2013年全日本大学駅伝結果考察 ~4位:早稲田大学~

2014年8月5日

続いては、またしても1区で出遅れたものの、見事に立てなおして4位まで順位を上げてきた早稲田大学について・・・大会結果はこのようになっております。オーダーを見た時点では、正直シードも厳しいのでは?と思ってしまいました。失礼しました。1年生3人はともかく、最長区間の8区にハーフの持ちタイムが5人中5番目の田中を置いているのには違和感があったんですよねー。監督もアンカーにあまり自信を持っていなさそうですし。。。また、1区柳は去年の全日本、前回の出雲と2連続で失敗しているのに、何故そんなに拘るんだろう?という感じでしたし・・・結果として、柳の不安は的中してしまいましたけどね。

 

1区は柳、東洋悠太、駒澤中村の創り出すハイペースについていった時点で嫌な予感はしましたが、徐々に遅れると、その後も遅れ続け、去年の12位をさらに下回る15位、トップとは2分41秒というあまりにも絶望的な差がついてしまいました。これは柳の責任というよりも監督側の問題な気が・・・本当に精神的なダメージが心配です。箱根は一旦つなぎ区間に起用したほうがいい気もするのですが。。。

 

2区は大迫、全日本は4年連続で2区ですが、4年連続で1区出遅れの状況でタスキをもらうというあまりにも可哀想な全日本でした。1度くらい、いい位置で走る大迫を見てみたかったです。。。途中まで法政の西池についてこられるなど、ちょっと万全ではない印象でしたが、それでもさすがは1万m学生記録保持者、順位を6つあげ、区間賞もタイですが、獲得しました。1区の出遅れをカバーしてくれる大迫がいたからこそ、4年連続でシード獲得(うち1度は優勝)出来ていたのだと思います。大迫が卒業する来年以降は1区の出遅れは今まで以上に厳禁でしょうし、区間配置にも神経を使うことになりそうです。

 

3区は平、先日の1万mで29分11秒のベストを出すなど上がり調子のように思え、期待されましたが、区間7位はやや悔しい走りとなってしまったか。トップと59秒差もいくら油布相手とはいえ、9.5kmでは離されすぎな印象がありますねえ。箱根でも出場が濃厚でしょうし、まずは上尾ハーフかなあ?距離対応がどこまでできているかは平に限らず1年生全員が楽しみです。

 

4区は山本、前年は日体大の服部についで4区2位、今年は駒澤の村山、日体大の服部についで区間3位と高いレベルで安定して結果を残せていますね。アンカーに山本がいいのでは?と思っていましたが、この4区での好走が後半区間にいい流れをもたらしてくれたのだと思います。トップとは1分41秒差つけられていますが、これは村山が凄すぎただけですし、やはり大迫についで頼りになる存在ですね。箱根は5区を走ってもらうしかない状況ですし、大迫と並んで早稲田の大きなアドバンテージですから、是非とも箱根では快走してほしいです。

 

5区は武田、出雲に続いての出場となりましたが、5区を4位ときっちりとまとめてくれました。派手さはありませんが、安定して結果を出せるのが武田の強さだと思います。徐々に主要区間も任せられるような選手へと成長していってほしいです。ただ、5区区間賞が駒澤の中谷なのは悔しいでしょうね。いくら相手が先頭を走る恩恵を受けていたとはいえ・・・箱根も走ることはほぼ間違いないと思いますし、どんな走りを見せてくれるのか楽しみです。早稲田のルーキーは初の箱根で比較的好走しているイメージがありますので。。。

 

6区は高田、高田が1区かなあ?と思っていましたが、主要区間さえ外れてしまうとは、まだ監督の信頼が足りないのか、それとも6区を重視していたのか・・・区間3位はまずまずですが、ともに3大駅伝初出場の駒澤の馬場、東洋の日下に負けてしまったのはちょっと残念かなあ?箱根でもどこに配置されるのか読みにくいですね。実力を考えれば、往路の主要区間でいいと思うのですが・・・

 

7区は井戸、5000m、1万mともに自己ベストを大幅に更新した一般組ということで注目はしていましたが、区間3位にはびっくりしました。これは楽しみな選手が出てきましたねー。平、武田以外のルーキーは2年以降戦力かな?と思っていただけに、井戸の存在は大きいです。上尾ハーフは恐らく走ると思うので、そこでしっかりと走れれば箱根も確定的かな?同じ一般組の佐藤ともに下からどんどんチームを突き上げていって欲しいです。

 

8区は田中、まさか59分26秒の区間6位で走るとは思っていませんでした。さすがは大迫が居ない間にチームをまとめあげてきた4年生といったところでしょうか。オムワンバからも見事に逃げ切り、総合4位で無事にシード獲得となりました。箱根は前年度9区12位でしたが、その時以上の力があるのは間違いなさそうですね。また復路での起用が有力かな?

 

出雲と同じ4位ですが、全日本の4位の方が色々と収穫があったように思えます。。1区の出遅れを見事に立て直し、山本、高田といった主力、1年生3人ともがみなきっちりと走り、大迫、田中の4年生もきっちりと最上級生の役目を果たしてくれました。やはり、柳の結果だけが残念ですねえ。。。来年は大迫、田中が抜けますが、田口が戻ってくれば田中の穴は埋められそう・・・大迫の穴を誰かで埋めることは不可能でしょうから、チーム全員で埋めていって欲しいですね。ルーキー以外の新戦力の登場も待たれるところです。箱根は5区に山本がいるのが何よりも大きいですね。問題はやはり1~3区の人選ですね。1つは大迫で埋まりますが他の2つをどうするか。何よりも出遅れ続けている1区をどうするかは非常に悩みどころです。1区で出遅れさえしなければ、良いレースが出来ると思うのですが。。。

 


PAGE TOP