90回箱根駅伝 明治大学 ~区間配置予想&戦力分析~

続いては、前回は終盤まで3位につけるも、9,10区と連続ブレーキで7位に沈み、出雲も1区から出遅れて7位、その一方で全日本では1区から好位置につけると、特に5~8区の後半区間で盛り上げて3位、箱根では3位以内を狙う明治大学について・・・エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はこのようになっております。

 

4年:北魁道 石間涼 廣瀨大貴

3年:有村優樹 八木沢元樹 文元慧 大六野秀畝 松井智靖 前野貴行 山田速人

2年:横手健 牟田祐樹 木村慎 山田稜 小川誉高

1年:吉田楓

 

エントリーは順当ですね。監督も自信を持っているように、8~10番手の層の厚さは東洋についで大学でもトップクラスだと思います。後は、その戦力が上手く噛み合えば、3強にも食らいついていける戦力だと思うのですが・・・計算できる区間であった5区大江の穴は大きいですが、全員で埋めていきたいところですねえ。本当の勝負は次回かもしれませんが、勝負の年で勝てないことも多々あるのは今の箱根駅伝・・・だからこそ、今回結果を残していきたいところですね。そんな明治大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

 

文元-大六野-八木沢-木村-横手

廣瀬-松井-前野-有村-石間

 

 

 

うーん、予想していても誰を入れるかではなく、誰を外すかを悩まなくてはいけない数少ない大学ですね・・・1区は文元、これはほぼ間違いないでしょう。ハイペース、スローペースのどちらになっても冷静に対応出来る選手ですし、他の選手が1区では正直不安です。今回も上位でつないでくれることでしょう。前回のように1区2位でつないでくれたら最高ですが、そこまでいかなくても5位以内では繋ぎたいところですね。2区は大六野、これもほぼ間違いないでしょう。全日本8区ではエースらしい好走、監督の信頼も徐々に厚くなっているようですし、今度こそ積極的な走りを見せて欲しいところです。3区は八木沢にしました。過去2回走っている4区でももちろんいいのですが、全日本では2区を任されましたし、そろそろ主要区間を走ってもらいたい選手なんですよねー。下り基調で走りやすい3区はスピードタイプの選手が走ることも多いですし、そのスピードを箱根でも見せてほしいと思います。

 

4区は木村、全日本では見事な走りで7区区間賞、そんな選手を4区で使うのはもったいない気もしますが、今回は5区が未知数な分、4区までに出来る限り稼いでおきたいところでしょう。となると、駅伝で安定した結果を残している木村を使うのもありかなあと・・・4区であれば全日本同様、箱根でも区間賞を狙って行きたいところですね。5区は横手にしました。前に候補の1人というような話があったような・・・そして、8区を走っているというのが理由ですが、誰が走るにせよ大江の後というのはやりにくいでしょうねえ。。。5区に適性のある選手がいればいいのですが、そうでなければ走力のある選手を使うことになりそうです。

 

6区はもちろん廣瀬、前回区間記録まで数秒に迫っており、当然今回は更新も期待されますが・・・3年で好走して4年でさらに好走というケースはあまり無いような気もするんですよねえ。。。そこがちょっと気になるところですが、明治が最も稼げる区間ですし、最低でも区間賞は獲得しておきたいところですねー。7区は松井、前回脱水症状を起こしてしまった9区はさすがに無いかなあと・・・暑くなる区間も少し怖いということで、比較的走りやすい7区がいいのではと思いました。7区であれば区間上位で走って欲しいところです。8区は前野、実績は乏しいですが上尾ハーフで62分台で走りましたからねー。これで箱根に出られないということはさすがにないかなあと・・・出るのであれば繫ぎ区間のほうがいいと思い、8区に予想しました。上尾ハーフがまぐれではないということを見せて欲しいです。

 

9区は有村、暑さにあまり強くないようなので、9区は無いのかな?とも思ったのですが、復路のエース区間に有村が入ってくれたほうが、チームとしてもバランスが取れるんですよねー。前回走った松井を9区に予想しにくいというのもありますが・・・全日本では不本意な走りでしたが、本来であれば大六野とともにエースとしてチームを引っ張っていって欲しい選手です。箱根でもともに主要区間で好走を期待したいです。10区は石間、他にも北、山田速などがいいますが、最も安定して走れそうなのが石間かなあと思いました。まずまずの結果を残しているのに前々回の箱根以降、3大駅伝に出場できていないですからね。走れればその思いを最後の箱根にぶつけて欲しいです。

 

いやー、これでメンバーを組んでも、北、山田速、牟田といった13分台を持つ駅伝経験者を外しているわけですからねえ。この層の厚さは脅威ですね。シードはもちろん、3強崩しにも期待が集まります。順当にいけば4位となる戦力かなあと思っているのですが。。。優勝を狙うのであれば、常にトップが見える位置でレースを進めていきたいところですよね。山を上手く凌げてブレーキさえ無ければ、可能性もあるかなあ・・・最強世代が3年生となり、そろそろタイトルが欲しい明治大学、どんな走りを見せてくれるのか楽しみです!

 

皆さんの明治の区間配置予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

 


PAGE TOP