2013年全日本駅伝戦力分析&区間配置予想 ~青山学院大学~

2014年3月8日

出雲ではエースの久保田を欠いたこともあり、5位で2連覇はならなかった青山学院大学、2年ぶりの全日本では初シード獲得といきたいところでしょう。エントリー一覧過去10年成績はこのようになっております。故障している久保田が出雲に続いてエントリーされていますが、果たして走れるのかが気になります。また、出雲に出場した藤川、竹内、鈴木がエントリー漏れしてしまいました。出雲10人に入った選手が複数外れることはありますが、走った選手が半分エントリーされないのは、青学だけでしょう。それだけ選手層が厚いということなのか、試したいということなのか、主力が固定されていないのか・・・どちらにしろ不思議な感じのするエントリーでした。出雲エントリー漏れで全日本にエントリーされているのは、1年次は3大駅伝フル出場も、その後は遠ざかっている佐藤、先日の日体大で5000mベスト更新、高島平でも60分39秒でベストを更新し波にのる三木、1万mのベストを先日更新し、全日本予選を1区5位と好走した橋本、1万mでベストを先日更新、高島平で60分26秒と大きくタイムを伸ばしてきた山村、同じく1万m、20kmで自己ベストを連続更新している渡邉、高校時代はロードでの強さに定評があり、高島平では61分32秒で走ったルーキーの内田、5000mでベストを更新した翌週に高島平で60分38秒で走った茂木の実に7人が新たにエントリーしております。

 

それにしても、10月20日に行われた高島平は素晴らしかったです。59分33秒の石田、59分54秒の秋山をはじめ好記録が目白押しでした。(秋山がエントリー漏れしているのがびっくりです。)昨年の高島平でも好記録をれんぱつしましたし、青学の高島平20kmロードレースへの調整力は見事です。ただ、その勢いが箱根までは続かなかったため、今年は箱根にもしっかりとピークを持って行って欲しいですね。そんな青学の区間配置予想は以下のとおりです。

 
小椋-久保田-高橋-一色-山村-石田-茂木-神野

 
チームの主力+高島平20kmで好走した選手で固めてみました。1区は小椋、出雲では2年連続で好走していますし、1区のスペシャリストとなってくれれば、心強いです。1万m,20kmともにチームトップクラスのタイムを持っていますし、2番目に距離の長い1区でもしっかりと走ってくれると思います。2区は久保田、やはり、シードを狙うには久保田の存在は必要でしょう。いきなりエース区間?というのもありますが、2区は有力選手が集まるだけで距離も4番目の長さですし、比較的平坦で走りやすいコースと言われています。なので、走るなら2区かなあと思っています。3区は高橋、高橋よりスピードのあるランナーは他にいると思いますが、3区は最短距離ですが重要な区間でもありますし、箱根8区区間賞の強さをここで見たいと思います。

 

4区は一色、出雲でも3区という主要区間に抜擢されていますし、監督の信頼は厚いようです。ということで、全日本も主要区間の一つである4区に配置してみました。出雲では3区7位というやや物足りない結果となりましたが、力があるのは間違いないですし、全日本ではそのポテンシャルを発揮してほしいと思います。5区は山村、駅伝の実績はありませんが、1万、20kmで過去1ヶ月以内にともに好走しているのは心強いです。3大駅伝デビューとなれば、負担の軽い区間かなと思い、5区にしてみました。6区は石田、高島平での好走は素晴らしかったですし、唯一エントリーされた4年生、最初で最後の全日本を走ってもらいたいと思います。何気に、まだ3大駅伝の出場経験は無かったのですね。。。2013年は5000m~ハーフまで4部門全て自己ベストを出していますし、最上級生らしい粘りの走りを見せてくれたらと思います。

 

7区はルーキーの茂木、力のあるルーキーが揃っている青学、一色以外にも駅伝デビューさせておきたいところでしょうし、そうなると5000m,20kmで好記録を出した茂木かな?と思いました。高校時代から実績のある選手ですし、比較的有力選手が集まりにくい7区ならば上位で走ってくれるのではないかと思いました。8区は神野、もはや久保田とならぶエースと呼んでいい存在になってきました。この1年の急成長ぶりには目を見張るものがあります。最長区間を任せられるだけの選手だと思っています。出雲6区でも窪田、啓太、大迫につぐ4位で走っていますしね。

 

結果を残している選手が多すぎて、誰を選んだらいいのか困ってしまうほどですね。ただ、ずば抜けて力のある選手が居ないのも事実・・・3大駅伝で優勝を狙っていくためには、スーパーエースの登場が待たれます。久保田にその役割を任せたいですが、怪我が多く思うような走りができていませんからね。。。全日本ではその絶対的エース不在が悩みとなりそうです。シード権を争うであろう大学に、キトニー、オムワンバといったスーパーエースがいますからね。シード権のボーダー近辺になりそうかなあ?ハマれば3位なんてのもあるかと思います。下級生に主力が多く今後が楽しみなチームです!

 


PAGE TOP