90回箱根駅伝 青山学院大学 ~区間配置予想&戦力分析~

続いては、前回の箱根は1区の出遅れ、出岐の不調もあって8位、今年は出雲5位、全日本は初シード獲得の6位と着々と結果を残している青山学院大学について・・・エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はこのようになっております。

 

4年:遠藤正人 石田駿介 井上尚樹 鈴木優人 竹内一輝

3年:高橋宗司 藤川拓也 三野貴史

2年:小椋裕介 橋本崚 山村隼 神野大地 村井駿 松島良太

1年:内田翼 一色恭志

 

恐らく、全大学で最も有力選手が漏れたのが青山学院大学でしょう。ベストメンバーであれば3強崩し候補の一つだと思っていましたが、久保田、秋山など期待の選手が外れたことで、シードはまず獲得するとは思いますが、かといって5位以内は厳しいような印象です。選手たちも主力が外れたと思われているのが悔しいでしょうから、今のメンバーでもここまでやれるというのを見せてほしいと思います。そんな青山学院の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

 

小椋-神野-藤川-遠藤-一色

山村-橋本-高橋-石田-鈴木

 

 

 

監督が箱根では上級生が頼りになるというような話をしていましたので、 上級生を多めに予想してみました。1区は小椋、正直小椋が1区以外で好走したのを見たことが無いですからね。。。出雲は2年連続1区でともに好走していますし、小椋が1区であればいい位置でつないでくれるのではと思います。前回は1区18位という厳しい出だしとなっただけに、区間一桁えつないでくれれば上出来でしょうか?2区は神野、監督も神野起用を明言していますし、今季も出雲6区、全日本2区とともにエース区間を任されて好走、久保田がいないこのチームのエースと呼んでいい存在です。箱根の2区はそれこそエース級が集まりますが、それでも神野には期待せずにはいられません!

 

3区は藤川、まだ長い距離での実績はなくやや不安な面もありますが、5000m,1万mの青学記録保持者ですしねえ。久保田がいない今の状況を考えると、3区を走ってもらいたいなあと・・・6区経験者ということで下り基調のコースもあっているかなと。2区終了時で大学エース級を擁する大学には遅れをとるでしょうから、上位を目指すには3区の走りが大事になってきそうです。4区は遠藤、前回は1区18位に沈みましたが、前々回は4区9位・・・4年生がここにきて頼もしいというような話を監督もしていましたし、4区ならしっかりと走ってくれるのではと。5000m、1万m、ハーフともに持ちタイムはチーム上位の選手ですしねえ。最後の箱根路で力を発揮してくれればと思います。5区は監督が一色を予定していると話していたのでそのまま・・・走力はルーキーながらチームでも上位に位置する選手ですし、これで山の適性も高ければ面白いかも!ただ、1年生で距離延長後の山を好走した選手はほとんどいません。実質東洋の柏原と早稲田の山本くらいかも。。。いくら一色と言えでも、山でいい走りを見せてくれるかは未知数のように思えます。

 

6区は山村にしました。本当は竹内かなと思ったのですが、またしても故障をしてしまって万全ではない可能性もあるという話ですし、万全でなければあの過酷な6区山下りは無理でしょう。前回走った藤川は結果も奮いませんでしたし、6区を走らせるのはもったいない・・・となると、下級生で適性のある選手がいればなあと思い、これまた根拠はないですが山村にしてみました。竹内が万全で走れればそれに越したことは無いですが・・・7区は橋本、全日本では4区以降苦しみましたが、その中で橋本は初の3大駅伝で6区5位とまずまずの走りを見せたんですよねー。となると、箱根デビューも十分あり得るのでは?走りやすいコースと言われる7区あたりでのデビューが無難ではないかと思いました。2年生は本当に粒ぞろいですねえ。。。

 

8区は前回区間賞をとった高橋で問題ないでしょう。ただ、全日本8区を始め今年度の走りを見ているとちょっと不安な面もありますが。。。前回はどうしても中央永井の幻の区間賞が気になりますし、本人も嫌でしょう。今度は正真正銘の区間賞を狙って欲しいところです。9区は石田、4年生になって伸びてきた選手ですし、高島平、全日本での好走を見ても主要区間もあり得るかなと思いました。とすると、復路のエース区間である9区あたりが合っているかなと。ハーフ換算タイムはエントリー16人中トップですしね。10区は同じく4年生の鈴木にしました。なんだかんだいって経験豊富な上級生のほうが、箱根では頼りになりますしねえ。鈴木も出雲で3大駅伝デビューしましたし、最初で最後の箱根でシード獲得、上位進出となる走りを見せて欲しいです。

 

 

主力、駅伝経験者が複数人漏れてもこれだけのメンバーが組めるのが青学の層の厚さを物語っていますしね。しかし、流れを変えられるような選手というのはちょっと見当たらないような気がします。いい位置でレースを進められれば問題無いですが、苦しい状況になった時にどうなるか?といったところですね。シード権確保は問題無いとは思いますが、監督も選手もそれでは満足しないでしょうし、来年度以降に繋げるためにも、ワクワクさせるような走りを期待したいと思います!

 

皆さんの青山学院の区間配置予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

 


PAGE TOP