2013年全日本駅伝戦力分析&区間配置予想 ~法政大学~

2014年3月8日

全日本予選は2位通過、出雲では1区西池が3位としっかりと走り、ルーキー足羽の好走などもありましたが、やはり後半区間の力不足は否めず、8位となった法政大学について・・・エントリー一覧過去10年成績はこのようになっております。出雲エントリー組からは3年の岩崎、1年の木村が外れましたが、実績や持ちタイムから考えるとある意味妥当なところでしょうか?新たにエントリーされたのは、箱根5区2位と好走、今年も5000m~ハーフでベストを更新、全日本最終組を走るなどチームを引っ張り続けた関口、箱根4区3位と好走、全日本予選は1組8位、先日1万mのベストを更新した黒山、3大駅伝は未出場も、先日の法政記録会で29分39秒を出した佐藤、同じく3大駅伝未出場、法政記録会で29分31秒とベストを1分以上更新した藤井翔、期待のルーキーであり、法政記録会では30分30秒でベストを更新した坂田となります。
10月19日に行われた法政記録会での自己ベストラッシュはすごかったですね。チームの中堅どころがこぞって自己ベストを更新、1万mの自己ベスト、チーム5位~13位までが全てこの法政記録会で出されたものです。29分台が13人となり、法政の最大の懸念だった選手層の薄さが徐々に解消されつつあるのかな?と思います。つくづく、坪田監督の手腕は素晴らしい。。。そんな法政の区間配置予想は以下のとおりです。

 

西池-関口-足羽-田子-松田-黒山-中村-田井

 

1区は難しいところですが、箱根、出雲に続いて三度西池にしました。やはり、駅伝は先行逃げ切りが有利ですし、西池であればシードボーダーの大学とも差をつけられそうですからねえ。1区はエース区間とは呼ばれませんが、2番目に長い14.6kmという距離を考えても、ほぼ確実に上位でつないでくれるであろう西池に託したいと思います。2区は関口、故障明けではありますが、青学の久保田と同じ理由で2区は距離がやや短めで走りやすい区間であることから関口にしました。4本柱が1,2,4,8区を走ってほしいと思いますし、他の区間との兼ね合いも考えて2区にしてみました。他大のエースとの対決も見てみたいですしね。

 

3区は足羽、個人的に優勝を狙うような大学でなければ、3区は最短距離ということもありルーキーデビューさせるのがいいかなあと思っています。出雲5区で区間5位となかなかの走りを見せた足羽を選んでみました。法政記録会では1万mPBを29分30秒まで伸ばしてきていますし、全日本でも好走が期待出来そうです。4区は田子、出雲2区を見る限りやや不安な気もしますが、やはり2年生の時からチームを支え、怪我から復帰した田子には主要区間を走ってもらいたいという思いがあります。となると、主要区間の中では他大も手薄になりやすいであろう4区がいいかなあと思います。

 

5区は松田、出雲も4区7位とまずまずの走りでしたし、全日本でも使われるのではないかなと思いました。半ば消去法で5区にしてみました。出雲同様、堅実に走ってくれればいいかなと思います。29分35秒と1万mベストを更新しているのも好材料ですね。6区は黒山、箱根4区3位の実績はやはり大きいですし、法政記録会でもチームトップの成績だったのもプラス材料です。主要区間のうち4区と8区が大きく空いてしまうため、チーム5番手が6区に入るのがバランスがいいかなと思い、黒山にしてみました。調子次第では田子と区間が逆になるかもしれませんねえ。

 

7区は中村、この1ヶ月で5000m,1万mともにベスト更新、1万mの持ちタイムはチーム6位となったその勢いに期待したいと思います。とはいえ、去年の箱根予選で191位という実績しかまだなく、3大駅伝は未経験です。となると、比較的負担の少ない区間である7区がいいのかなと思いました。8区は田井、出雲3区9位は正直物足りない成績でしたが、関口同様今シーズンの法政を走りで引っ張ってきた選手です。ハーフでの実績もありますし、アンカーを任せるなら田井がいいのかなと思いました。5000m13分台、1万m28分台、ハーフ62分台のランナーの強さを8区で見たいなと思います。

 

上手くいけばシードも狙えるかもという布陣でしょうか?ただ、何度も書いているように全日本は19.7kmのアンカーにスーパーエースをおける大学が有利であり、どうしてもシードボーダーの大学は留学生の恐怖に怯えることになります。仮に60分で走ったとしても、オムワンバや木トニーが57分で走れば7区終了時点で3分差必要になります。どんな状況で8区に渡るか分かりませんが、やはり現実的にはシードは厳しいかな?という印象ですね。。。しかし、勢いを非常に感じる大学ですし、2005年度以来の全日本でどんな走りを見せてくれるのか楽しみです!

 


PAGE TOP