2013年全日本大学駅伝結果考察 ~2位:東洋大学~

2014年3月8日

続いては、もう悔しさしか無いでしょう、3年連続2位、5大会連続2位となった東洋大学について・・・大会結果はこのようになっております。オーダーを見た時点では、駒澤を意識した布陣という印象でしたね。出雲1区で出遅れたため、悠太を1区に、前回8区で大逆転を食らったため、8区に啓太を置いてきました。2区に成長著しい勇馬、4区に田口という配置は決して悪く無いと思いますし、むしろ万全だと思っていました。ただ、結果は1,4,8区で大きく差をつけられたの完敗でした。東洋がここまで差をつけられるとは思いませんでしたね。3冠をどこの大学が止めるのか?と駅伝シーズン前は思っていましたが、3冠を箱根で何とか止めなければという立場になるとは・・・

 

1区は悠太、これは出雲で田口が遅れている以上、戦略としてはありですし、1区をハイペースにしたまでは良かったと思います。ただ、何度揺さぶっても中村が離れなかったのが予想外でしたねえ。箱根3区ではあれだけ圧勝した相手なのですが、今年の中村はレベルが違いましたね。ラスト3kmでスパートをかけられると、一気に差を広げられ、最終的に32秒差をつけられてしまいました。中村vs悠太が主要区間で唯一どちらに転ぶか分からないと思っていた区間なだけに、これで駒澤有利となってしまいました。

 

2区は勇馬、最も駒澤に差をつけられる区間だと思っていましたが、一気に勇馬が追いついたのは、ちょっと飛ばし過ぎた印象でした。西山のペースが上がらなかったのもありますけどね。その後、並走、一気にスパートして差をつけるというのは計算通りだと思いますが、前半力を使い過ぎたのか、ペースの上がらない西山と1分6秒差は実は物足りなかったのかなあ。区間賞を取った3人にも15秒負けてますしねえ。。。

 

3区は2年連続で延藤、去年は油布に24秒差をつけられての2位、今年は全カレで入賞するなどさらに成長した姿を見せて欲しかったのですが、結局は同じように差を詰められてしまったんですよねー。10秒差とすぐに追いつける差になってしまったのが痛かったです。箱根に向けて、ちょっと気になりますねえ。

 

4区は田口、区間4位、負けたのも村山、服部、山本とエース格の選手ばかりで決して責められる走りではないと思います。もう村山が凄すぎました。モグスを上回る走りを見せられては・・・ただ、ここで1分43秒差をつけられたのは、しょうがないですがあまりにも痛すぎました。5区以降は空回りしてしまいましたからね。

 

5区は大津、意外にも初の全日本出場となりました。4本柱に次ぐ選手として、駒澤のルーキーを大きく詰めるような活躍が期待されましたが、前半は駒澤を詰めたものの、後半は逆に引き離され、23秒開いてしまいました。4区で勝負ありと思いつつも、ひょっとすると?という思いもありましたが、この5区でやっぱり駄目か・・・となってしまいましたね。最後の箱根で爆発させてほしいです。

 

6区は日下、4年生にして3大駅伝初出場の選手でした。1万m29分1秒、ハーフ3分台を持つ選手が初出場なのですから、東洋の層の厚さが伺えます。若手を使うのではなく、初出場の4年生を使うところにこの全日本にかける酒井監督の思いが伝わってきましたが、駒澤に18秒差・・・前半詰めて後半離されるというのは追いかけるときに起きがちなパターンですが、今回の東洋もはまってしまいました。

 

7区は淀川、今シーズンは好調だと聞いており、出雲記録会でもベストを出すなど期待していましたが、区間3位、駒澤に8秒差とどうしても2区以外は駒澤を上回ることが出来ませんでした。前回の箱根の悔しさは次回の箱根で晴らして欲しいですね。

 

8区は啓太、前とも後ろとも大差が開いている状況、本人も30秒以内ならという思いはあったでしょうが、2分以上あってはある程度安全運転になってしまうのもしょうがないと思います。しかも、先頭を走るのは出雲でも同一区間で区間賞を取られた窪田ですから・・・明治の大六野に敗れての区間5位というのはさすがに悪すぎかな?と思いますが、状況を考えるとやむを得ないと思います。

 

今年は4年生を5人使うなど勝負をかけてきたのですが、結果としては3大会連続2位、過去5年で4度目の2位とどうしても初優勝が遠いですね。5人が抜ける来年以降はさすがに厳しいのかなあ?東洋が勝つなら今年だと思っていたのですが・・・駒澤の主力が卒業したら、中村、村山がともに学生トップクラスにまで成長しているというタイミングの悪さ。。。4年が卒業した後も、今日走らなかった3年には28分台を持つ今井、去年3大駅伝フル出場の高久、ベストを更新している斉藤、2年には29分1桁を持つ寺内がいますし、ルーキーには出雲を走った弾馬、1万m29分15秒を持つ櫻岡、自己ベストを連発し、14分1桁を持つ口町がいますから、選手は揃っているんですよねー。ただ、優勝を狙うとなると余程の成長が無いと厳しいだけに、やっぱり今年どうしても勝ちたかったですよね。。。残すは箱根のみ、箱根となると力を発揮する選手が東洋には多いですし、調整力も非常に高いものがあります。やはり箱根も本命であることには変わりは無いと思っていますが、ちょっとシーズン前よりも不安が大きくなってしまいました。終わりよければ全てよし、最後の箱根で最高のパフォーマンスを見せて欲しいです!

 


PAGE TOP