90回箱根駅伝 法政大学 ~区間配置予想&戦力分析~

続いては、前回は5区関口の素晴らしい走りによって見事にシード権を獲得、今年は3大駅伝出場を決めるなど、順調にチーム強化を進めるも、全日本では12位と沈んだ法政大学について・・・エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はこのようになっております。

 

 

4年:田井慎一郎 高梨寛隆 松田憲彦 田子祐輝 脇坂曉史

3年:佐野拓馬 関口頌悟 西池和人 森永貴幸 岩崎瑛 黒山和嵩

2年:中村涼 藤井孝之 佐藤和仁

1年:足羽純実 坂田昌駿

 

 

エントリーは順調ですねえ。直近の上尾ハーフで好記録連発でファンとしても期待したいところでしょう。しかし、全日本の1区出遅れ以降、西池が大迫と競ったのが唯一の見せ場といっていいほど、その後は下位に沈んでしまったことも事実。。。1区が大事になってきそうです。関口は上尾ハーフで好走し、もう問題は無さそうかなあ?2年連続シード、8位以内を目指す法政大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

 

佐野-西池-田井-足羽-関口

田子-黒山-森永-松田-高梨

 

 

 

1、2区が非常に悩ましいところですね。どちらかは西池で確実でしょうが、もう一方を誰にするか・・・坪田監督のコメントを見ていると、佐野、西池、田井で1~3区を組みたいような話がありましたし、後は順番をどうするか・・・1区は上尾ハーフで62分台を出した 佐野にしてみました。正直、不安もあるのですが西池を1区にすると1区を好位置でつないでも、また2区で大きく順位を可能性が高いですし、1区がスローペースになった時のリスクの方が高いかなと判断しました。田井は全日本の1区を見ていると、ちょっと怖くて使えないかなあと。とすると、3大駅伝は未出場で不安も大きいですが、監督の評価も高い佐野に思い切って1区を託すのもありかなと思いました。1区でなければ2区は西池でしょう。ただ、他大のエースも揃いますから、果たしてどこまで戦えるか・・・2区ならば最低でも区間一桁、日本人上位を狙って欲しいです。

 

3区は田井にしました。持ちタイムの割に主要大会で結果を残せていないのが心配ではありますが、前回3区13位で走っていますし、今回も3区は主力級が集まりそうですが、それでも区間一桁で走って欲しいところです。田井の出来が大事になってきそうです。3区を終わって前回は16位でしたが、今回はもっといい位置でつないでいきたいところです。4区は足羽にしました。前回好走した黒山がいますが、今シーズンはいまいち調子が上がらないように思えるんですよねー。とすると、ルーキーで出雲・全日本となかなかの走りをしている足羽に託したほうがいいのではと思いました。5区にいい位置でつなぎたいところです。

 

5区はもちろん関口、これは鉄板でしょう。全日本の6区11位の時には不安になりましたが、上尾ハーフでは62分台と問題無いところを見せてくれました。前回は悪コンディションだったからこそ、あの順位だったなんて穿った見方もあるようですが、監督も言うようにそれは敗者の言い訳でしょう。コンディションよりも、前回よりはるかにプレッシャーの かかる状況で同じような走りが見せられるのかが大事になってきます。5区次第でシードが近づくか遠のくか決まる最重要区間ですからね。どんな走りを見せてくれるのか、楽しみです。

 

6区は田子、4本柱の一人として期待していたのですが、正直出雲・全日本ともに残念な結果となってしまいました。復路の主要区間も考えましたが、2年時に学連選抜で走った経験のある区間ですし、前回も復路で唯一区間一桁だった6区8位の品田の走りがシードには大きかったんですよね。田子が6区ならば、それ以上の順位を期待したいところです。7区は黒山、調子次第ではありますが、ここ最近を見ていると7区あたりの走り易いかつ重要度も増している7区でしっかりと走ってくれればと思いました。8区は森永、上尾ハーフで好走したことも評価が高いですが、全日本予選で2組7位と勝負のレースで結果を残している事のほうが魅力的かなと思います。繫ぎ区間の層の厚さは前回をはるかに上回りそうですね。

 

9区、10区は前回と同様に松田、高梨と予想しました。正直、前回は9区14位、10区16位と微妙な走りだったのですが、上尾ハーフではまずまずのタイムでまとめていましたし、同一区間経験者かつ最上級生が最後に控えていたほうがチームとしても安心かなと・・・二人共前回以上の走りは最低限見せて欲しいところです。特に松田は全日本8区でボロボロでしたからね。リベンジに期待したいところです!!

 

前回よりは選手層、エース力ともに上がっているように見えますし、前回シードが取れているのだから今回も・・・といきたいところですが、どうしても全日本の結果を見ていると不安を拭えないところがありますね。西池、関口以外は流れを変えるような走りは難しそうですし、どこかでブレーキがあるとずるずるといってしまうことも考えられるので、何とかシード圏内でレースを進めていき、関口で一気にシード権と差をつけ、復路は粘るというレースが理想だとは思います。坪田監督が来てからチームは見違えたように変わりましたし、今シーズンも目立つことが多くなりました。この1年の成長を、今回の箱根で見せて欲しいです!!

 

皆さんの法政の区間配置予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

 


PAGE TOP