2013年全日本大学駅伝結果考察 ~9位:日本大学~

2014年3月8日

続いては、過去10大会で9度シードを獲得、その間には優勝経験もあるなど、留学生の力が大きかったとはいえ、結果を残していた日大について・・・大会結果はこのようになっております。オーダーは、今組める順当な区間配置のように思えました。1区、2区、4区に箱根予選会で好成績を出した林、荻野、竹ノ内をおき、アンカーにはもちろんキトニーを配置、前半いい位置でレースを進め、5~7区で粘って何とか逆転圏内につけてキトニーで逆転するといういつもどおりのプランだったでしょう。ただ、日本人エース格がここ最近の堂本、佐藤、田村といった選手と比べるとちょっと劣るかなという印象はありました。箱根予選の結果を見れば、田村が出られないのもしょうがないかなと思います。アイシングも痛々しかったですしね。。。

 

1区は林、日大の日本人選手では最も安定している選手かな?と思って期待していたのですが、ハイペースからあっという間に置いていかれると、その後も粘ることは出来ずペースが上がりませんでした。結果的にはトップに2分40秒離される14位、ブレーキになってしまった柳が注目されてしまいますが、その柳より1秒速いだけで苦しい走りになってしまいました。いきなりのこの出遅れは痛かったですねえ。出遅れると、その後盛り返す力は今の日大には無いと思っていたので・・・

 

2区は荻野、5000m13分台を出し、箱根予選も30位とエースとして育ってきた印象の荻野でしたが、もらった位置が悪かったこともあったのあ、区間10位、総合も14位のままで厳しい出だしとなりました。箱根予選の2週間後というのもやはり厳しいですよね。それでもシードを獲得し続けた日大がさすがだったということなのか・・・

 

3区は石川、高校時代持ちタイムトップである期待のルーキーも箱根予選は157位と長い距離には苦戦している様子、しかし10kmならば問題無いはずと思っていたのですが結果は区間11位・・・うーん、石川も高校時代から持ちタイムほどの力は発揮出来ていない印象でしたが、大学に入ってからはさらに埋もれてしまっているようですね。1,2年生がキトニー、荻野、石川しか出てきていない状況を考えると、石川にはチームの主力になってくれないと困りますねえ。。。

 

4区は竹ノ内、関東インカレハーフ入賞で頭角を現し、箱根予選も35位に入るなど一気にチームの主力となった選手です。今の竹ノ内ならば、4区でも勝負出来るのでは?と思いましたが、区間11位に沈み、ここまで区間一桁が一人もおらず、総合12位にあがるのが精一杯という状況でした。関東が13大学しか出ていないにも関わらず、区間1桁がいないというのはちょっとひどすぎますよね・・・いくらキトニーがいても、もうシードは厳しいかなという感じでした。

 

5区は日向野、箱根予選は109位も前回の箱根6区経験者です。この日向野の区間8位が結果として日大の日本人唯一の区間1桁となりました。箱根は6区の有力候補かなあ?前回の15位よりは順位を上げられそうな気もしています。3年生に比べて4年生は元気が無いだけに、頑張って欲しいところですけどね。

 

6区は森谷、1年時に全日本、箱根を任されるもその後はずっと怪我ばかりで3大駅伝出場は無かったんですよね。また戻ってこれるとは正直思っていませんでした。箱根予選102位、全日本6区は10位でした。復活してきた選手というのはどうしても応援したくなりますねー。前回の箱根は3区20位と最下位だっただけに、最後の箱根では好走してほしいです。

 

7区は渡部、箱根予選は220位という散々な結果でしたし、田村が走れなかったことでこの区間がやや厳しいかな?と思っていましたが、悪い予感はあたってしまいました。7区16位というこれまた厳しい結果に・・・ちょっとまだ3大駅伝を走る力は無いかなあという感じですが、それでも今の日大の選手層を考えるとしょうがないかな。。。ここでシード権とは5分以上離され、もう終戦となってしまいました。いくらキトニーでも5分差は無理ですよね。。。

 

8区はキトニー、気の毒なことにほとんどテレビに映りませんでした。57分14秒、2位のオムワンバに56秒差をつけるダントツの区間賞だったんですけどね。箱根予選2位に続いての快走、トラックではやや部が悪くても、長い距離ならオムワンバとも差はなさそうですね。箱根は2区が濃厚でしょう。2区終了時で上位にいると思いますので、もはや日大の定番となってしまった2区上位→3区でブレーキという負の流れはいい加減に断ち切って欲しいです。

 

うーん、ついに日大がシード権を失ってしまいましたか。箱根の結果を考えると、いくら留学生がいるとはいえ、6枠しかないシード権をよくも確保できていたなという感じですよね。留学生が5分の1を走る全日本と違い、予選は8分の1・・・シードを落としてしまうと、正直来年の全日本出場は厳しいかなという印象です。5区日向野、6区森谷が抜けるだけなので、そこまで戦力ダウンは無いのですが・・・箱根もこのままではシード争いすること無く、繰り上げ回避が精一杯ということになってしまいそうな予感。。。また強い日大の復活を願っていますが、その道は険しそうです。。。

 


PAGE TOP