の川端は都大路こそ出られなかったものの実力者ですし、安定感もあります。9位:新潟の小野は初めて名前を聞いた選手なのですが、持ちタイム14分51秒?でこのタイムは驚異的では?こういう選手は一気に伸びてくるかも・・・他にも、4区9位の廣瀬、優勝した長野の5区春日が区間6位など粒ぞろいです。前回予選落ち、今回シード落ちでこれだけのスカウトが出来るのは、両角監督の魅力なんですかねえ・・・?来年度こそ、箱根シードはもちろん、もっと上を狙って欲しい大学です。

 

東農大:うーん、東農大も新入生が見当たらないような・・・ちょっと今の1年と新入生のスカウトは悪すぎますよね(汗)一体どうしちゃったんだろう?と思うほどの悪さで、いくら育成してもこれだけ悪くてはなかなか箱根出場もままならなくなりそうな予感がします。。。大幅な改革が必要になってくるかもしれませんねえ・・・

 

中央:新入生は4区21位の大阪の細川だけかなあ?箱根での成績が悪くなるにしたがって、スカウトも悪くなってきているような・・・ちょっと負の連鎖にハマっている気がしますねえ。比較的、ブランド力がある大学かとは思っているのですが、この調子だと85回続いている連続出場もちょっと不安になってきます(汗) 現役も二人走って、3区最下位、7区最下位ですからね(汗) 7区永井はようやく走ったと思ったらこの結果・・・早急な復活が待たれます。

 

順天堂:1区10位の村島は3年生になって伸びてきた非常に面白い選手ですねー。1500m、3000m障害が得意という印象ですが、長い距離にも対応してきてくれれば、楽しみです。5区の栃木は22位、持ちタイムからすればもう少しいけた気もしますが、層の薄い順天堂であれば、1年目から戦力になることも期待したいですねえ。他にも13分台を持つ花澤が入りますし、新入生は非常に楽しみです。

 

國學院:埼玉1区の内田は優勝候補のプレッシャーがあったのか、27位に沈んでしまいました。力のある選手だとは思うのですが、まだ安定感は無さそうですねえ。。。その一方で素晴らしい走りを見せたのが5区の向、見事に区間賞を獲得しました。ここまで実績のある選手が國學院に入るのはここ最近ではなかったことです。これは非常に楽しみになってきました♪

 

神奈川:今シーズンのスカウトは好調と言われている神奈川、1区では愛媛の鈴木16位、神奈川の大川17位、高知の浅利41位と都大路と比べるとやや物足りない結果に終わりましたが、いずれもロードで安定しているのは心強いです。浅利はスタート直後に転んでしまったのでこの結果もしょうがないかなと思っています。他にも愛知の5区大野が15位とこの4人全員が即戦力となりうる可能性を秘めているのは非常に心強いですね。有力なルーキーの複数加入で上級生も奮起する相乗効果が生まれてくれればと思います。

 

城西:愛媛5区19位の菅が唯一の出場かなあ?結果はまずまずだと思いますが、人数の少なさが気になりますよねー。期待のルーキーが多かった現1年生も伸ばせていないですし、ちょっと不安が募る状況になっていますので、スカウトよりもまずは育成に力を入れるほうが大事になりそうです。前回の棄権以降、なかなかチーム状況が上がってきていないですし、このままでは次回の箱根予選も厳しい戦いが予想されますからね。

 

上武:例年スカウトに苦戦する上武ですが、今回は佐賀1区で14位の坂本、兵庫の5区3位の井上と非常に楽しみなスカウトとなりました。特に井上は即戦力となってもらわないと困る選手では?持ちタイムが14分30秒台の選手とは思えないですし、期待が膨らみます。

 

専修:鳥取1区5位の風岡の好走が光りますね!!専修もスカウトは良くない大学ですが、エースの集まった1区で5位の選手は楽しみですよねー。主力の4年生が大量に抜ける穴を少しでも埋めて欲しいです。1年目から即戦力として活躍が期待されますね。

 

国士舘:神奈川の4区9位の三田の走りは、最後まで諦めずにトップを争う走りが非常に好印象でした。チームをトップに押し上げる走りでしたしね。国士舘としては、来年以降は箱根出場が非常に厳しくなると思いますが、少しでもチームの起爆剤となれるように頑張って欲しいです。

 

山梨学院:都大路優勝メンバーに期待が集まりましたが、市谷は欠場、1区上田は13位、4区西山はまさかの37位と厳しい結果になりました。それでも5区河村が7位で走ったのは収穫だったかなあ。やはり、都大路の優勝メンバー5人がそのまま大学に入ってくるとなると、期待せずにはいられないですよねー。1年目から活躍してほしいですし、上級生も優勝メンバーに負けないように意地を見せて欲しいです!!

 


PAGE TOP