2013年全日本大学駅伝結果考察 ~7位:大東文化大学~

2014年3月8日

続いては、市田兄弟のスタートダッシュに成功するも、中盤は徐々に引き離されてしまい、シードはやはり厳しいかと思っていたら、最後の最後までシード争いを盛り上げてくれた大東大について・・・大会結果はこのようになっております。オーダーを見た時点では、3本柱の市田兄弟、片川を1,2,4区に配置し、前半型のように思えました。前半はいい位置でレースをすすめるも、後半は差を広げられてシードは厳しいかなという印象でした。では1区から振り返ってみたいと思います。

 

1区は市田孝、箱根1区だった宏ではなく孝を起用してきましたね。ハイペースには無理についていかないものの、第二グループで冷静にレースを進め、最後は5位と好位置でタスキをつなぎました。安心して見ていられる走りでしたね。さすがに大学トップクラスの選手には及びませんが、他大のエースとも十分に張り合えるまでに成長してくれました。箱根も往路の主要区間を走ることは間違いないでしょう。

 

2区は市田宏、青学の神野とともに上手く前を追っていき、区間7位も総合3位まで順位をあげていきました。トップと35秒差はまずまずといったところでしょうか?8位とは39秒差つけており、ここまでが2区をしっかりと走れた選手といった感じかなあ。まさに、狙い通りのスタートダッシュを決めましたねえ。孝と同様に往路での主要区間に使われることでしょう。

 

3区は大西、箱根予選で123位だったことを考えれば、3区8位はまずまずといったところですかねえ。。。どうも今年に入ってから3年生に比べて4年生がやや元気が無いのが気がかりなんですよねえ。箱根でシードを狙うには4年生の活躍が必須だと思いますし、大西も前回7区8位で走っている選手ですし、次回の箱根も期待したいところです。

 

4区は片川、8区に起用するのかな?と思っていましたが、4区に置いてきました。となると、ここでさらにシードラインから大きく浮上しておきたかったところですが、区間8位・・・確かに、今年の4区は駒澤の村山、日体の服部を始め有力選手が集まりましたが、それでも8位はちょっと残念な結果だったかなあと思います。山学、明治、青学とシード権を争う大学に軒並み負けてしまいましたからね。箱根では市田兄弟とともにやはり主要区間に投入されるでしょう。最上級生としてチームを引っ張っていって欲しいです。

 

5区は北村、期待のルーキーではありますが、全日本予選1組18位、箱根予選160位、そして全日本13位と大会で結果を残せていないんですよねー。1万mの記録会などではどんどんベストを更新していますし、高校時代の都道府県対抗でもいい走りをしていたのですが・・・ここで離されたのがシードを狙ううえでは痛かったですね。箱根も起用される可能性が高いでしょうし、そろそろ結果を残していきたいところです。

 

6区は池田、エースとまではいきませんが、貴重な中堅どころとして着実に力をつけてきましたね。箱根予選も51位と堅実な走りを見せました。6区8位はやや物足りなかったか?どうも3区以降、もう少しという走りが続いている感じです。最終的にシード権まで11秒だっただけに、後1,2秒でも差を縮めてくれてたらと思ってしまいますね。まあ、駅伝にたらればはありませんが。。。

 

7区は大隅、唯一の2年生になります。大東大の主力は3,4年生に集中しており、ちょっと1,2年生から選手が出てこないんですよねー。まだ気が早いですが、市田兄弟が卒業した後のことを考えると、2年生以下からもどんどん上を突き上げていって欲しいです。箱根予選で137位だったことを考えると、7区7位はまずまずの走りだったと思います。箱根も見えてきたかなあ?

 

8区は植田、前半に主力を注ぎ込んだ以上、8区で遅れてしまうのはしょうがないと思っていましたが、区間8位の60分11秒は上出来な走りだったと思います。惜しくも届きませんでしたが、最後の最後までシードを分からなくした走りは見事でしたね。前回の箱根は10区13位も全日本予選2組4位、箱根予選39位と今年に入って一段と成長した感じがしますねえ。全日本同様、箱根でも大事な区間を任されそうです。9区とかが候補になりそうかな?

 

正直、予想以上の走りを見せてくれた大東大でした。よくて9位くらいかなと思っていたので。。。これは箱根のシードに向けても期待が持てそうですね。ただ、選手層が薄いだけに、チームの8~10番手の選手が鍵を握りそうかなあ?もう一段階、底上げを目指したいところですね。来年は3区大隅、4区片川が抜けますが、市田世代が最終学年となり、1,2,6,8区を走った選手は残りますからね。市田兄弟がいるうちに、全日本のシード権も来年狙いたいところですね!!

 


PAGE TOP