2013年全日本駅伝戦力分析&区間配置予想 ~大東文化大学~

2014年3月8日

全日本予選に続いて箱根予選会を6位通過、エースクラスは十分に揃っている大東大ですが、10番手前後の選手層の薄さがやはり気になります。。。エントリー一覧過去10年成績はこのようになっております。箱根予選会では、もっと上位通過が予想されましたが、6位でした。7番手以降が100位オーバーだったのが痛いですよね。20km走った2週間後に全日本があるため、疲労も気になります。箱根予選会+全日本のスケジュールで好走した例は少ないですからね。宇賀地4年時の駒澤でさえ、シード落ちしていましたし。。。

 

エントリーメンバーは、前回の箱根2区を走り、箱根予選も25位でまとめた片川、前回は箱根7区8位も、箱根予選は123位とやや心配な大西、前回は箱根8区10位も、箱根予選はまさかの265位と大凡走となってしまった吉川、ダブルエースとなり、箱根予選会ではともに一桁で走った市田孝、宏、箱根予選を39位、51位、53位としっかりと走った3年生トリオの植木、池田、平塚、箱根予選初出場も166位とチーム11番手の走りになってしまった徳原、箱根予選、全日本とエントリーされるも、まだ目立った実績はないはない本間、箱根予選137位、2年生で唯一エントリーされた大隅、期待のルーキーだが、箱根予選は160位、距離対応が不安視される北村、持ちタイム14分42秒のルーキー下尾の13人です。そんな大東大の区間配置予想は以下のとおりです。

 
市田宏-市田孝-北村-植木-平塚-池田-大隅-片川

 
大崎が怪我をしてしまったのか、エントリー漏れをしてしまいました。箱根予選もエントリーされながら走っていませんので、エントリー後に何かアクシデントがあったのでしょう。チーム4番手と思っていた大崎が抜けたのは痛いですね。その結果、4区を誰にするのかが難しくなってしまいました。。。1,2区は市田兄弟でいいのではないでしょうか。ともに箱根予選を一桁で走るスピード、仲良く8,9位でゴールしてました。この二人であれば、いい位置でタスキをつないでくれると思います。

 

3区は北村、箱根予選こそ160位と苦戦しましたが、10kmまでならば結果を残していますし、最短区間ならばそこそこ走ってくれるのではないでしょうか?箱根までにはもう少し長い距離を走れるようになってほしいですが・・・4区は植木、池田、平塚も予選会で甲乙つけがたい成績でしたし、それならば単純に一番良かった植木にしてみました。全日本予選も2組4位と好走しているのも好印象です。とはいえ、比較的有力選手が集まる区間なだけに、ここは凌ぎどころとなりそうですが。。。

 

5区平塚、6区池田は単純ですが箱根予選をしっかりと走ったメンバーを並べてみました。池田は前回の箱根で4区11位という成績を残していますし、経験豊富な分、5区よりは選手の集まる6区にしました。7区は大隅、ここまで1年生が1人、2年生0人という状況ですので、下級生に経験を積ませる面でも大隅は起用してほしいなと思いました。今の3年生が卒業した後のことも、少しずつ考えなくてはいけないですしね。8区は片川、市田兄弟が1,2区ならば8区は片川しかいないでしょう。大稼ぎは期待しにくいですが、大崩れする可能性も低いと思います。。。市田兄弟に負けてばかりもいられませんし、力を見せて欲しいです。

 

うーん、やはり層の薄さが気になりますねえ。全日本でさえギリギリな感じなので、箱根が正直心配です。箱根予選で100位オーバーとなった選手や走れなかった選手の奮起が期待されます。全日本のシードは難しいとは思いますので、まずは10位以内を目指すのが現実的な目標となりそうかなあ?

 


PAGE TOP