2013年全日本大学駅伝結果考察 ~13位:帝京大学~

2014年3月8日

続いては、出雲では関東以外の大学に負けるなど散々な成績に終わり、その悪い流れそのままに、全日本でも関東最下位の13位となってしまった帝京大学について・・・大会結果はこのようになっております。オーダーを見た時点で順大についで絶望的な区間配置でしたね。。。駅伝未経験者が後半区間にずらっと並ぶ上にエースの蛯名が出雲に続いて欠場とは・・・シードはまず不可能という区間配置でした。前回の箱根で4位になった時には、来年は帝京がさらに躍進するのでは!?と大きな期待を寄せたものですが、今では箱根でシード大丈夫なのかなあ?くらいの期待度にまで下がってしまいました・・・

 

1区は高橋裕、出雲では唯一の区間1桁である5区9位だった選手、他大のメンバーと比較するとやや劣る印象だったため、何とか区間1桁でつないでくれればと思っていたのですが、まさかまさかの区間18位という大ブレーキとなってしまいました。トップとは実に3分11秒差・・・この後を暗示するかのような、そして帝京にとっては呪われているのではと思ってしまういつもどおりの1区出遅れでした。うーん、箱根で3区8位で走っている選手だけに期待していたのですが・・・箱根大丈夫かな?と思ってしまう結果でした。

 

2区は小山、最長区間ではなくエース区間に持ってきました。ここから少しでも巻き返していきたいところでしたが、区間19位・・・まさか1区よりもさらに悪い順位になるとは思いもよりませんでした。関東以外の大学に1,2区ともに負けすぎです。小山といえば箱根5区で好走した選手なのですが・・・最後はふらふらになっていましたね。何か異変があったのかなあ・・・今年も5区は間違いないでしょうが、出雲・全日本と内容が悪すぎるだけに、どこまで立て直してくるのか楽しみというよりも不安でいっぱいです。

 

3区は柳原、出雲に続いての登場でしたが、3区9位・・・高橋裕の出雲9位に続いてこの9位が唯一の区間一桁となってしまうとは・・・関東の大学が11大学の出雲、13大学の全日本で区間9位がそれぞれ1つだけ、後は二桁なんて本当に酷すぎます!帝京どうしてしまったんでしょう?せっかく戦力がピークを迎える今年にこれだけ故障者や不調者が多いとは・・・今年結果を残せないようですと、またたまにシード権を狙えるチームに戻ってしまうのかなあ???

 

4区は難波、キャプテンの意地の走りに期待したかったところですが、タスキを受け取ったのが総合16位ではどうしようもないか区間10位が精一杯でした。これでも、チームとしては2番目にいい区間順位なんですけどね。前回は7区でしたが、今年は主要区間に登場するのかなあ?下級生時の撃沈を何度も見てきただけに、ちょっと不安もありますが。。。

 

5区は君島、エントリーされた8人の中では一番力が劣る印象でしたが、5000m、1万mと相次いで自己ベストを更新し、初の3大駅伝で少し期待もしていました。結果は区間15位と散々な結果に・・・これで4番目に悪い区間順位ですからね。関東以外の大学に負けすぎですね!箱根は正直厳しいと思っています。

 

6区は杉山、3年生にして初の3大駅伝となりました。これまた、直近に5000m,1万mともに自己ベストを更新ししている選手だけに、期待していたのですが・・・区間12位ともうどうしようもない低空飛行が続きました。記録会にピークがきてしまったのでしょうか?そう思わせるほど、記録会で好走した選手が全日本で沈んでいきました。。。

 

7区は高橋勝、やはり1万mのベストを直前に更新した選手です。やはり区間16位と残念な結果に終わってしまいました。ここまで負の連鎖が続くのもある意味すごいですね。本当に駅伝に合わせるのは難しく、流れがいかに大事かということを思い知らされます。

 

8区は竹本、ルーキーでハーフ3分台を出すも、その後はあまり名前を聞かず、そしてやはり直近に5000m,1万mでベストを更新している選手です。8区12位はある意味実力どおりな気もしますが・・・何とか関東以外の大学を全て抜き去り、13位に入ったのが唯一の救いでしょうか。

 

もう考察することが無いほど散々すぎる内容でした。箱根は現実的にはシード狙いとなってしまうのかなあ?あわよくば前回以上の成績もなんて思っていた頃が懐かしい・・・とにかく、けが人が戻ってきて、ベストメンバーでベストの調子で箱根に臨んで欲しいです!!!そうすれば、自然と結果もついてくるでしょうから・・・

 

※明日からは、各大学の箱根に向けての不安要素について大学ごとに考察していきます~

 


PAGE TOP